青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】28期対面講座の最終日!

2018年7月29日(日)
この日は、28期の最後の対面講座でした。

a0197628_17082465.jpg

最終日のテーマは、「3ヶ月の学びを振り返る省察のワークショップをデザインする」。


その日に作ったグループで企画・実施・省察に取り組んでいきます!

3ヶ月にわたる共通の学びでつながったメンバーで企画をしてみると、実に様々なワークショップが生まれていました。


グループ分けは、まだ話したことのない人や「もっと話してみたい」「一緒にワークをしてみたい」という人など、受講生のみなさんで自由に組んでいただきました。



メンバーが決まったら、早速企画づくりスタート。

a0197628_17082751.jpg

「なんのために振り返るのか?」

「何を振り返ることが、今の自分たちにとって最善な時間となるのか?」

集まったメンバーで目的やコンセプトから考えていきます。

そして実施!


↓未来をプロデュース

a0197628_17270917.jpg

↓旅の思い出、WSD3ヶ月のテンショングラフ

a0197628_17273877.jpg

お昼休みを含めた3時間半の企画時間でしたが、実に多様なワークショップが生まれていました!



↓以下紹介しきれなかったグループの企画したWS一覧です!

a0197628_17090597.jpg


実施の後は、他のグループの内容をぐるぐる発表会で共有しました。

a0197628_17090100.jpg



そして最後は「WSD再考」と題した苅宿先生の講義。

a0197628_17090271.jpg
a0197628_17090476.jpg

ワークショップデザイナーってどんな人たちなんだろう?
最終回だからこそ、ワークショップデザイナーとしてのあり方を、これから活躍するみなさんに向けて語っていただきました。
「代替不可能性」など、講座序盤で学んだワードも、いま改めて聴くと経験を通して理解が深まっていることに気づくのではないでしょうか。

この日をもって、120時間・3ヶ月にわたるワークショップデザイナー28期の講座は全て終了!改めまして、28期のみなさん3ヶ月本当にお疲れ様でした!
そして、講師のみなさま、実習にご参加くださった修了生のみなさま、ご協力いただいた実習校やコーディネーターのみなさま、ありがとうございました!

今後も、本プログラムでの学びに加え、同期や修了生のつながりも生かしながら様々なフィールドでご活躍されることを、事務局一同心よりお祈りしています!




[PR]



by aogakuwsd | 2018-08-21 17:44 | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップの省察!

7月22日(日)、27期の対面講座はワークショップ実践科目2・演習3。

子ども向けワークショップの省察を、丸1日かけて行いました。


この日は久しぶりにABCクラス合同での講座でした!

a0197628_15314423.jpg

講師は、青山学院大学特別研究員の渡邊明さんです。

a0197628_15325105.jpg

最初のプログラムは、「ファシリテーションの振り返り」。

実習当日に撮影した観察映像を用いて、自身のファシリテーションを丁寧に分析していきます。


まずはじっくり映像を見て分析する場面を選び、

a0197628_16081062.jpg
a0197628_16091376.jpg

F2LOモデル」も活用しながら参加者との会話を書き出し分析します。


働きかけや声かけの意図はなんだったか?

自分のファシリテーションはその場にどのくらいフィットしていたか?

じっくり丁寧に見ていきます。

a0197628_15314848.jpg

自分の映像を見るのはちょっぴり恥ずかしいですが、映像というエビデンスを用いて振り返るからこそ見えてくることもあります。



映像分析をしてからは、実習当日に映像を撮ってくれた観察者とペアトーク。

観察者から客観的にみると、どのようなシーンだったのか?

視点を変えて考えてみると、その働きかけの他にはどんな選択肢がありえたか?

観察者と一緒にシミュレーションすることで、ファシリテーションの引き出しを増やしていきます。



ファシリテーションの振り返りを終え、「ファシリテーションで最も大切にしたいことは?」という問いについて考えます。

ひとりひとりが考えたものを、最終的にはグループを作って共有していきました。

a0197628_16191635.jpg


最後はおなじみ「GAPモニタリング」。

ワークショップをともに企画してきたグループメンバー同士でメッセージを贈り合います。

このメッセージは、グループメンバーの「良さ」に着目してその人の特質を言葉にしていくというものです。

そして、誰について書かれたものなのかは書かず、読み上げて「当てっこ」をしていきます。


a0197628_16205736.jpg
「せーの!」の掛け声で自分宛のメッセージを指差します。
答えあわせにみなさん熱中。
a0197628_16210410.jpg

この日のこのワークで、グループは解散。

限られた時間の中、価値観や考え方なども異なるメンバーで協働しながら企画を進めてきたみなさん。

時には辛いことや大変なこともあったのではないかと思います。

最後のワークでそれぞれメッセージを贈り合い、どのグループも笑顔であふれていました。



自分自身について「他者の視点」を借りながらじっくり振り返ったこの日。

WSDでの共通の経験や学びがあったからこそ、対話を通した学びが深まっていったように思います。



次回はいよいよ最終日です!



[PR]



by aogakuwsd | 2018-08-21 17:39 | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル