青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】27期 大人向けワークショップの省察!

2月17日(土)、青学WSD27期のみなさんは、相模原キャンパスにて大人向けワークショップの振り返りを行いました。

まずは、苅宿先生の講義から。
a0197628_18551455.jpg
事前に予見をしておく「マッチング」、実施中のワークショップと参加者との「フィット感」。
固定化した「当たり前」=「無意識」を「意識化」すること、そしてそれが「気づきのデザイン」であり、今回のワークショップのテーマだった「学びほぐし」につながること。
・・・などなど、1月初旬の基礎理論科目以来、ワークショップの体験・企画・実施と駆け抜けてきたこのタイミングで改めて聞く講義は、様々な気づきがあったのではないでしょうか。
a0197628_11091475.jpg


さて、講義の後は、実施したワークショップの振り返りです。
この日の講師は、引き続き内山厳さんです。
a0197628_11113414.jpg
前週、参加者の感想を素材にして「プログラムデザインの本当の問題」を特定したみなさん。
この週はその「本当の問題」から、それを解決するための具体的なアイディアを出し、改めてプログラムデザインを練り直しました。
a0197628_18551674.jpg
a0197628_11123501.jpg
グループで話し合って・・・

a0197628_18551680.jpg
手作りの企画書に落とし込みます。
a0197628_11140270.jpg
a0197628_18551985.jpg
a0197628_18553638.jpg
WSDでは、「省察」を大切にしています。
ワークショップの場作りは、どの場でも通用する正解があるのではなく、その場その場の状況に依存しています。
講座内では知識を積み上げていく従来型の学習スタイルだけではなく、実践したことから学び続ける「省察によるスパイラルな学習モデル」を通して、経験の質つまり「実践知」を得て、次の場作りに向けて「類推の質」を高めていくというプロセスを体感します。



グループワークの後は、個人で考える時間。
「ワークショップのプログラムデザインで大切にしたいこと」を一人ひとり考え、マグネットテーブル方式で受講生どうしの共有を行いました。
a0197628_18553877.jpg
a0197628_18554087.jpg
a0197628_18553929.jpg
a0197628_18554057.jpg
「参加者の心に火をつけること」
「没入に向けたつながり」
「自分がわくわくすること」
「正解を設けない」
・・・など、様々なキーワードで対話を深めていきました。


ここまでは、ワークショップのプログラムデザインについての振り返りですが、それだけでは終わりません。
ワークショップでワークショップを学ぶWSDでは、企画自体も多様なメンバーとの協働的な活動のなかで進めていきます。
そのグループワークそのものについても、「GAPモニタリング」という手法を用いて振り返りをしていきました。
グループメンバーの良さに着目し、特質を見抜いて「ギフトメッセージ」を贈り合い、自分自身を振り返った「セルフモニタリング」結果とのGAPを分析していくこのワーク。
他者の視点を借りながら、グループワークにおける自分自身を振り返ることができます。
a0197628_18561745.jpg
a0197628_18561947.jpg
a0197628_18561979.jpg
a0197628_18561873.jpg
a0197628_18562095.jpg
ゲーム感覚で自分宛てのメッセージを当て合うこのワークは、随所で笑い声や驚きの声、納得のため息などなどがみられました。


この日はCクラス担任の大松さんがグラフィックレコーディング担当。
ちなみに講座内でつくるグラレコは、毎回講座後に壁に貼りだし、また後日受講生へデータで提供しています。
a0197628_18551809.jpg

本日の感想は・・・

「苅宿先生の講義で、点と点に線がかかっていく感覚を持ちました」
「ワークショップを通じてワークショップを学ぶことを体感できました」
「他者とのやりとりを通して、学べることや得られる気づきは多いと感じた」

などなど、たくさんいただきました。

実践Ⅰのグループはこの日で解散し、実践Ⅱではクラスごとに新たにグループを作って活動が始まります!

[PR]



by aogakuwsd | 2018-02-27 11:32 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期1回目の実習が終了しました!

2月11日(日)、27期ワークショップ実践科目Ⅰの実習を行いました!
2週間かけて、大人向けのワークショップを企画してきた27期のみなさん。
バックグラウンドが異なる5−6名のグループに分かれて合意形成を進めてきて、いよいよ本番。

a0197628_17260451.jpg
a0197628_17270684.jpg
a0197628_17262362.jpg

a0197628_17265214.jpg
a0197628_17263421.jpg
a0197628_17254442.jpg
今回のテーマは「学びほぐし」。
そこからコンセプトをやゴールイメージを考えていき、さまざまなプログラムが生まれました!



実習直後には、参加者からのフィードバックタイム。
「楽しかった・夢中になれたこと」
「やりづらかった・違和感を感じたこと」
をふせんに記入し、実施者と共有していきます。
a0197628_17343206.jpg
a0197628_17340733.jpg
a0197628_17325910.jpg

その後は講師からのフィードバックタイム。

a0197628_17352970.jpg
a0197628_17354678.jpg
a0197628_17355729.jpg
a0197628_17381907.jpg
a0197628_17384866.jpg

講師の皆さんは、前週から各グループについて、相談会やリハーサルを担当していただきました。
優しく、時に厳しく。
グループひとつひとつのプログラムデザインについてフィードバックをいただきました。



そしてその後は早速リフレクション。
参加者からもらった感想を素材に、プログラムデザインについて振り返っていきます。
このリフレクションでは、実施したプログラムをさらにブラッシュアップしていくのですが、すぐに「改善策」を考え始めるのではなく、「本当の問題」を見つけ出すことからはじめます。

a0197628_17395269.jpg

参加者からは様々な感想をいただきましたが、「そもそもプログラムデザインの意図はなんだったのか?」を再確認し、その意図と参加者からもらった感想とを照らし合わせて「本当の問題はなんだったのか?」を考えていきました。

a0197628_17411033.jpg
a0197628_17401267.jpg

翌週の相模原キャンパスでの省察では、この日に探った「本当の問題」をもとに、具体的な改善策を考えていきます。


最後に、講師からのメッセージ。


「みなさんそれぞれに、自分の『軸』ができてきているのでは。
 軸を持って、確信を持ってこのデザインにした、と言えるようなワークショップデザイナーになって欲しい。」

「ワークショップは『楽しくあるべき』だと思う。
 楽しいことは長期記憶に残りやすいし、楽しい時ほど人は自分の癖を出しやすい。
 夢中になる経験を通して、自分の『自明性』に気づく。」

「白熱したグループワークでの議論プロセスも大事。
 普段の仕事とは違う議論の場で、自分の癖なども知ることができたのでは。」

など、ワークショップデザインのみならず、多様なメンバーでワークショップを作り上げたその過程についてもメッセージをいただきました。


参加者からも、

「講師からのコメント、修了生・同期からのフィードバックはとても気づきが多かった」

「リフレクションの大切さ、協働の大切さ、自分の強み・弱点、他者の才能・・・
 非常に多くのことを気づける実習でした。」

などのご感想をいただきました。

翌週は、相模原キャンパスでの省察。
1日かけてプログラムデザインについて振り返ります!

[PR]



by aogakuwsd | 2018-02-20 17:45 | Comments(0)

【青学WSD】ワークショップの企画・リハーサルを行いました!

2月4日(日)、実習に向けて大人向けワークショップの企画・リハーサルを実施しました!
この日は、講師への相談やリハーサルで「やってみる」ことを通して、企画したWSをグループで考えていきました。
a0197628_14084352.jpg
今回の講師陣は、企業研修や教育機関でのコミュニケーション教育など、
様々な現場でワークショップを実践されいている方々です。

a0197628_13070425.jpg
鵜川洋明さん(ミラクカンパニー代表取締役)

a0197628_13030147.jpg
内山厳さん(青山学院大学客員准教授/G offece代表) 

a0197628_13032741.jpg
小島潤子さん(ワークショップデザイナー/コミュニケーションコンサルタント)

a0197628_13035097.jpg
田野邦彦さん(演出家 /ワークショップデザイナー)

a0197628_13041008.jpg
林成彦さん(演出家/ワークショップデザイナー)


まずは、講師への相談会です。
コンセプトや内容、企画づくりでの悩みやモヤモヤを講師に相談。
各グループのワークショップをより良くしていくためのアドバイスをもらいます。
a0197628_13044357.jpg


そして、リハーサル!
他グループの受講生に参加者となってもらい、ワークショップ開始時の迎え入れから終わりまで、通してやってみます。
a0197628_13051286.jpg
a0197628_13052006.jpg
体を使ったり、絵を描いてみたり・・・
さまざまなワークショップが生まれました。


リハーサルの後は、参加者からのフィードバックタイム。
a0197628_13054357.jpg
参加してみて率直に感じたこと・気づいたことを共有します。


そしてお待ちかね、講師からのフィードバックです。
a0197628_13022834.jpg
「『学び』『気づき』の押し付けになっていないか?」
「個人ワークが多いので、参加者どうしが重なり合い、混ざり合う時間をもっと取り入れてはどうか」
「設定したゴールイメージに到達するためには、もう少しワークの内容に検討の余地がある」
など、実践的なフィードバックをたくさんいただきました。

リハーサルをやってみて、また参加者や講師からのフィードバックを受けて、更に企画を詰めていきます。
a0197628_13062601.jpg
a0197628_13063766.jpg
大事にしたいところやブラッシュアップが必要なところが明確になったり、中には更にモヤモヤが深まったグループも?

講座の最後に、講師のみなさんから改めてメッセージをいただきました。
a0197628_13591485.jpg
「『気づき』という言葉がたくさん出てくるが、本当に『気づき』が生まれているのか?『再確認』にとどまっていないか?」

「グループメンバーの『専門性』を活かしあえているか?それぞれの専門性を持ったメンバーの提案がつながって、『面白い』ものができるのだと思います。」

受講生からも、

「机上の議論だけでなく、やってみることで分かることがたくさんありました。」

「協働の困難さを実体験中。来週、良いワークショップにしたいと思います。」

「実践を通して学びが深まっているように感じています。」

などなど、たくさんのご感想をいただきました。
講座の前後も教室を開放し、その時間をめいっぱいに使って企画を立てるグループも。
講座時間内で企画をまとめるグループもあれば、この1週間の間にオンラインや対面でミーティングを重ねたグループもあり、話し合いの進め方そのものについても、グループで合意形成をしながら進めていきます。

来週はいよいよ実習です。
この日のリハーサルを踏まえ、どのようなワークショップになるか?楽しみですね!

[PR]



by aogakuwsd | 2018-02-06 19:42 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期 ワークショップの企画が始まりました!


1月28日(日)、青学27期は「ワークショップ実践科目1・演習1」の対面講座でした。
この日から、受講生はクラス混合で15のグループに分かれ、ワークショップの企画をしていきます。

まずは、グループに分かれて自己紹介タイム。
a0197628_20595524.jpg
このグループは、バックグラウンドがなるべく多様なメンバーとなるよう丁寧に設計しています。
対面講座も4回目を迎えましたが、約80名の受講生の中にはまだまだ話したことのない人もたくさん。
今回の自己紹介タイムにも「はじめまして」が聞こえてきました。
a0197628_20595503.jpg
このメンバーでこれから1ヶ月、ワークショップの体験・企画・実施・省察をしていきます!


自己紹介の後は、本日の講師・内山厳さん(青山学院大学准教授・G office代表)のワークショップを体験。
a0197628_20595883.jpg
演劇のご経験をバックグラウンドに、企業研修などでご活躍されています。

ランダムに歩いてみたり・・・
a0197628_20595716.jpg

何人かで拍手をしたり・・・
a0197628_21130643.jpg
声を出したり体を動かしたり、ウォーミングアップで徐々にほぐれていく受講生の皆さん。


演劇的要素が組み込まれた内山さんのワークショップでは、こんなシーンも。
豪快な平手打ち!(注:演技です)
a0197628_20595771.jpg

その後は、グループに分かれて小さなストーリーをつくります。
a0197628_20595839.jpg
そして、上演!
a0197628_20595946.jpg

a0197628_20594542.jpg
演技やストーリー創作経験がなくても、徐々に夢中になり、最後は大盛り上がり!


体験だけで終わらないのがWSDです。
午後は、講師の丹羽將喜さんと一緒に、実際に参加したワークショップに組み込まれた「仕掛け」について考えていきます。
a0197628_20594640.jpg
「どんな仕掛けがあったのか?」
「その意図は?」
修了生スタッフの矢部さんが作成したグラフィックレコーディングも活用しながら、まずは自分たちで考えていきます。
まさに、WSDの特長でもある「ワークショップをワークショップで学ぶ」時間です。
a0197628_20594695.jpg
a0197628_20594680.jpg
その後は、このワークショップをデザインをした内山さんによる解説。
a0197628_20595098.jpg
丁寧に設計されたプログラムの「仕掛け」「意図」について、質疑応答を交えながら学んでいきました。


その後はグループに分かれて実習に向けた企画づくりです。
a0197628_21515293.jpg
a0197628_20594922.jpg
2月11日の実習まで、2週間。
「目的は?」
「コンセプトは?」
「具体的な活動内容は?」

短い時間で、また多様なメンバーで合意形成をしていきます。
苅宿先生の言葉を借りれば、ワークショップは「他者理解と合意形成のエクササイズ」。
まさに、企画づくりのプロセスでそれを体験していきます。

「プログラムデザインは、実際にやってみると非常に大変!」
「これまでの学びをいろいろと活かして試したい」
受講生からも様々な感想をいただきました。

翌週は、企画したワークショップのリハーサル。
どんなワークショップが生まれるのでしょうか?


[PR]



by aogakuwsd | 2018-02-01 21:39 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル