青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

カテゴリ:未分類( 28 )




【青学WSD】29期講座がスタートしました


201899日(日)から、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム2018年度第2期(29期)の対面講座がはじまりました。


28期は103名、4クラスといつもより多くの方が受講されています。

今回は基礎理論科目2日間の講座の様子をお伝えします。


99基礎理論科目1日目>


学びが盛りだくさんだった初日。午前中は演出家・劇作家の平田オリザさんのWSを体験しました。


a0197628_15582076.jpg

ワークショップの体験をしながら、随所にワークショップデザインについてや、知っていてもらいたいポイントの解説をする、メタワークショップ形式で進められました。


頭だけでなく身体全体を使って学んでいきます。

a0197628_15590600.jpg

a0197628_15584497.jpg


演劇的な要素をふんだんに取り入れた講義とワークでしたが、演劇について学ぶのではなく、演劇を通して自己と他者とのズレやコミュニケーションについて学びました。



午後は、苅宿先生の講義。


a0197628_16021447.jpg

WSDの学び方」や「大人の学びのポイント」について、「自明性」「無意識の意識化」等のキーワードや映像教材を用いて解説していきました。これから3ヶ月間、WSDでどのように学んでいくのかについて考えていきます。




さらに、講義に加えてワークを体験することで学びを深めていきます。


コミュニケーションのズレを体感する "ダイアログ4" や、4分割にしたシートを用いた自己紹介、最後は二人組になって他己紹介をしました。


a0197628_16063154.jpg
a0197628_16033919.jpg
他己紹介では、ペアを組んでお互いにインタビューしていきました。




1日目のグラフィックレコーディングはこちら

今期も修了生スタッフの齋藤さん(17期生)がまとめてくれています。

a0197628_16110088.jpg



916 基礎理論科目2日目>


2日目は苅宿先生の講義とワークを体験しました。


学習環境デザインに関する背景理論を踏まえて、ワークショップデザイナーの専門性について考えていきます。

a0197628_16533303.jpg


「できる」=行動主義学習観、「わかる」=認知的学習観、そして「分かち合う」=社会構成主義学習観という3つの学習観を紹介したあとに、ワークショップの背景理論となる「社会構成主義学習観」について、映像などを用いて詳しく解説していきました。


講義の合間にはペアトークや、修了生にはおなじみのカタルタをしました。

a0197628_16582753.jpg
a0197628_17000475.jpg

カタルタでは即興的なコミュニケーションを体験できます。

a0197628_16552754.jpg

お昼休憩を挟んで、もう一度苅宿先生の講義。

午前中の講義で学んだワークショップの背景理論をおさらいしました。


午後も講義だけでなく、協働確認ツール「わりばし」や語れる三角を体験していきます。

a0197628_17020425.jpg



講義の後は、ビタハピ!

ビタハピはハッピの色の組み合わせを使って、グループを作ることができるリアルコミュニケーションツールです。


a0197628_17100554.jpg
えりや袖、背中の色が同じ人を探します。背中の色は自分一人では見れないため、コミュニケーションが生まれやすいデザインになっています。

同じグループのメンバーが見つかった後は、お題に沿ってトークを楽しみました。

a0197628_17130897.jpg



最後はeラーニングのレポート共有。


事前に提出したレポートを元に、「WS3つの特徴に、4つ目を加えるとしたら?」という問いに対してそれぞれが考えたキーワードを他者と共有していきます。

a0197628_17165011.jpg

共有する中で出会った「いいな」と思うキーワードをポストイットに記入し、壁一面に貼り出しました!

100名近い受講生が貼るので、たくさんのキーワードに出会うことができます。

a0197628_17162460.jpg

他の人が考えたキーワードの中からお気に入りのものをそれぞれピックアップしていきます。


こちらは2日目のグラフィックレコーディング

a0197628_17275549.jpg
a0197628_17281837.jpg



講義では難解なキーワードも多々出てきましたが、一度に「わかる」ことを目指すのではなく、体を動かしたり、受講生同士の対話をしたり、徐々に理解を深めていくのもWSDの学びの特徴です。


頭と身体を使ってワークショップを学んだ2日間。受講生のみなさん、おつかれさまでした!


これから3ヶ月、受講生がどのような学びに出会っていくのか、とても楽しみです!




次回は体奏家・新井英夫さんのワークショップを体験します!



[PR]



by aogakuwsd | 2018-09-21 15:53 | Comments(0)

【青学WSD】28期対面講座の最終日!

2018年7月29日(日)
この日は、28期の最後の対面講座でした。

a0197628_17082465.jpg

最終日のテーマは、「3ヶ月の学びを振り返る省察のワークショップをデザインする」。


その日に作ったグループで企画・実施・省察に取り組んでいきます!

3ヶ月にわたる共通の学びでつながったメンバーで企画をしてみると、実に様々なワークショップが生まれていました。


グループ分けは、まだ話したことのない人や「もっと話してみたい」「一緒にワークをしてみたい」という人など、受講生のみなさんで自由に組んでいただきました。



メンバーが決まったら、早速企画づくりスタート。

a0197628_17082751.jpg

「なんのために振り返るのか?」

「何を振り返ることが、今の自分たちにとって最善な時間となるのか?」

集まったメンバーで目的やコンセプトから考えていきます。

そして実施!


↓未来をプロデュース

a0197628_17270917.jpg

↓旅の思い出、WSD3ヶ月のテンショングラフ

a0197628_17273877.jpg

お昼休みを含めた3時間半の企画時間でしたが、実に多様なワークショップが生まれていました!



↓以下紹介しきれなかったグループの企画したWS一覧です!

a0197628_17090597.jpg


実施の後は、他のグループの内容をぐるぐる発表会で共有しました。

a0197628_17090100.jpg



そして最後は「WSD再考」と題した苅宿先生の講義。

a0197628_17090271.jpg
a0197628_17090476.jpg

ワークショップデザイナーってどんな人たちなんだろう?
最終回だからこそ、ワークショップデザイナーとしてのあり方を、これから活躍するみなさんに向けて語っていただきました。
「代替不可能性」など、講座序盤で学んだワードも、いま改めて聴くと経験を通して理解が深まっていることに気づくのではないでしょうか。

この日をもって、120時間・3ヶ月にわたるワークショップデザイナー28期の講座は全て終了!改めまして、28期のみなさん3ヶ月本当にお疲れ様でした!
そして、講師のみなさま、実習にご参加くださった修了生のみなさま、ご協力いただいた実習校やコーディネーターのみなさま、ありがとうございました!

今後も、本プログラムでの学びに加え、同期や修了生のつながりも生かしながら様々なフィールドでご活躍されることを、事務局一同心よりお祈りしています!




[PR]



by aogakuwsd | 2018-08-21 17:44 | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップの省察!

7月22日(日)、27期の対面講座はワークショップ実践科目2・演習3。

子ども向けワークショップの省察を、丸1日かけて行いました。


この日は久しぶりにABCクラス合同での講座でした!

a0197628_15314423.jpg

講師は、青山学院大学特別研究員の渡邊明さんです。

a0197628_15325105.jpg

最初のプログラムは、「ファシリテーションの振り返り」。

実習当日に撮影した観察映像を用いて、自身のファシリテーションを丁寧に分析していきます。


まずはじっくり映像を見て分析する場面を選び、

a0197628_16081062.jpg
a0197628_16091376.jpg

F2LOモデル」も活用しながら参加者との会話を書き出し分析します。


働きかけや声かけの意図はなんだったか?

自分のファシリテーションはその場にどのくらいフィットしていたか?

じっくり丁寧に見ていきます。

a0197628_15314848.jpg

自分の映像を見るのはちょっぴり恥ずかしいですが、映像というエビデンスを用いて振り返るからこそ見えてくることもあります。



映像分析をしてからは、実習当日に映像を撮ってくれた観察者とペアトーク。

観察者から客観的にみると、どのようなシーンだったのか?

視点を変えて考えてみると、その働きかけの他にはどんな選択肢がありえたか?

観察者と一緒にシミュレーションすることで、ファシリテーションの引き出しを増やしていきます。



ファシリテーションの振り返りを終え、「ファシリテーションで最も大切にしたいことは?」という問いについて考えます。

ひとりひとりが考えたものを、最終的にはグループを作って共有していきました。

a0197628_16191635.jpg


最後はおなじみ「GAPモニタリング」。

ワークショップをともに企画してきたグループメンバー同士でメッセージを贈り合います。

このメッセージは、グループメンバーの「良さ」に着目してその人の特質を言葉にしていくというものです。

そして、誰について書かれたものなのかは書かず、読み上げて「当てっこ」をしていきます。


a0197628_16205736.jpg
「せーの!」の掛け声で自分宛のメッセージを指差します。
答えあわせにみなさん熱中。
a0197628_16210410.jpg

この日のこのワークで、グループは解散。

限られた時間の中、価値観や考え方なども異なるメンバーで協働しながら企画を進めてきたみなさん。

時には辛いことや大変なこともあったのではないかと思います。

最後のワークでそれぞれメッセージを贈り合い、どのグループも笑顔であふれていました。



自分自身について「他者の視点」を借りながらじっくり振り返ったこの日。

WSDでの共通の経験や学びがあったからこそ、対話を通した学びが深まっていったように思います。



次回はいよいよ最終日です!



[PR]



by aogakuwsd | 2018-08-21 17:39 | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップの実習!

7月 7・8・14日に、子ども向けワークショップの実習を行いました!


この日にむけて約2週間プログラムを練ってきた受講生のみなさん。

今回は参加してくれる子どもたちに実践します。


実習の内容は、iPadの「逆転時間」というアプリを用いて、子どもたちが小グループに分かれて作品づくりをする、というもの。

a0197628_14294213.jpg
a0197628_14330915.jpg

受講生はファシリテーターとして子どもたちの主体的な活動を支援します。



発表会では、子どもたちがみんなで考えながら作った作品を上映!どのクラスも、子どもたちの笑顔と元気いっぱいのエネルギーであふれていました!

a0197628_14351794.jpg


また、ワークショップの間中、受講生の実施の様子を他のグループの受講生がiPadを使って撮影します。

a0197628_14365344.jpg

子どもたちとのやりとりを記録したこの観察映像を素材として、次回の講座ではファシリテーションの分析を行います。



ワークショップ終了後は早速プログラムデザインの振り返り。

a0197628_14383608.jpg
a0197628_16002029.jpg

感想を述べ合うだけにとどまらず、プログラムや仕掛けの「意図」を再確認し、そこから本当の課題を見つけていきます。



そして最後は、ワークショップをじっくり観察していた講師が、受講生の実際のファシリテーションを「F2LOモデル」を用いて解説。実習という実体験を、すぐ学びの素材として活用していきます。

a0197628_14401010.jpg


朝から夕方まで、子どもたちとの活動に振り返り、と濃密な1日を過ごされた受講生のみなさん。

次週は、この日の観察映像を用いて、じっくりファシリテーションの会話分析をしていきます!


[PR]



by aogakuwsd | 2018-07-24 16:01 | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップの企画・リハーサルを行いました!

6月24・30日にワークショップ実践科目Ⅱ演習1、

7月1・8日にワークショップ実践科目Ⅱ演習2を実施しました。

前回の研修では、90分間のワークショップで参加者である小学生を観察しましたが、今回からはいよいよ2週間後の実習に向けて企画が始まります!


ワークショップ実践科目Ⅱの講師は、

田中 圭介さん(演出家、ワークショップ・ファシリテーター)

宇田川 久美子さん (相模女子大学学芸学部子ども教育学科学科長 准教授)

田島 美帆さん(青山学院大学社会情報学研究所特別研究員)

中尾根 美沙子さん(青山学院大学社会情報学研究所特別研究員)

井上 愉可里さん(青山学院大学社会情報学研究所特別研究員)

以上のみなさんです!



<演習1>


最初はグループでの自己紹介から。



この日からクラスごとに分かれて新たなグループでの企画が始まります。

対面講座開始から2ヶ月ほど経ちましたが、80名近くの受講生の中にはまだ「はじめまして」の方もたくさん。

多様なバックグラウンドのメンバーで合意形成をしながら企画をつくっていきます。

自己紹介が終わったら、今回子どもたち向けに実施する「ぎゃくてんじかん」の体験。

「ぎゃくてんじかん」は逆再生して面白く見える動画づくりを通して、コミュニケーション能力を育むアプリケーションです。

a0197628_12415879.jpg
撮影した動画を、みんなで鑑賞。

子どもたちに実践する前にまずは自分たちが体験し、ファシリテーター自身がコンテンツの面白さや魅力に気づくことを大切にしています。


午後からは、早速企画づくりです。

今回は、「ぎゃくてんじかん」を使ったワークショップというコンテンツは決まっていますが、逆に言えば「決まっているのはコンテンツだけ」。

各グループでは目的やゴールイメージ、プログラムの詳細やメンバーの役割分担など、議論を重ねていきました。


そして、いきなりですがプログラムの一部分を早速リハーサル!

ワークショップのファシリテーターや参加者などの関係性を「F2LOモデル」を用いて講師が実況中継していきました。
終了後は参加者役の受講生や、講師からフィードバックをもらう時間。

デザインの改善に向けた情報をもらい、この日は終了しました。



<演習2>

この日の内容は、ワークショップの企画とリハーサル。

リハーサルは120分のプログラムを45分に短縮し、 翌週の実習に向けて全体を通してやってみました。

a0197628_11472964.jpg

a0197628_11390060.jpg
a0197628_11480676.jpg

<演習2>

この日の参加者は、他グループの受講生。子どもたちの代わりとして参加しています。

大人相手とはいえ、実際に参加者を前にしてプログラムを進行してみると、よくできた部分とまだまだ改善が必要な部分が明確になってきます。

リハーサル中は、講師がリアルタイムでファシリテーションについて解説。

「F2LOモデル」も用いながら、参加者の反応や場の関係性や見ていきます。

リハーサル終了後は参加者と講師からのフィードバックコメント。

a0197628_11525105.jpg

最後は企画タイム。

リハーサルをやったことで見えた課題を踏まえて、プログラムの細かなすり合わせや、ファシリテーションで大切にしたいことなど、当日に向けて話し合いを進めていきました。

a0197628_11390904.jpg
a0197628_11563873.jpg

次回はいよいよ実習当日です!その模様もお伝えしていきます。


[PR]



by aogakuwsd | 2018-07-18 15:51 | Comments(0)

【青学WSD】ワークショップ参加者の「観察」をしました!

2018年6月17日、23日、24日。

青学WSD28期、全13回の対面講座も8日目。

この日からは後半戦、ワークショップ実践科目2に入り、研修を実施しました。

ワークショップ実践科目1では主にプログラムデザインを意識して実践して来ましたが、ワークショップ実践科目2では、主にファシリテーションについて学んでいきます。


この日の講座では、小学校に赴き「話して、つくって、演じてみよう!」という、参加者のコミュニケーション力を引き出すワークショップを見学しました。

ファシリテーターはNPO法人PAVLICのみなさん。

全国の教育現場などで「コミュニケーション能力向上」「防災」といったテーマで、演劇的要素を取り入れたワークショップを実施されています。

メンバーは、俳優や脚本家、演出家として活動されています。

a0197628_15591682.jpg

この日の講座の午前では、ペアでワークショップの参加者(小学生)を観察します。

ひとりの参加者を90分間観察し続けるのは、普段なかなか経験できないことですが、この回の講座ではあえてそれを行います。

今後のファシリテーションに備えて、参加者から表出している身体の動きや会話内容などを見取り、より場や参加者にフィットした働きかけをすることに役立てるためです。


早速ワークショップが始まります。

まずは迎え入れから。

a0197628_17064078.jpg

迎え入れでは、参加者の名前シール探しや参加者と個別に話したりすることをきっかけに子供たちとの関係性を作っていきます。

この「迎え入れ」の時間から、ファシリテーターはだんだん増えていく参加者を観察していました。


開始の時間が来たら、ウォーミングアップを行います。

「ウォーミングアップの内容は、(室温や広さ、明るさなど)会場の状況や参加者の状況によって当初の予定から変更することもあります」と、事後にファシリテーターから説明がありました。

今回のウォーミングアップは、「じゃんけんゲーム」「仲間探しゲーム」などを行いました。

a0197628_14274067.jpg

ウォーミングアップが終わると、参加者たちは小グループに分かれて創作活動を行いました。

受講生はその周りから参加者を観察し、体の動き、発言などの記録を丁寧にとり、午後の学びの素材にします。

a0197628_17410855.jpg


創作タイムが終わると、中間発表。

a0197628_18115821.jpg

それぞれのグループの発表が終わると、ファシリテーターは「こういうところが良かった」「〇〇さんがやっていることが、△△に見えたね」「途中のあの動きは、どういうことを表していたの?」など、良かった点や、次の創作につながるような具体的なフィードバックをしていきました。

それを受けてもう一度グループワークを行った後、全グループの作品発表会をしました。


最後に今日のワークショップの感想や気づいたことなどをグループで話をしてもらい、午前のワークショップは終了しました。



ワークショップを観察した後は、同じ子どもを観察していたペアと共有を行います。


a0197628_17334716.jpg

同じ参加者を見ていても、どの部分に注目しているかによって、見取ったことや、そこから想像した内容が違うということも多々あります。

あえて同じ子どもを受講生2人で観察することにより、自分の観察の特徴や、自分になかった視点などをお互いに気づくことができたようです。



その後は、小グループでの共有。

ここでは、人数を増やして共有することで、「観察の視点」をさらに広げていきます。



午後の後半は、ファシリテーターに話を聞く時間。

まずはそれぞれのグループ活動についていたグループファシリテーターからのお話を聞きます。


a0197628_14284286.jpg


グループファシリテーターからは、


・「最初の発表はできるだけ成功体験をつくる。ほめて、少し課題を伝え、次回の創作のモチベーションをつくる。」


・「離脱をするタイミングとしては、ある程度方向性がまとまった段階。こどもがグループファシリテーターにだけ言うタイミングには「みんなに言ってみよう」と促しながら、いい発言を拾っていき交通整理をする。そういった過程を通して、ある程度まとまった段階で抜ける。」


など、ワークショップの場をファシリテートしていく時のリアルなお話をしていただきました。



最後に、メインファシリテーターを含めた4名の講師のお話。

ワークショップの最中に起きていたこと、ファシリテーションを複数人のグループで行うことの有益性などについてお話を聞きました。


これから、受講生の皆さんは新しいグループでワークショップを企画し、実習へと進みます。

この日に得たことを、ぜひ実践で活かしていただきたいと思います!



[PR]



by aogakuwsd | 2018-07-13 10:04 | Comments(0)

【青学WSD】28期 大人向けワークショップの省察!

6月16日(土)、青学WSD28期のみなさんは、相模原キャンパスにて大人向けワークショップの振り返りを行いました。


まずは、苅宿先生の講義から。


a0197628_15044148.jpg

WSデザインを振り返る際に重要となる視点についてお話がありました。

基礎理論でも苅宿先生は「知ってからやるとやってから知る」というお話をしていましたが、実習で様々な経験をしてきた受講生の皆さんは、今回より納得することができたのではないでしょうか。

a0197628_15044056.jpg

さて、講義の後は、実施したワークショップの振り返りです。

この日の講師は、渡邊明さんです。


a0197628_15083948.jpg

先週の実習後は、参加者の感想を基に「プログラムデザインの本当の問題とはなにか?」を導き出しました。

今回はその「本当の問題」から、それを解決するための具体的なアイディアを出し、改めてプログラムデザインを練り直します


a0197628_15044393.jpg
a0197628_15044390.jpg

グループで話し合って…


a0197628_15150240.jpg
手作りの企画書に落とし込みます。
a0197628_15125728.jpg

仲良く写真撮影するグループも!

WSDでは、「省察」を大切にしています。
ワークショップの場作りには、いつ、どんな時でも使えるような正解はありません。ワークショップは、その場の状況によって移り変わっていくからです。

WSDの講座では、知識を積み上げていく従来の知識伝達型の学習スタイルだけではなく、実践して得た経験から学び続ける「螺旋的な学習スタイル」を通して、ワークショップの「実践知」を次の場作りに生かしていくというプロセスを体感していきます。
その中で、一人一人がワークショップの状況的な場作りに適応できるような思考や手段を、考え深めていきます。


グループワークの後は、個人で考える時間。
「ワークショップのプログラムデザインで大切にしたいこと」を一人ひとり考え、マグネットテーブル方式で受講生同士の共有を行いました。
a0197628_15045109.jpg
a0197628_15045151.jpg

「プログラムのつながり」
「明確な意図」
「遊び」
「愛」
・・・など、様々なキーワードで対話を深めていきました。


ここまでは、ワークショップのプログラムデザインについての振り返りをしました。
が、それだけでは終わりません。

ワークショップをワークショップで学ぶWSDでは、企画自体も多様なメンバーと協働して進めていきます。
企画考案から実施までのグループ内の話し合い活動(グループワーク)についても、「GAPモニタリング」という手法を用いて振り返りをしていきました。

これは、最初にこれまで共にしてきたグループメンバーの良さに着目し、その人の特質を見抜いて「ギフトメッセージ」を贈り合います。次に、その他者からもらったメッセージと自分自身を振り返った「セルフモニタリング」結果とのGAPを分析していくというワークです。
他者の視点を借りながら、グループワークにおける自分自身を振り返ることができます。

a0197628_15045353.jpg
a0197628_15050017.jpg

どれが自分へのメッセージかを考えて、

a0197628_15045903.jpg
ゲーム感覚で自分宛てのメッセージを当て合うこのワークは、随所で笑い声や驚きの声、納得のため息などなどがみられました。

この日も修了生スタッフの齋藤さんがグラフィックレコーディングを仕上げてくれました!
a0197628_15045261.jpg
実践Ⅰのグループはこの日で解散し、実践Ⅱではクラスごとに新たにグループを作って活動が始まります!
怒涛の前半戦お疲れ様でした!後半戦も頑張っていきましょう!!














[PR]



by aogakuwsd | 2018-06-20 13:00 | Comments(0)

【青学WSD】28期 1回目の実習が終了しました!

6月10日()28期ワークショップ実践科目の実習を行いました!


2週間かけて、大人向けのワークショップを企画してきた28期のみなさん。

バックグラウンドが異なる56名のグループに分かれて合意形成を進めてきて、いよいよ本番。

a0197628_17202971.jpg



a0197628_17213234.jpg

a0197628_17213165.jpg

今回のテーマは「学びほぐし」。

そこからコンセプトやゴールイメージを考えていき、さまざまなプログラムが生まれました!



実習直後には、参加者からのフィードバックタイム。

「楽しかった・夢中になれたこと」

「やりづらかった・違和感を感じたこと」

をふせんに記入し、実施者と共有していきます。


a0197628_17213237.jpg
a0197628_17213450.jpg

その後は講師からのフィードバックタイム。


a0197628_17215269.jpg

a0197628_17221808.jpg
a0197628_17215156.jpg


講師の皆さんは、前週から各グループについて、相談会やリハーサルを担当していただきました。

時に優しく、時に厳しく。グループひとつひとつのプログラムデザインについてフィードバックをいただきました。



最後はリフレクション。

参加者からもらった感想を基に、各グループが自分たちのWSのプログラムデザインについて振り返っていきます。

a0197628_17222876.jpg

a0197628_17222924.jpg

リフレクションでは、参加者からもらった感想を基に、自分たちが実施したプログラムをさらにブラッシュアップしていくのですが、すぐに改善策を考え始めるのではなく、 「メインワークはコンセプトに見合ったものだったのか。」「そもそもプログラムデザインの意図とはなんだったのか」など、“本当の問題”を見つけ出していきました。


翌週の相模原キャンパスでの省察では、この日に探った「本当の問題」をもとに、具体的な改善策を考えていきます。




最後に、講師からのメッセージ。


「楽しむって大事。自分たちが伝えたいことがあると、つい参加者の楽しさを忘れてしまうことがある。参加者が楽しいと思わないとそのWSに意味はない。自分たちの楽しさと参加者の楽しさの両立を目指してください。」


WSの時間は誰のためにあるか?それは参加者の為にあると思います。実施者の都合で時間を進めていないか、そこを注意して、たとえばプログラムデザインの余白を作るなど、フレキシブルにプログラムを作ることも必要。計画通りにいかない時に余裕のあるプログラムをやっていると、柔軟に対応できる。時間の使い方を考えてください。」


など、今後受講生がワークショップする時にも糧になるメッセージをいただきました。



翌週は、相模原キャンパスでの省察。

1日かけてプログラムデザインについて振り返ります!


[PR]



by aogakuwsd | 2018-06-12 18:11 | Comments(0)

【青学WSD】ワークショップの企画・リハーサルを行いました!

63日(日)、実習に向けて大人向けワークショップの企画・リハーサルを実施しました!


この日は、グループ内で企画を話し合い、希望グループは講師への相談タイムを経て、リハーサルを「やってみる」ことからそれぞれのWSをプラン変更したり、ブラッシュアップしたりしました。

a0197628_14282405.jpg

今回の講師陣は、企業研修や教育機関でのコミュニケーション教育など、

様々な現場でワークショップを実践されている方々です。

a0197628_14283487.jpg

鵜川洋明さん(ミラクカンパニー代表取締役)

a0197628_14282665.jpg

内山厳さん(青山学院大学客員准教授/G offece代表) 

a0197628_14283586.jpg

小島潤子さん(ワークショップデザイナー/コミュニケーションコンサルタント)

a0197628_14283443.jpg

田野邦彦さん(演出家/ワークショップデザイナー)

a0197628_14284784.jpg

林成彦さん(演出家/ワークショップデザイナー)



希望グループは講師への相談タイムがあります。

コンセプトや内容、企画づくりでの悩みやモヤモヤなどを講師に相談。

各グループのワークショップをより良くしていくためのヒントをもらいます。

a0197628_14281489.jpg

そして、リハーサル!

他グループの受講生に参加者となってもらい、ワークショップ開始時の迎え入れから終わりまで、通してやってみます。


a0197628_17595930.jpg



体を使ったり、楽器が登場したり、さまざまなワークショップが生まれ、それを試してみました。

リハーサルの後は、参加者からのフィードバックタイムを設け、やってみた率直な感想や気づきを共有し、企画のブラッシュアップにつなげます。

a0197628_14412087.jpg

そして講師からの愛あるフィードバックです。

a0197628_14283677.jpg

「参加者にブレーキをかけるようなプログラムデザインにになってしまっていないか。」


「自分たちがねらっているところまで行きつけるか、時間のバランスを意識してみてほしい。」


「指示と自由のバランスを考える。指示が多いと「やらされ感」が出る。反対に少なすぎると狙い通りにいかないことも。」


など、実践的なフィードバックをたくさんいただきました。

リハーサルをやってみて、また参加者や講師からのフィードバックを受けて、更に企画を詰めていきます。

a0197628_14470108.jpg


大事にしたいところやブラッシュアップが必要なところが明確になったグループや、中には更にモヤモヤという名の「学びのタネ」を見つけたグループもあったように見受けました。



講座の最後に、講師のみなさんから改めて次に向けてのメッセージをいただきました。

a0197628_14470972.jpg

「今、いろんなトライをしていると思うので試行錯誤してほしいが、意味のあるトライ、意味のある試行錯誤をしてほしい」


「楽しむということを恐れないでください。参加者に楽しんでもらうのはもちろんですが、実施者も役割は立場が違うだけで、その場に関り、何かを一緒に発見する人として、楽しんでもらいたい。」


「ゴールイメージをしっかりと持つこと。本当にこのWSを受けたらゴールの方に行けるのか。このWSに参加することでこのゴールにたどり着けるのかを考えてほしい。」


などなど、たくさんのご感想をいただきました。


来週はいよいよ実習です。

この日のリハーサルを踏まえ、どのようなワークショップになるのか楽しみです。が、それまでにグループごとに皆であって相談したり、オンラインで話し合ったりする計画の声が講座終了後に聞こえました。奮闘は続きそうです。


[PR]



by aogakuwsd | 2018-06-12 18:02 | Comments(0)

【青学WSD】28期ワークショップの企画がスタートしました!

527日(日)は「ワークショップ実践科目1・演習1」の対面講座でした。

この日から、受講生はクラス混合で15グループに分かれ、ワークショップの企画をしていきます。


まずは、グループに分かれて自己紹介タイム。


今回のグループ編成は、バックグラウンドがなるべく多様なメンバーとなるよう丁寧に設計しています。

対面講座も4回目を迎えましたが、約80名の受講生の中にはまだまだ話したことのない人もたくさん。

今回の自己紹介タイムにも「はじめまして」が聞こえてきました。


このメンバーでこれから1ヶ月、ワークショップの体験・企画・実施・省察をしていきます!


自己紹介の後は、本日の講師・内山厳さん(青山学院大学客員准教授・G office代表)のワークショップを体験しました。



内山さんは、演劇経験をベースに、企業研修などで活躍されています。


まずはウォーミングアップ。

拍手を回したり、

a0197628_17494202.jpg
ランダムに歩きながら何かを指差したりして、受講生は徐々にほぐれていきました。

a0197628_17494427.jpg

ウォーミングアップ後は、ワークのメイン、SLAP(ビンタ)の練習!

こちらは豪快な平手打ちの様子!(注:演技です)

その後は、グループに分かれてミニストーリーをつくります。

a0197628_17500870.jpg

演技の練習をした後は皆の前で上演!様々なSLAP劇で、大盛況でした。



午後は、講師の渡邊明さんと一緒に、午前中の内山さんのワークショップに組み込まれた「仕掛け」について考えていきます。

まさに、「ワークショップをワークショップで学ぶ」時間です。

a0197628_17501076.jpg

「どんな仕掛けがあったのか?」「その意図は?」など、まずは自分たちで考えていきます。

a0197628_17501914.jpg

最初は個人で、次はグループで共有します。


その後は、このワークショップをデザインをした内山さん本人による解説もあり、丁寧に設計されたプログラムの「仕掛け」「意図」について、質疑応答を交えながら学んでいきました。


頭と身体でワークショップを学んだ後は、いよいよグループに分かれて実習に向けたワークショップの企画づくりです。

a0197628_17502257.jpg
a0197628_17503375.jpg

610日の実習まで、約2週間。

「目的は?」

「コンセプトは?」

「具体的な活動内容は?」


短い時間で、また多様なメンバーで合意形成をしていきます。

苅宿先生の言葉を借りれば、ワークショップは「他者理解と合意形成のエクササイズ」。

まさに、企画づくりのプロセスでそれを体験していきます。


こちらは修了生スタッフの齋藤さん作、今回のグラフィックレコーディングです。

a0197628_17503458.jpg


次回は、企画したワークショップのリハーサル。

どんなワークショップが生まれるのでしょうか?


[PR]



by aogakuwsd | 2018-06-06 15:47 | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル