青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】27期 対面講座3日目

2018年1月20日(Aクラス)、21日(Bクラス)、27日(Cクラス)に身体表現ワークショップを体験しました。

2日間の基礎理論科目に続き、今回から「ワークショップ実践科目1」に入りました。「研修」→「企画」→「実施」→「振り返り」という流れで進むワークショップ実践科目1の初日にあたる今日は、身体を使ったワークショップに参加し、リフレクションを行いました。

講師(ファシリテーター)は、体奏家(たいそうか)の新井英夫さんとアシスタントの板坂記代子さんです。
新井さんは野口体操をベースにした身体ワークショップを、福祉施設・教育施設・公共ホールなどから依頼され、目的に応じて幼児や親子・若者・高齢者など幅広い方を対象に行っています。

講座が始まると、円になった受講者と太鼓やフエを使ったり、握手をしたり、言葉を発せずに挨拶をしていきます。

a0197628_16102868.jpg
a0197628_16102997.jpg

ノリノリで挨拶する人、ちょっと怪訝そうな人、何が始まるんだろうとワクワクした表情の人。
人それぞれ、身体・気持ちの状態が異なる中でのスタートでした。
この時、新井さんは一人ひとりの参加に対する戸惑いや反応のスピードなどを伺っていると、この挨拶が終わった後に説明がありました。



まずは、午前中いっぱいを使って、ワークショップを体験。
自分の感じたことを起点とした振り返りは午後に行いました。
a0197628_16103975.jpg
a0197628_16104030.jpg
a0197628_16103055.jpg
a0197628_16104101.jpg



約3時間のワークショップの中には、受講生の参加度を高めていくために様々なプログラム上・音環境などの仕掛けもありました。
a0197628_16104188.jpg


午後は、ワークショップ体験を丁寧に振り返ります。
自分のテンションを可視化・言語化することで、自分が体験したことを振り返りながら俯瞰していきます。

a0197628_16104933.jpg

相互インタビューや4人組での共有では、「なぜそう感じたの?」「それってどういうこと?」といった他者からの問いかけによって、普段意識していない自分の「当たり前」に気づいたり、他者の当たり前と自分の当たり前のズレを認識したりしました。

a0197628_16105011.jpg
a0197628_16105083.jpg
a0197628_16105184.jpg


全クラスが研修を終えた翌日28日からは、グループに分かれてワークショップ実習に向けた企画が始まりました。
その様子はまた改めてお伝えします!

[PR]



by aogakuwsd | 2018-01-30 16:36 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル