青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】27期対面講座の最終日!

27期初回の対面講座は、お正月ムードがまだ残る1月7日(日)。
コートとマフラーが欠かせない、とても寒い日が続いていました。
あれから3ヶ月弱。
3月25日(日)、桜満開の季節となったこの日、27期の最後の対面講座でした。
a0197628_15291970.jpg

最終日のテーマは、「3ヶ月の学びを振り返る省察のワークショップをデザインする」。
a0197628_15360748.jpg

その日に作ったグループで企画・実施・省察に取り組んでいきます!
内容を知った受講生からは「ええ〜・・・」という声も聞こえてきましたが・・・
3ヶ月にわたる共通の学びでつながったメンバーで企画をしてみると、実にさまざまなワークショップが生まれていました。

グループはわけは、まだ話したことのない人や「もっと話してみたい」「一緒にワークをしてみたい」という人など、受講生のみなさんで自由に組んでいただきました。
a0197628_15364711.jpg

メンバーが決まったら、早速企画づくり。
a0197628_15364875.jpg
a0197628_15364919.jpg

「なんのために振り返るのか?」
「何を振り返ることが、今の自分たちにとって最善の時間となるのか?」
集まったメンバーで目的やコンセプトから考えていきます。
a0197628_15365051.jpg
a0197628_15403226.jpg
a0197628_15403136.jpg
そして実施!

↓「 WSD単語帳」をつくってみる
a0197628_15410851.jpg
↓人間関係をマッピング
a0197628_15411252.jpg
↓"I have a dream!" 演説形式(!?)のワーク
a0197628_15412462.jpg
↓メンバーそれぞれのテンショングラフを可視化
a0197628_15412374.jpg
お昼休みを含めた3時間半の企画時間でしたが、実に多様なワークショップが生まれていました!
a0197628_15444365.jpg
a0197628_15444269.jpg
3ヶ月を思い返してみると、グループでの企画はこれで3回目。
特に初回のグループワークは、メンバーそれぞれのバックグラウンドや考え方の違いに戸惑ったり、「どこまで言っていいの?」なんて遠慮や探り合いがあったり・・・
そんな場面も多々あったのではないかと思います。
この日の企画時間は、たった3時間半。
そしてグループも、今日結成したばかり。
ですが、どのグループも50分間の充実したワークショップを企画していました。
講座の中で「合意形成と他者理解のエクササイズ」をたっぷりと体験してこられたみなさんの成果を、思う存分発揮していただいたのではないかと思います。


実施の後は、他のグループの内容を”ぐるぐる発表会”で共有します。
みなさんが企画している最中、修了生スタッフの矢部さんを中心につくっていたグラレコ。
これを参考に、発表を聞きに行くグループを決めている受講生もたくさんいました。
a0197628_15520115.jpg
a0197628_15522121.jpg
そして最後は「WSD再考」と題した苅宿先生の講義。
a0197628_15542560.jpg
a0197628_15542610.jpg

「自明性への気づき」
「無意識の意識化」
「代替不可能性」
・・・
講座序盤で学んだワードも、いま改めて聴くと経験を通して理解が深まっていることに気づくのではないでしょうか。

この日をもって、120時間・3ヶ月にわたるワークショップデザイナー27期の講座は全て終了!
あ!っという間の3ヶ月でしたね。
お仕事をしながら、どんどんやってくるeラーニングの締め切り、そして一筋縄ではいかないグループでの企画。
厳しい寒さも相まって、大変な3ヶ月だった!という方も多いのではないかと思います。
その濃厚な時間で、「27期」というコミュニティも日に日に育まれていきました。

以下、受講生からの感想です!

・「まさかの3時間でWSが作れる」「共通言語があることでGWが円滑に進む」この2点が今日の大きな気づきでした。

・最終日にこんなガッツリワークがあるとは全く覚悟していなかったが、この3ヶ月でほとんど話したことのないメンバーで、たった2時間でWSを作ってしまうという今までに最大のムチャぶりが楽しみながら出来てしまった今、驚きでもあり当たり前でもあると感じていることに自分の成長を感じます。

・ここへ来て良かった。自分の特性に自信がついた。相談できる仲間と出会えた。ポジティブな場でした。

他にもたくさんのご感想をいただきました。

改めまして、27期のみなさん3ヶ月本当にお疲れ様でした!
そして、講師のみなさま、実習にご参加くださった修了生のみなさま、ご協力いただいた実習校やコーディネーターのみなさま、ありがとうございました!

今後も、本プログラムでの学びに加え、同期や修了生のつながりも生かしながら様々なフィールドでご活躍されることを、事務局一同心よりお祈りしています!


[PR]



# by aogakuwsd | 2018-03-27 16:15 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップの省察!

3月24日(土)、27期の対面講座はワークショップ実践科目2・演習3。
子ども向けワークショップの省察を、まる1日かけて行いました。

この日は久しぶりにA・B・Cクラス合同での講座!
約80名の受講生が集まった会場では、再会を喜ぶ声も聞こえてきました。
a0197628_13351208.jpg
この日の講師は、渡邊明さんです。
a0197628_13514718.jpg
さて、本日最初のプログラムは、「ファシリテーションの振り返り」。
実習当日に撮影した観察映像を用いて、自身のファシリテーションを丁寧に分析していきます。

まずはじっくり映像を見て分析する場面を選んで・・・
a0197628_14051743.jpg
a0197628_14051817.jpg
「F2LOモデル」も活用しながら参加者との会話を書き出し分析します。
働きかけや声かけの意図はなんだったか?
自分のファシリテーションのフィット感はどの程度あったか?
丁寧に丁寧に見ていきます。
a0197628_14060143.jpg
「自分の映像を見るのはちょっとイヤ・・・」という声も聞こえてきますが、映像というエビデンスを用いて振り返るからこそ見えてくることもあります。

自己分析後は、実習当日に映像を撮ってくれた観察者とペアトーク。
a0197628_14315676.jpg
a0197628_14305092.jpg
観察者から客観的にみると、どのようなシーンだったのか?
視点を変えて考えてみると、その働きかけには他にどんな選択肢がありえたか?
観察者と一緒にシミュレーションすることで、ファシリテーションの引き出しを増やしていきます。
WSDが大事にしている省察では、ただ「よかったね」「悪かったね」と振り返るだけではなく、次につながるように丁寧に振り返っていきます。


じっくりファシリテーションの振り返りをした後は、「ファシリテーションで最も大切にしたいことは?」という問いについて考えます。

まずはひとりで考えて・・・
a0197628_14374723.jpg

会場内を歩き回って見せ合い・・・
a0197628_14375396.jpg
a0197628_14380693.jpg

グループになって共有していきました。
a0197628_14392898.jpg
a0197628_14392890.jpg
この講座中に考えた内容を、修了後に実践の場を重ねた後に振り返ってみると、変化したことや変わらず大切にしている軸などが見えてくるかもしれませんね。


最後はおなじみ「GAPモニタリング」。
ワークショップをともに企画してきたメンバー間で、メッセージを贈り合います。
メッセージと言っても、グループメンバーの「良さ」に着目してその人の特質を言葉にしていきます。
そして誰について書かれたものなのかを書かず、読み上げて「当てっこ」をしていきます。
a0197628_14450652.jpg
a0197628_14450760.jpg
a0197628_14451278.jpg

限られた時間で、考え方やコミットできる時間なども異なるメンバーで協働しながら企画を進めてきたみなさん。

時には、辛いことや大変なこともあったのではないかと思います。

この日のこのワークで、グループは解散。

最後のワークでそれぞれメッセージを贈り合い、どのテーブルにも笑顔と熱気にあふれていました。

自分自身について「他者の視点」を借りながら振り返ったこの日。

WSDでの共通の経験や学びがあったからこそ、対話を通した学びが深まっているように思います。



そしてこの日も修了生の矢部さんが講座の様子をグラフィックレコーディングにまとめてくれました!

a0197628_14502208.jpg

以下、受講生からの感想です!


・自分を動画で見てみることで無意識なクセに気がつけました。


・実践した時間以上に振り返りの時間をとることで、何倍も何百倍も深い学びになることをWSDを通して学びました。


・グループメンバーにはそれぞれのバックボーンがあり、各々の感じ方の違いや前提条件を共有できることで多くの学びを得られる機会でした。学びほぐしってこういうことだなと思いました。



翌日は最終日です!


[PR]



# by aogakuwsd | 2018-03-27 14:58 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップの実習!

3月10•11•18日に、子ども向けワークショップの実習を行いました!
この実習では、iPadと「逆転時間」というアプリを用いて、小グループに分かれて作品づくりをしていきます。
a0197628_18293094.jpg
a0197628_18304290.jpg

受講生はファシリテーターとして子どもたちの主体的な活動を支援します。
a0197628_18303419.jpg
a0197628_18300280.jpg

発表会では、みんなで考えながら作った作品を上映。
どのクラスも、子どもたちの笑顔を元気いっぱいのエネルギーであふれていました!
a0197628_18502706.jpg
a0197628_18502751.jpg
a0197628_18502609.jpg
ワークショップの間、他時間帯に実習を行うグループがiPadを使って観察を行います。
子どもたちとのやりとりを記録したこの観察映像を素材とし、次回の講座ではファシリテーションの分析を行います。
a0197628_18582130.jpg
a0197628_18582239.jpg

朝から実習に観察にと休む間もなかったみなさんですが、ワークショップ終了後は早速プログラムデザインの振り返り。
感想を述べ合うだけにとどまらず、プログラムや仕掛けの「意図」を再確認し、そこから本当の課題を見つけていきます。
a0197628_19011391.jpg
a0197628_19011259.jpg
a0197628_19011421.jpg
そして最後は、ワークショップをじっくり観察していた講師が、受講生の実際のファシリテーションを「F2LOモデル」を用いて解説。
実習という体験を、すぐ学びの素材として活用していきます。
a0197628_19053202.jpg

実習は、講座時間が通常より2時間長くなっています。
朝から夕方まで、子どもたちとの活動にリフレクションに・・・と濃密な1日を過ごされたみなさん。
次週は、この日の観察映像を用いて、じっくりファシリテーションの会話分析をしていきます!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-03-20 19:11 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップのリハーサル!

3月4日・3月11日に、ワークショップ実践科目Ⅱ演習2を実施しました。


この日の内容は、子ども向けワークショップの企画とリハーサル。
リハーサルは120分のプログラムを45分に短縮し、 翌週の実習に向けて全体を通してやってみました。
a0197628_16225658.jpg
a0197628_16234931.jpg
a0197628_16240665.jpg
この日の参加者は、子どもたちのかわりに他グループの受講生がつとめます。
大人相手とはいえ、実際に参加者を前にしてプログラムを進行してみると、よくできた部分とまだまだ改善が必要な部分が明確になってきます。


リハーサル中は、講師がリアルタイムでファシリテーションについて解説。
「F2LOモデル」も用いながら、参加者の反応や場の関係性や見ていきます。
a0197628_16245008.jpg

リハーサル終了後は参加者と講師からのフィードバックコメント。
a0197628_16255017.jpg
a0197628_16255968.jpg
a0197628_16253205.jpg
講師からは、
「ワークショップのコンセプトに『コミュニケーション力』とあるが、みなさんの考える『コミュニケーション力』って何ですか?」
「わかりづらいのでもっともっと説明をシンプルに、1年生でもわかるようにしてみてはどうか」
「掛け声や抑揚などを意識するだけでも、場にメリハリが出て雰囲気も変わる」
など企画のコンセプトや具体的なプログラムの仕掛け、そしてファシリテーションなど、あらゆる視点でのコメントをいただきました。

その後は企画タイム。
プログラムの細かなすり合わせや、ファシリテーションで大切にしたいことなど、机上での話し合いに加え、実際に逆転時間をやってみたりしながら当日に向けて話し合いを進めていきました。
a0197628_16274070.jpg
a0197628_16272545.jpg
a0197628_16275562.jpg

翌週はいよいよ実習当日です!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-03-13 16:29 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】子ども向けワークショップの企画!

2月25日・3月3日に、ワークショップ実践科目Ⅱ演習1を実施しました。
前回の研修では、90分間のワークショップで参加者である小学生を観察しましたが、今回からはいよいよ2週間後の実習に向けて企画が始まります!

実践2の講師は、
濱野 英巳さん(慶応義塾大学 麗澤大学 日本女子大学 武蔵大学 非常勤講師)
宇田川 久美子さん(相模女子大学 准教授)
田島 美帆さん(青山学院大学社会情報学研究所特別研究員)
武田 信彦さん(うさぎママのパトロール教室主宰、安全インストラクター)
井上 愉可里さん(合同会社デジタルポケット デザイナー、ワークショップデザイナー)
以上のみなさんです!

まずは、グループで自己紹介。
a0197628_19350004.jpg
a0197628_19344924.jpg
この日からクラスごとに分かれて新たなグループでの企画が始まります。
対面講座開始から2ヶ月ほど経ちましたが、80名近くの受講生の中にはまだ「はじめまして」の方どうしもたくさん。
多様なバックグラウンドのメンバーで合意形成をしながら企画をつくっていきます。


さて、自己紹介が終わったら、今回子どもたち向けに実施する「逆転時間」の体験。
「逆転時間」は、撮影した動画を逆再生できるツールです。
a0197628_19534465.jpg
a0197628_19535920.jpg
a0197628_19535528.jpg
a0197628_19540916.jpg

撮影した動画を、みんなで鑑賞。
a0197628_19555252.jpg
a0197628_19562986.jpg
子どもたちに実践する前に体験し、「どんなところに面白さがあるか?」を考えました。


午後からは、早速企画づくり。
今回、「逆転時間」というコンテンツそのものは決まっていますが、言い換えれば「決まっているのはコンテンツだけ」。
目的やゴールイメージ、プログラムの詳細やメンバーの役割分担など、議論を重ねていきました。

a0197628_19584379.jpg
a0197628_19582719.jpg
a0197628_19584893.jpg
a0197628_19583101.jpg
そして、プログラムの一部分を早速リハーサルしてみます。
a0197628_20003425.jpg
ワークショップのファシリテーターや参加者などの関係性を「F2LOモデル」を用いて講師が実況中継。
a0197628_20005126.jpg
終了後は参加者役の受講生に感想を聞く時間や、講師からのフィードバックをもらう時間もありました。
a0197628_20005540.jpg
a0197628_20082580.jpg
次週も引き続き企画とリハーサル。
実習に向けて、各会場にはすでにたくさんの子どもたちからの申し込みがあり、当日を楽しみにしてくれています。
企画の時間は限られていますが、27期最後の実習、様々な挑戦と学びの場となることを願っています!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-03-06 20:14 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】ワークショップ参加者の「観察」をしました

2018年2月18日、24日、25日。
青学WSD27期、全13回の対面講座も8日目。
この日からは後半戦、ワークショップ実践科目2に入り、研修を実施しました。

ワークショップ実践科目1では主にプログラムデザインを意識して実践して来ましたが、ワークショップ実践科目2では、ファシリテーションについても学んでいきます。

この日の講座では、小学校に赴き「話して、つくって、演じてみよう!」という90分間のコミュニケーションワークショップを見学しました。
ファシリテーターはNPO法人PAVLICのみなさん。
全国の教育現場などで「コミュニケーション能力向上」「防災」といったテーマで、演劇的要素を取り入れたワークショップを年間100回以上実施されています。
メンバーは、俳優や脚本家、演出家として活動されています。
a0197628_15424644.jpg

この日の講座では、まずは午前中にペアでワークショップの参加者(小学生)を観察します。
そして午後は、観察したことをペアで話をして共有。
それにより、どのような点に着眼して観察したかという「自分の見方の特徴」に気づいたり、自分にはなかった視点を知るということを行いました。
さらにグループになって「視点」の共有をして、さらに幅を広げていきます。

ひとりの参加者を90分間観察し続けるのは、普段なかなか経験できないことですが、この回の講座ではあえてそれを行います。
今後のファシリテーションに備えて、参加者から表出している体の動きや会話内容などを見取り、より場や人にフィットした働きかけをすることに役立てるためです。


「迎え入れの段階からワークショップは始まっています」と、午後の講座でファシリテーターからコメントがあったのですが、実際に参加者を迎え入れる部屋の準備や、入ってきた時の声がけなどにもファシリテーターは注意を払っていました。
子どもたちと個別にお話をしたり、ホワイトボードに絵を描いてみたり。
a0197628_15402742.jpg
a0197628_15411845.jpg

この「迎え入れ」の時間で、ファシリテーターはだんだん増えていく参加者をよく観察していました。
a0197628_18542510.jpg


開始の時間が来てスタートすると、まずはファシリテーターの自己紹介。
続いてウォーミングアップを行います。
「ウォーミングアップの内容は、(室温や広さ、明るさなど)会場の状況や参加者の状況によって当初の予定から変更することもあります」と、事後にファシリテーターから説明がありました。
a0197628_18571319.jpg

ウォーミングアップが終わると、参加者たちは5人ほどの小グループに分かれて創作活動を行いました。
受講生はその周りから参加者を観察し、体の動き、発言などの記録を丁寧にとり、午後の学びの素材にします。
a0197628_18552786.jpg


創作タイムが終わると、中間発表。
a0197628_15462675.jpg
それぞれのグループの発表が終わると、ファシリテーターは「こういうところが良かった」「〇〇ちゃんがやっていることが、△△に見えたね」「途中でやってたことは、どういうことを表していたの?」など、良かった点や、次の創作につながるような具体的なコメントをしていきました。

それを受けてもう一度グループワークを行い、作品を発表します。
観ていたグループのメンバーからも感想などが出てきます。
最後に今日のワークショップの感想や気づいたことなどをグループで話をしてもらい、終了しました。




ワークショップは午前中に終了しましたが、受講生の学びはまだまだ午後も続きます。

まず、同じ子どもを観察していたペアと共有を行います。
同じ参加者を見ていても、どの部分に注目しているかによって、見取ったことや、そこから想像した内容が違うということも多々あります。
あえて同じ子どもを受講生2人で観察することにより、自分の観察の特徴や、自分になかった視点などをお互いに気づくことができたようです。
a0197628_19014515.jpg
その後は、小グループでの共有。
ここでは、人数を増やして共有することで、「観察の視点」をさらに広げていきます。
a0197628_19032373.jpg
a0197628_19035709.jpg

午後の後半は、ファシリテーターに話を聞く時間。
まずはそれぞれのグループ活動についていたグループファシリテーターからのお話を聞きます。
参加者をどのように見取り、ワークショップの目的に沿うようにどうファシリテーションをしていたのか・・・など、話はつきません。

例えば・・・
グループの輪から少しだけはみ出ていると「参加度が低い」と見とることもできそうですが、あるファシリテーターは
「あの場面で体ごとよそを向いていたら、声をかけたかもしれないですが・・・
 距離は少し離れていたけれど体はこちらに向いていて、話は聞いていたんです。」
と話してくれました。
一見参加度が低そうに見えても、実はその子なりにじっくり楽しんで参加している場合もある、ということですね。
参加者の身体や表情から見とれる事実を、視点を増やしてなるべくたくさんキャッチできるようになると、多くの情報を得られて場にフィットしたファシリテーションができるようになるのではないかと思います。

a0197628_19063255.jpg

最後に、メインファシリテーターを含めた4名の講師のお話。
ワークショップの最中に起きていたこと、ファシリテーションを複数人のグループで行うことの有益性などについてお話を聞きました。
a0197628_19070636.jpg

これから受講生の皆さんは新しいグループでワークショップを企画し、実習へと進みます。
この日に得たことを、実践の中で活かしていただけるのではないかと思います!


[PR]



# by aogakuwsd | 2018-03-04 19:20 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期 大人向けワークショップの省察!

2月17日(土)、青学WSD27期のみなさんは、相模原キャンパスにて大人向けワークショップの振り返りを行いました。

まずは、苅宿先生の講義から。
a0197628_18551455.jpg
事前に予見をしておく「マッチング」、実施中のワークショップと参加者との「フィット感」。
固定化した「当たり前」=「無意識」を「意識化」すること、そしてそれが「気づきのデザイン」であり、今回のワークショップのテーマだった「学びほぐし」につながること。
・・・などなど、1月初旬の基礎理論科目以来、ワークショップの体験・企画・実施と駆け抜けてきたこのタイミングで改めて聞く講義は、様々な気づきがあったのではないでしょうか。
a0197628_11091475.jpg


さて、講義の後は、実施したワークショップの振り返りです。
この日の講師は、引き続き内山厳さんです。
a0197628_11113414.jpg
前週、参加者の感想を素材にして「プログラムデザインの本当の問題」を特定したみなさん。
この週はその「本当の問題」から、それを解決するための具体的なアイディアを出し、改めてプログラムデザインを練り直しました。
a0197628_18551674.jpg
a0197628_11123501.jpg
グループで話し合って・・・

a0197628_18551680.jpg
手作りの企画書に落とし込みます。
a0197628_11140270.jpg
a0197628_18551985.jpg
a0197628_18553638.jpg
WSDでは、「省察」を大切にしています。
ワークショップの場作りは、どの場でも通用する正解があるのではなく、その場その場の状況に依存しています。
講座内では知識を積み上げていく従来型の学習スタイルだけではなく、実践したことから学び続ける「省察によるスパイラルな学習モデル」を通して、経験の質つまり「実践知」を得て、次の場作りに向けて「類推の質」を高めていくというプロセスを体感します。



グループワークの後は、個人で考える時間。
「ワークショップのプログラムデザインで大切にしたいこと」を一人ひとり考え、マグネットテーブル方式で受講生どうしの共有を行いました。
a0197628_18553877.jpg
a0197628_18554087.jpg
a0197628_18553929.jpg
a0197628_18554057.jpg
「参加者の心に火をつけること」
「没入に向けたつながり」
「自分がわくわくすること」
「正解を設けない」
・・・など、様々なキーワードで対話を深めていきました。


ここまでは、ワークショップのプログラムデザインについての振り返りですが、それだけでは終わりません。
ワークショップでワークショップを学ぶWSDでは、企画自体も多様なメンバーとの協働的な活動のなかで進めていきます。
そのグループワークそのものについても、「GAPモニタリング」という手法を用いて振り返りをしていきました。
グループメンバーの良さに着目し、特質を見抜いて「ギフトメッセージ」を贈り合い、自分自身を振り返った「セルフモニタリング」結果とのGAPを分析していくこのワーク。
他者の視点を借りながら、グループワークにおける自分自身を振り返ることができます。
a0197628_18561745.jpg
a0197628_18561947.jpg
a0197628_18561979.jpg
a0197628_18561873.jpg
a0197628_18562095.jpg
ゲーム感覚で自分宛てのメッセージを当て合うこのワークは、随所で笑い声や驚きの声、納得のため息などなどがみられました。


この日はCクラス担任の大松さんがグラフィックレコーディング担当。
ちなみに講座内でつくるグラレコは、毎回講座後に壁に貼りだし、また後日受講生へデータで提供しています。
a0197628_18551809.jpg

本日の感想は・・・

「苅宿先生の講義で、点と点に線がかかっていく感覚を持ちました」
「ワークショップを通じてワークショップを学ぶことを体感できました」
「他者とのやりとりを通して、学べることや得られる気づきは多いと感じた」

などなど、たくさんいただきました。

実践Ⅰのグループはこの日で解散し、実践Ⅱではクラスごとに新たにグループを作って活動が始まります!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-02-27 11:32 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期1回目の実習が終了しました!

2月11日(日)、27期ワークショップ実践科目Ⅰの実習を行いました!
2週間かけて、大人向けのワークショップを企画してきた27期のみなさん。
バックグラウンドが異なる5−6名のグループに分かれて合意形成を進めてきて、いよいよ本番。

a0197628_17260451.jpg
a0197628_17270684.jpg
a0197628_17262362.jpg

a0197628_17265214.jpg
a0197628_17263421.jpg
a0197628_17254442.jpg
今回のテーマは「学びほぐし」。
そこからコンセプトをやゴールイメージを考えていき、さまざまなプログラムが生まれました!



実習直後には、参加者からのフィードバックタイム。
「楽しかった・夢中になれたこと」
「やりづらかった・違和感を感じたこと」
をふせんに記入し、実施者と共有していきます。
a0197628_17343206.jpg
a0197628_17340733.jpg
a0197628_17325910.jpg

その後は講師からのフィードバックタイム。

a0197628_17352970.jpg
a0197628_17354678.jpg
a0197628_17355729.jpg
a0197628_17381907.jpg
a0197628_17384866.jpg

講師の皆さんは、前週から各グループについて、相談会やリハーサルを担当していただきました。
優しく、時に厳しく。
グループひとつひとつのプログラムデザインについてフィードバックをいただきました。



そしてその後は早速リフレクション。
参加者からもらった感想を素材に、プログラムデザインについて振り返っていきます。
このリフレクションでは、実施したプログラムをさらにブラッシュアップしていくのですが、すぐに「改善策」を考え始めるのではなく、「本当の問題」を見つけ出すことからはじめます。

a0197628_17395269.jpg

参加者からは様々な感想をいただきましたが、「そもそもプログラムデザインの意図はなんだったのか?」を再確認し、その意図と参加者からもらった感想とを照らし合わせて「本当の問題はなんだったのか?」を考えていきました。

a0197628_17411033.jpg
a0197628_17401267.jpg

翌週の相模原キャンパスでの省察では、この日に探った「本当の問題」をもとに、具体的な改善策を考えていきます。


最後に、講師からのメッセージ。


「みなさんそれぞれに、自分の『軸』ができてきているのでは。
 軸を持って、確信を持ってこのデザインにした、と言えるようなワークショップデザイナーになって欲しい。」

「ワークショップは『楽しくあるべき』だと思う。
 楽しいことは長期記憶に残りやすいし、楽しい時ほど人は自分の癖を出しやすい。
 夢中になる経験を通して、自分の『自明性』に気づく。」

「白熱したグループワークでの議論プロセスも大事。
 普段の仕事とは違う議論の場で、自分の癖なども知ることができたのでは。」

など、ワークショップデザインのみならず、多様なメンバーでワークショップを作り上げたその過程についてもメッセージをいただきました。


参加者からも、

「講師からのコメント、修了生・同期からのフィードバックはとても気づきが多かった」

「リフレクションの大切さ、協働の大切さ、自分の強み・弱点、他者の才能・・・
 非常に多くのことを気づける実習でした。」

などのご感想をいただきました。

翌週は、相模原キャンパスでの省察。
1日かけてプログラムデザインについて振り返ります!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-02-20 17:45 | Comments(0)

【青学WSD】ワークショップの企画・リハーサルを行いました!

2月4日(日)、実習に向けて大人向けワークショップの企画・リハーサルを実施しました!
この日は、講師への相談やリハーサルで「やってみる」ことを通して、企画したWSをグループで考えていきました。
a0197628_14084352.jpg
今回の講師陣は、企業研修や教育機関でのコミュニケーション教育など、
様々な現場でワークショップを実践されいている方々です。

a0197628_13070425.jpg
鵜川洋明さん(ミラクカンパニー代表取締役)

a0197628_13030147.jpg
内山厳さん(青山学院大学客員准教授/G offece代表) 

a0197628_13032741.jpg
小島潤子さん(ワークショップデザイナー/コミュニケーションコンサルタント)

a0197628_13035097.jpg
田野邦彦さん(演出家 /ワークショップデザイナー)

a0197628_13041008.jpg
林成彦さん(演出家/ワークショップデザイナー)


まずは、講師への相談会です。
コンセプトや内容、企画づくりでの悩みやモヤモヤを講師に相談。
各グループのワークショップをより良くしていくためのアドバイスをもらいます。
a0197628_13044357.jpg


そして、リハーサル!
他グループの受講生に参加者となってもらい、ワークショップ開始時の迎え入れから終わりまで、通してやってみます。
a0197628_13051286.jpg
a0197628_13052006.jpg
体を使ったり、絵を描いてみたり・・・
さまざまなワークショップが生まれました。


リハーサルの後は、参加者からのフィードバックタイム。
a0197628_13054357.jpg
参加してみて率直に感じたこと・気づいたことを共有します。


そしてお待ちかね、講師からのフィードバックです。
a0197628_13022834.jpg
「『学び』『気づき』の押し付けになっていないか?」
「個人ワークが多いので、参加者どうしが重なり合い、混ざり合う時間をもっと取り入れてはどうか」
「設定したゴールイメージに到達するためには、もう少しワークの内容に検討の余地がある」
など、実践的なフィードバックをたくさんいただきました。

リハーサルをやってみて、また参加者や講師からのフィードバックを受けて、更に企画を詰めていきます。
a0197628_13062601.jpg
a0197628_13063766.jpg
大事にしたいところやブラッシュアップが必要なところが明確になったり、中には更にモヤモヤが深まったグループも?

講座の最後に、講師のみなさんから改めてメッセージをいただきました。
a0197628_13591485.jpg
「『気づき』という言葉がたくさん出てくるが、本当に『気づき』が生まれているのか?『再確認』にとどまっていないか?」

「グループメンバーの『専門性』を活かしあえているか?それぞれの専門性を持ったメンバーの提案がつながって、『面白い』ものができるのだと思います。」

受講生からも、

「机上の議論だけでなく、やってみることで分かることがたくさんありました。」

「協働の困難さを実体験中。来週、良いワークショップにしたいと思います。」

「実践を通して学びが深まっているように感じています。」

などなど、たくさんのご感想をいただきました。
講座の前後も教室を開放し、その時間をめいっぱいに使って企画を立てるグループも。
講座時間内で企画をまとめるグループもあれば、この1週間の間にオンラインや対面でミーティングを重ねたグループもあり、話し合いの進め方そのものについても、グループで合意形成をしながら進めていきます。

来週はいよいよ実習です。
この日のリハーサルを踏まえ、どのようなワークショップになるか?楽しみですね!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-02-06 19:42 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期 ワークショップの企画が始まりました!


1月28日(日)、青学27期は「ワークショップ実践科目1・演習1」の対面講座でした。
この日から、受講生はクラス混合で15のグループに分かれ、ワークショップの企画をしていきます。

まずは、グループに分かれて自己紹介タイム。
a0197628_20595524.jpg
このグループは、バックグラウンドがなるべく多様なメンバーとなるよう丁寧に設計しています。
対面講座も4回目を迎えましたが、約80名の受講生の中にはまだまだ話したことのない人もたくさん。
今回の自己紹介タイムにも「はじめまして」が聞こえてきました。
a0197628_20595503.jpg
このメンバーでこれから1ヶ月、ワークショップの体験・企画・実施・省察をしていきます!


自己紹介の後は、本日の講師・内山厳さん(青山学院大学准教授・G office代表)のワークショップを体験。
a0197628_20595883.jpg
演劇のご経験をバックグラウンドに、企業研修などでご活躍されています。

ランダムに歩いてみたり・・・
a0197628_20595716.jpg

何人かで拍手をしたり・・・
a0197628_21130643.jpg
声を出したり体を動かしたり、ウォーミングアップで徐々にほぐれていく受講生の皆さん。


演劇的要素が組み込まれた内山さんのワークショップでは、こんなシーンも。
豪快な平手打ち!(注:演技です)
a0197628_20595771.jpg

その後は、グループに分かれて小さなストーリーをつくります。
a0197628_20595839.jpg
そして、上演!
a0197628_20595946.jpg

a0197628_20594542.jpg
演技やストーリー創作経験がなくても、徐々に夢中になり、最後は大盛り上がり!


体験だけで終わらないのがWSDです。
午後は、講師の丹羽將喜さんと一緒に、実際に参加したワークショップに組み込まれた「仕掛け」について考えていきます。
a0197628_20594640.jpg
「どんな仕掛けがあったのか?」
「その意図は?」
修了生スタッフの矢部さんが作成したグラフィックレコーディングも活用しながら、まずは自分たちで考えていきます。
まさに、WSDの特長でもある「ワークショップをワークショップで学ぶ」時間です。
a0197628_20594695.jpg
a0197628_20594680.jpg
その後は、このワークショップをデザインをした内山さんによる解説。
a0197628_20595098.jpg
丁寧に設計されたプログラムの「仕掛け」「意図」について、質疑応答を交えながら学んでいきました。


その後はグループに分かれて実習に向けた企画づくりです。
a0197628_21515293.jpg
a0197628_20594922.jpg
2月11日の実習まで、2週間。
「目的は?」
「コンセプトは?」
「具体的な活動内容は?」

短い時間で、また多様なメンバーで合意形成をしていきます。
苅宿先生の言葉を借りれば、ワークショップは「他者理解と合意形成のエクササイズ」。
まさに、企画づくりのプロセスでそれを体験していきます。

「プログラムデザインは、実際にやってみると非常に大変!」
「これまでの学びをいろいろと活かして試したい」
受講生からも様々な感想をいただきました。

翌週は、企画したワークショップのリハーサル。
どんなワークショップが生まれるのでしょうか?


[PR]



# by aogakuwsd | 2018-02-01 21:39 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期 対面講座3日目

2018年1月20日(Aクラス)、21日(Bクラス)、27日(Cクラス)に身体表現ワークショップを体験しました。

2日間の基礎理論科目に続き、今回から「ワークショップ実践科目1」に入りました。「研修」→「企画」→「実施」→「振り返り」という流れで進むワークショップ実践科目1の初日にあたる今日は、身体を使ったワークショップに参加し、リフレクションを行いました。

講師(ファシリテーター)は、体奏家(たいそうか)の新井英夫さんとアシスタントの板坂記代子さんです。
新井さんは野口体操をベースにした身体ワークショップを、福祉施設・教育施設・公共ホールなどから依頼され、目的に応じて幼児や親子・若者・高齢者など幅広い方を対象に行っています。

講座が始まると、円になった受講者と太鼓やフエを使ったり、握手をしたり、言葉を発せずに挨拶をしていきます。

a0197628_16102868.jpg
a0197628_16102997.jpg

ノリノリで挨拶する人、ちょっと怪訝そうな人、何が始まるんだろうとワクワクした表情の人。
人それぞれ、身体・気持ちの状態が異なる中でのスタートでした。
この時、新井さんは一人ひとりの参加に対する戸惑いや反応のスピードなどを伺っていると、この挨拶が終わった後に説明がありました。



まずは、午前中いっぱいを使って、ワークショップを体験。
自分の感じたことを起点とした振り返りは午後に行いました。
a0197628_16103975.jpg
a0197628_16104030.jpg
a0197628_16103055.jpg
a0197628_16104101.jpg



約3時間のワークショップの中には、受講生の参加度を高めていくために様々なプログラム上・音環境などの仕掛けもありました。
a0197628_16104188.jpg


午後は、ワークショップ体験を丁寧に振り返ります。
自分のテンションを可視化・言語化することで、自分が体験したことを振り返りながら俯瞰していきます。

a0197628_16104933.jpg

相互インタビューや4人組での共有では、「なぜそう感じたの?」「それってどういうこと?」といった他者からの問いかけによって、普段意識していない自分の「当たり前」に気づいたり、他者の当たり前と自分の当たり前のズレを認識したりしました。

a0197628_16105011.jpg
a0197628_16105083.jpg
a0197628_16105184.jpg


全クラスが研修を終えた翌日28日からは、グループに分かれてワークショップ実習に向けた企画が始まりました。
その様子はまた改めてお伝えします!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-01-30 16:36 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期 対面講座2日目!

1月14日(日)、27期の対面講座は2日目を迎えました。
この日は苅宿先生の講義とワークが中心です。

午前中の講義タイトルは、「ワークショップを学習としてとらえる」。
学習観や学習環境デザインを踏まえて、ワークショップデザイナーの専門性を考えていきます。
a0197628_17261705.jpg
「できる」=行動主義学習観、「わかる」=認知的学習観、そして「分かち合う」=社会構成主義学習観。
ワークショップの背景理論となるこの「社会構成主義学習観」について特に詳しく解説がありました。

考え方・価値観や文化が異なる人同士で関係性を築きながら、新たに意味形成をしていく。
この過程には、自分の持つ「当たり前」が時に覆されたり、対立が生まれることもあります。
そこで重要になってくるのが「参加」や「対話」、そしてその「場」としての「ワークショップ」です。
a0197628_17280649.jpg
社会構成主義の代表的理論として、ヴィゴツキーの「発達の最近接領域」やレイブ&ウェンガーの「正統的周辺参加」についても解説がありました。
理論に加え、具体的なエピソードと結びつけた解説。
受講生のみなさんもより理解が深まり、記憶が定着するのではないかと思います。

修了生にはおなじみ(?)の、「好きな色は?」のワークで「代替不可能性」を体感。
a0197628_17284643.jpg


続いてのテーマは「ワークショップデザインとその根源」。
「協働性」「即興性」「身体性」そして「自己原因性感覚」などをキーワードに講義が進みました。

割り箸を使ったワークもあり・・・
a0197628_17293302.jpg
原因性感覚を体感するためのワークで登場したのが、ハッピ型コミュニケーションツール「ビタハピ」。
a0197628_17300131.jpg
えりや袖など、5カ所の色の組み合わせを使ってグループを作ることができるツールです。
このツールを使い、受講生同士でグループを作って対話を深めました。
a0197628_17305364.jpg
a0197628_17305497.jpg
a0197628_17310842.jpg

講義では難解なキーワードも多々出てきましたが、一度に「わかる」ことを目指すのではなく、体を動かしたり、受講生同士の対話をしたり、徐々に徐々に理解を深めていく・・・この「螺旋的な学び」がWSDの特徴でもあります。


さて、午後のテーマは「ワークショップの必然性を考える」。
社会構造の変化を通してワークショップへの理解を深めていきました。

「多元社会の不可避」「共生社会の不可能」といったキーワードや、
多文化主義、移民問題、教育現場、障がい、ヘイトスピーチ、雇用問題・・・
様々なテーマを通して、社会で生まれている課題が多様で複雑になっているいま、ワークショップデザイナーとしてできることを考えていきました。
a0197628_17324355.jpg

「社会課題は、場所や期間が限定的。
 だから、それにフィットしたワークショップのデザインが必要になってくる。」
「一見無関係に見える、様々な職業の人たちが、あるときワークショップデザイナーになる。
 この力に大きな可能性が期待できる。」

苅宿先生のメッセージも、講義が進むにつれますます熱気を帯び、受講生のみなさんも熱心に耳を傾けていました。


その後は、「即興性」を体感するために「カタルタ」を使ったワークを行ったり・・・
a0197628_17330596.jpg
a0197628_17331746.jpg

eラーニングのレポートを受講生同士で共有したり・・・
a0197628_17334318.jpg
a0197628_17332615.jpg
講義にワークに、盛りだくさんの1日でした!


本日のグラフィックレコーディングも、24期修了生の矢部さんが、つきっきりで描いてくださいました。
a0197628_17341965.jpg

次回は3クラスに分かれ、体奏家・新井英夫さんのワークショップを体験します!

[PR]



# by aogakuwsd | 2018-01-18 17:38 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】27期講座がスタートしました!

201817日(日)から、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム2018年度第1期(27期)の対面講座がはじまりました。


学びが盛りだくさんの初日、午前中は平田オリザさんのWS体験でスタート。

a0197628_15505823.jpg

ワークショップの体験とともに、随所にワークショップデザインについてや、知っていてもらいたいポイントの解説をしながら進む、「入れ子型」のデザイン。
頭と体で学びを体感します。

a0197628_15510412.jpg
                             
a0197628_15511040.jpg

演劇的要素もふんだんに取り入れた講義とワークでしたが、”演劇について学ぶ”のではなく、演劇という切り口を通して他者との”ズレ”やコミュニケーション、
ワークショップについて学んでいきました。


a0197628_15511643.jpg


受講生のみなさんからは、


「平田オリザ先生の講座に刺激を受けました。自然に流れていくうちに、緻密な作り込みがあることを知り、WSの奥深さを改めて実感しました。」


「演劇ワークショップの持つ可能性を学べて感激した。ワークショップ自体の多様性とともに、適切な意図を持って使うことの重要さも知ることができた。」


などの感想をいただきました!



そして今期も修了生スタッフがグラフィックレコーディングに挑戦中!

24期修了生の矢部さんと、21期修了生の大松さんに取り組んでいただきました。

イラストを取り入れながら、時系列で講座内容を可視化しています。

a0197628_15512570.jpg


a0197628_15512994.jpg

a0197628_15513480.jpg
a0197628_15513901.jpg


午後は、苅宿先生の講義。


WSDの学び方」や「大人の学びのポイント」を、修了生にはおなじみの「メタ認知」「無意識の意識化」等のキーワードや映像教材を使いて解説していきました。

a0197628_17491323.jpg
ニックネームひとつとっても、学びにつながります。

a0197628_15521646.jpg
講義だけでなく、ワークを体験することで学びを深めていきます。
a0197628_15522664.jpg


コミュニケーションのズレを体感するワークや、

a0197628_15523115.jpg
4分割にしたシートを用いて自己紹介も。

a0197628_15523568.jpg

最後は二人組になっての他己紹介。

インタビューでその人らしさを引き出します。

a0197628_17114740.jpg



受講生のみなさんからは、


「苅宿先生のWSについての学び方を聞き、今後3ヶ月の見通しが持てた。」

「苅宿先生のウワサの話が大きな気づきでした。大きな組織で混乱が起きる理由がよく理解できました。」


など、ワークショップを体験しての気づきについての感想をいただきました!


こちらは午後のグラフィックレコーディング↓

a0197628_15525090.jpg
a0197628_15525512.jpg
a0197628_15525982.jpg

受講生がその日の学びを振り返るお手伝いになれば!という思いでまとめています。


WSDでは、常に「振り返り」を大切にしています。

大人の学びは、階段的ではなく螺旋的。振り返ることで新たな気づきが生まれます。

だから、「一度学んで終わり」ではなく、何度も繰り返す中で学びを深めていくのです。


初日から、とっても濃厚な1日でした。

27期の皆さん、3ヶ月一緒に頑張っていきましょう!


[PR]



# by aogakuwsd | 2018-01-11 11:07 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】WS実践Ⅱ 子ども向けワークショップ!

すっかりご無沙汰してしまいましたが、本日は「WS実践科目Ⅱ 子ども向けワークショップ」の様子をお届けします。


基礎理論科目、WS実践科目Ⅰでの大人向けWSを経て、本プログラム最後の柱「WS実践科目Ⅱ」。

逆転時間という動画の逆再生アプリを使用した、小学生向けのWSの実践です。


WS実践Ⅱの1コマ目は、前回のブログでもお届けしたNPO法人PAVLICのみなさんを講師に迎えた「研修」です。

子ども向けのコミュニケーションWSを日々実践している講師のみなさんによるワークショップを、じっくり観察します。

WS実践Ⅱではプログラムデザインに加え、ファシリテーションについても重点的に学びます。

本プログラムでの頻出ワードのひとつに「フィット感」という言葉があります。

現場で起きていることや参加者とのフィット感を確かめながらプログラムを進め、ファシリテーターの働きかけを変えていく。

そのために、まずは参加者をよく見ることが非常に大切です。

自分の観察の仕方・視点を認識し、さらに他の受講生や講師との対話を通して新たな観察の視点を増やしていきます。

a0197628_18221541.jpg


観察を終えた次の講座からは、いよいよグループに分かれてワークショップの企画です。

コンテンツは決まっていますが、言い換えれば「決まっているのはコンテンツだけ」。

目的は?ゴールイメージは?ワークショップ2時間の流れは?メンバーの役割分担は?

新たに結成されたメンバーで、企画を進めていきました。

a0197628_18292645.jpg


企画をしながら、リハーサルも実施。

プログラムデザインを確認しつつ、実際にファシリテーションをやってみる中で気づくこともたくさんあります。

ファシリテーションに関しては、講師から現場を俯瞰して見る「F2LOモデル」を用いた解説もありました。

a0197628_18303015.jpg


そして実習本番!

今期は4クラスの実施でしたので、ワークショップの参加者も過去最多人数!

子どもたちが主体となり、グループに分かれて逆再生動画を制作していきます。

パワー溢れる子どもたちと一緒に、楽しみながら、時には苦しみながら?子どもたちの主体的な活動をサポートしていきました。

a0197628_18334280.jpg
a0197628_18334294.jpg

実習当日は午前と午後に分かれており、自分たちのグループの「実施」と他のグループの「観察」を行います。

この「観察」では、実施者のファシリテーションをiPadを使って撮影しました。

a0197628_18422212.jpg


実習の次の講座は、映像を使用した省察。

「自分がファシリテーションをしている姿を見るのは恥ずかしい!」という方もいますが、現場を捉えた映像をじっくりと見て、会話分析までする機会はなかなかありません。

さらに、ワークショップの現場をずっと見ていた観察者とペア対話をする中で、あらゆる視点でお互いのファシリテーションについて振り返ることができました。

a0197628_18425656.jpg


そして恒例の「ギャップモニタリング」。

グループメンバーの良いところや特質を、ギフトメッセージとして共有するこのワークは、ゲーム感覚で毎回楽しく盛り上がる時間となります。

それだけではなく、普段は気がつかない自分自身の特質を他者の視点を借りながら見つけていくこともできます。

ちなみにこのワーク、修了生の中には、「職場でやってみた」という方もいます!

a0197628_18441985.jpg


ワークショップの観察から企画、そして省察と、あっという間に駆け抜けた1ヶ月でした。


[PR]



# by aogakuwsd | 2017-12-12 18:48 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】ワークショップの参加者の観察をしました。

2017年10月15日、21日、22日、28日


対面講座も8日目。講座もいよいよ後半です。

1回目の実習、振り返りを終え、そこで体験したことや、振り返ったことを活かし、2回目の実習に向けての準備に入ります。ワークショップ実践科目1では主にプログラムデザインを意識して来ましたが、ここからのワークショップ実践科目2では、それに加えてファシリテーションについても学んでいきます。


ファシリテーションを行う上で、場や参加者にフィットした働きかけをするために必要になるのが「参加者をよく観察する」ということ。参加者や場をよく見て、起きていることを把握し、その上で想像を働かせて人や場にフィットする働きかけをしてもらうため、今日の講座ではワークショップの参加者(小学生)を観察し、その内容を他の人と共有することで自分の見方の特徴を知り、着眼点などを広げていきます。


まずは午前中に参加者を観察します。「話して、つくって、演じてみよう!」という小学生向けのコミュニケーションワークショップを行い、それに参加する小学生を90分、丁寧に見ていきます。ファシリテーターはNPO法人PAVLICの皆さんです。

PAVLICのメンバーは俳優や脚本家、演出家として活動されるのと同時に、コミュニケーション能力向上、防災などをテーマとする演劇ワークショップを、全国の教育現場などで年間100回以上実施されています。



「迎え入れの段階からワークショップは始まっています」と、午後の講座の中でファシリテーターからのお話の中にもあった通り、参加者を迎え入れる部屋の準備や、入ってきた時の声がけなどにもファシリテーターは注意を払います。



開始時間になると、半円になってファシリテーターの自己紹介。続いてウォーミングアップを行います。ウォーミングアップで行うことについては、「会場の状況(室温や広さ、明るさなど)や参加者の状況によって、ウォーミングアップの内容を、当初予定から変更することもあるんです」と、事後にファシリテーターから説明がありました。

a0197628_15520425.jpg

その後グループに分かれ、創作活動を行います。受講生はその間もずっと周りから参加者を見て、体の動き、発言などの記録をとっていきます。

ここでの記録がこの日の午後の学びの素材になるため、みなさん丁寧に参加者から見取ったことを記録していきます。

a0197628_15525001.jpg

a0197628_15531757.jpg

グループワークの発表では、ファシリテーターから「こういうところが良かった」「〇〇ちゃんがやっていることが、△△に見えたね」「途中でやってたことは、どういうことを表していたの?」などと、具体的に良かった点や、もう一度行うグループワークでのブラッシュアップにつながるようなコメントが入ります。

最後にブラッシュアップした作品を発表し、今日のワークショップの感想や気づいたことなどをグループで話をしてもらい、ワークショップはこれで終了です。



午後は、前半に午前中に観察したことを共有する時間、後半はファシリテーターの話を聞く時間です。


最初の共有は、同じ参加者を観察していたペアと。

同じ参加者を観察しても、見方や見ている部分によって、見取ったことや、そこから想像したことは違うことも多々あるため、今日は受講生二人ペアが同じ参加者を観察できるよう、ペア組みをしていました。この共有を通して、自分の観察のポイントの特徴や、自分になかった視点などをお互いに気づいてもらえました。

a0197628_15534605.jpg


その後、小グループでの共有を行います。

ここでの目的は、先ほどのペア共有で気づいた自分の観察のポイントの特徴や、自分になかった視点などをさらに広げることです。

a0197628_15540521.jpg

午後の後半は、ワークショップを進行していたファシリテーターたちに話を聞きます。

ファシリテーターたちが、参加者をどのように見取り、ワークショップの目的に沿うようにファシリテーションをしていたのかなどの話を聞きました。


ある回の振り返りでは、ファシリテーターから「子どもによって参加の仕方は違う。よく笑っている、よく話している状態だけが『参加』ではない。子どもにとっての参加の尺度を(ファシリテーターとして)いろいろ持っているとよい。」という話がありました。一見、参加度が低そうな子でも、実は、じっくり自分なりに楽しんで参加している場合もあるということですね。

a0197628_15543411.jpg

また、受講生からの「実際に(自分たちが)ワークショップを行っている時の説明などに、子どもがわからないこということがあったら 、どこまで説明・介入すべきか」という内容の質問には、「大人が答えを伝えるよりも、子ども同士で教え合うコミュニケーションが大事。そのため、子ども同士で教えあえない場合のみ、教えたりしています。」という実践に基づいた回答をもらえました。


一日を通して、自分の見方の視点を広げ、熟達したファシリテーターから話を聞くことで、ファシリテーションについての気づきや学びを得てもらえたのではないかと思います。これからグループでワークショップづくり、実習へと進みますが、今日得られたものを活かしていってもらいたいと思います!


[PR]



# by aogakuwsd | 2017-11-09 15:59 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】身体表現ワークショップを体験しました!


2日間の基礎理論科目に続き、今日からは「ワークショップ実践科目1」に入ります。
ワークショップ実践科目は、「研修」→「企画」→「実施」→「振り返り」という流れで進みます。
初日にあたる今日は、身体を使ったワークショップに実際に参加して、その体験を振り返るという1日です。

講師は体奏家(たいそうか)の新井英夫さん、そしてアシスタントの板坂記代子さん。
福祉施設や教育施設、公共ホールなどから依頼をされ、幼児から高齢者までの幅広い方を対象に、野口体操をベースにした身体ワークショップを行っています。
a0197628_16004569.jpg
まずは言葉を発しないで参加者のみなさんとタイコを使ってあいさつ。全員とタイコであいさつが終わったら、フエを奏でながら一人ひとりと握手していきます。
a0197628_16013303.jpg
実はこの時、新井さんは参加者一人ひとりの参加に対する戸惑いや反応のスピードなどを伺っていますが、そのことを受講生が知るのは午後の新井さんへの質問タイムの時。
ノリノリで挨拶する人、怪訝そうな人、何が始まるんだろうと不安そうな人。
様々な身体と気持ちの状態でワークショップが始まりました。
a0197628_16015819.jpg
今回の研修では、まずは頭で考えるより体を動かしてみて、自分がどう感じるかを受け止めてもらいました。
a0197628_16022505.jpg
a0197628_16023026.jpg
a0197628_16023537.jpg

約3時間のワークショップの中には参加者の参加度を高めていくための、様々なプログラム上の仕掛けや、音環境の仕掛けなどもありました。

a0197628_16032438.jpg

アシスタントのいたさんは、新井さんのサポートだけでなく、違うアプローチで参加者の不安を除いたり、別の役割を果たしていきます。チームでワークショップを行う大切さがわかります。

a0197628_16034285.jpg

午後のリフレクションの時間には、午前中のワークショップ体験を丁寧に振り返ります。
自分のテンションを可視化、言語化することで、午前中に自分が体験したことを、振り返りながらだんだん俯瞰しています。

a0197628_16041917.jpg
相互インタビューや4人組での共有では、「なぜそう感じたの?」「それってどういうこと?」といった問いかけなど、何回ものやりとりを通じて、普段意識していない自分の「当たり前」に少しずつ気づいてきました。
a0197628_16044375.jpg
a0197628_16044947.jpg
a0197628_16045484.jpg

自分が感じたことに対して「なぜ自分はそう感じた(考えた)んだろう?」と問いかけることで、背景には自分の「当たり前」があることに気づきます。同じ体験をしていても、人それぞれ違った感じ方や捉え方があるということを実感した1日でした。

次回の講座からは、いよいよグループに分かれてワークショップ実習に向けた企画が始まります。


[PR]



# by aogakuwsd | 2017-09-21 16:08 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD WSD初!!江戸東京博物館にて対面講座を実施しました】

2日目は、WSD初!東京都江戸東京博物館を会場に実施しました。
a0197628_12115215.jpg

江戸東京博物館は「時間とモノ」に関する工夫満載の展示を通し、あらゆる人が何かとつながることのできる博物館ということで、
苅宿先生がかねてからWSDの対面講座を実施したい!と熱望されていた場所。
この環境を存分に利用し、iPadで撮影した写真をもとに組み立てらえれたワークを実施。
個人で撮影した写真をもとに、グループごとに作品を制作しました。
a0197628_12133205.jpg

もちろんワークを実施するだけでなく、このワークの学びに仕掛けられた意図や想いも解説。
ワークを通して理論を実践に落しこみ、自分の中での納得度を高めていく。
2日目にして、受講生はそのプロセスを体感した様子でした。
a0197628_12370295.jpg

この日のラストは、eラーニングのレポート共有。
「協働とは?」という問いを異なるバックグラウンドや価値観を持つ受講生どうしで深め、図式化したアウトプットを製作しました。
午前中にまさに協働的な活動で作品作りを経験したこともあって、興味深いアウトプットがたくさん生まれました。

a0197628_12222324.jpg

本日のグラフィックレコーディング。

今回は、欠席のことばさんに代わり、Cクラス担任のゆこさんが担当しました。
グラフィックレコーディングは、受講生同士で講座終了直後にコミュニケーションをとりつつ振り返りをするもよし、
時間が経ってからのリフレクションに活用するもよし。
受講生の学びに寄与できれば・・・という想いと共はもちろん、修了生やスタッフがチャレンジをする場でもあります。

a0197628_12321963.jpg

講義続きの初日は緊張した面持ちも見られた受講生ですが、ワークを通して徐々に打ち解けていった様子。
「青学WSD26期」のコミュニティはうまれたばかり。
今後、2度のワークショップ実践を通した学びを深めながら、どんなコミュニティがつくられていくのか、スタッフも楽しみにしています。

受講生の皆さん、3か月間頑張っていきましょう!

a0197628_12251998.jpg



[PR]



# by aogakuwsd | 2017-09-08 12:39 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】26期対面講座スタート!

先週末9月2日・3日から、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム2017年度第2期(26期)の対面講座が始まりました!

初日は青山キャンパスにて、本プログラムの代表である青山学院大学社会情報学部教授・苅宿俊文先生による講義。

まずは自己紹介ワーク「Dialog4」から。
自己紹介と言っても「はじめまして・・・」と語り合う単なる自己紹介ではなく、
コミュニケーションにおけるズレなどを実感できる、一捻りあるワークです。

a0197628_12003372.jpg

続いて「WSDの学び方」や「大人の学びのポイント」を、映像教材も使いながら解説していきます。
「無意識の意識化」「出力を想定した入力」「メタ認知」など、修了生にはおなじみのワードも。

a0197628_12004224.jpg
午後は、ワークショップが必要とされてきている社会的背景についての講義。
多元的になっていく社会や「学び方」の変化、共生社会の難しさと不寛容・・・
そんな中、ワークショップデザイナーとしてできることとは?
思考や対話を促す「カタルタ」「語れる三角」などのツールを使いながら、
受講生も"聴きっぱなし"ではなく考え、語りながら講座は進んでいきました。

a0197628_12005019.jpg
初日のグラフィックレコーディングはこちら。

a0197628_12060470.jpg

今期は、修了生スタッフのことばさんを中心にグラフィックレコーディングを用いて講座内容を可視化していきます。

あっと言う間の対面講座初日でした!

[PR]



# by aogakuwsd | 2017-09-08 12:37 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】25期最終日の講座が終わりました!

2017年7月30日(日)
25期の講座が、最終日を迎えました。

最終日は、3ヶ月の講座を振り返ります。
グループに分かれて3ヶ月を振り返るワークショップを作ることを通して、WSDでの学びを自分なりに思い出し、意味づけ、振り返りました。

グループに分かれて、50分のワークをつくります。
a0197628_16342775.jpg

何を振り返ることが、3ヶ月の学びの振り返りになるのか・・・
グループで話し合いながら、ワークの焦点を絞ります。
a0197628_16353176.jpg
a0197628_16360149.jpg
ワークショップをつくるために、過去の記録を振り返ったり…

a0197628_16371764.jpg

ワークショップを企画したら、さっそく実際にやってみます。
今回は、遊び心満載なワークをつくったグループが多かったのが印象的でした。

↓ワークショップデザイナー人生ス語録!すごろくでとまった日のことを振り返りました↓
a0197628_16403061.jpg
↓これから自分がワークショップデザイナーとして目指す未来を絵にしました↓

3ヶ月の講座では、2回ワークショップを企画します。
初めはグループで企画することへの戸惑いや、グループメンバーとの距離感、話し合いの進め方などよく分からない状態でしたが、回数を重ねるごとに話し合いのやり方にも慣れてきていると感じました。
受講生同士でオープンに話せる関係性がつくられており、グループでワークを作り上げるための建設的な話し合いがなされていました。
苅宿先生はワークショップを「合意形成と他者理解のエクササイズ」と定義していますが、この3ヶ月を通して受講生がまさにワークショップを行ってきたのかなと思いました。

そのあとは”ぐるぐる発表会”。各グループがどんなことをやっていたのかを共有しました。
発表当番の人は自分のグループの内容を発表し、残りの人は他のプループの発表を回りながら聞きに行きます。
a0197628_16445846.jpg

そして最後は苅宿先生の講義。
これまでのキーワードをおさらいしたり、これからワークショップデザイナーになる25期のみなさんに向けたメッセージが伝えられました。
a0197628_16454544.jpg


長いようで短かった3ヶ月、120時間のプログラムが終了しました。
25期生のみなさん、eラーニングと対面講座おつかれさまでした。

以下、受講生の感想の抜粋です****************

・この3ヶ月間、学ぶことはおもしろいと感じたと同時に、「学ぶことは嬉しい」と思い続けた日々でした。これからも学ぶことを続けたいなと思いました。

・根源的な問いかけの大切さを知った

・講座が終わるのは寂しいですがこれからがスタートだと思って、様々な場面で活かしていきたいと思います。

・”楽苦しい”を実感した3ヶ月でした!

・様々な視点があるということが分かっただけでも。自分の考えの幅を拡げる機会となりました。

****************

25期のみなさん。
WSDでの学びやつながりを活かして”ワークショップデザイナー”として活躍されることを、事務局一同心から応援しております。
これからがはじまりです。またお会いしましょう!

[PR]



# by aogakuwsd | 2017-08-17 11:30 | Comments(0)

【青学WSD】 逆転時間(実習)に向けてリハーサルをしました!

講座もいよいよ終盤。

来週の本番(実習)に向けてリハーサルを行いました。



先週から1週間の短い時間の中で企画を進めて、

当日2時間のワークショップを45分間に短縮して実施しました。


a0197628_16004656.jpg

まずは打ち合わせ。リハーサル前に各班自分たちのプログラムを確認します!

リハーサルを意識して、動いながらのリハーサルです。

a0197628_16010237.jpg
いざリハーサル本番!

今日は、同じ受講生が子どもになりきって(?)参加者役に。



a0197628_16011975.jpg

a0197628_16021088.jpg
ファシリテーターがグループの活動に寄り添います。
a0197628_16033818.jpg


当日と同じように、子どもの安全を考えてフォローする場面もみられます。

普段接していない受講生にとっては、未知の世界。

だからこそ、リハーサルで得られる事がたくさんあります。




ワーク中には講師によるライブ解説が!

実施しているグループを観察しながら、講師がライブでファシリテーションを解説します。

a0197628_16014997.jpg

二回目の実習では、プログラムデザインに加えて、ファシリテーションも学んでいきます。

a0197628_16032380.jpg

実際に起きている事を素材にすると、イメージが膨らみ実践に繋がります。

a0197628_16143031.jpg



リハーサルが終わった後は、実施者・参加者全員で共有の時間。


a0197628_16051575.jpg
a0197628_16025111.jpg
参加者が感じたことを伝えます。
a0197628_16052729.jpg


最後に講師からのフィードバックも。

リハーサルで起きていた事を丁寧に解説を加えながらふりかえりました。


リハーサル後には各グループ自由に振り返りの時間。
a0197628_16054392.jpg
a0197628_16055852.jpg
当日の動きの共有や、
a0197628_16060796.jpg
講師からアドバイスを受けるところも。



いよいよ今週末には、小学校にて実習が行われます。

リハーサルから得た事を参考にしながら、時間を惜しむように企画を進めていく受講生のみなさん。


この講座の最大の山場が目の前に迫っています!!


参加する子ども達は、「逆転時間」を楽しみにしています。

来週の実習が楽しい時間となること、

そして皆さんがこれまでやってきたWSDが、実際の現場で意味があるんだということを再確認してもらえたら幸いです!


実習を楽しみにしております!



[PR]



# by aogakuwsd | 2017-07-07 13:11 | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧