青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】新井英夫さんのワークショップ体験

2017年1月21日、22日、28日に、ABCクラス分かれて、新井英夫さんのワークショップを体験しました。

新井英夫さんは、野口体操をベースに、身体をつかったワークショップを実践されています。

新井英夫さん(体奏家・ダンスアーティスト)とアシスタントの板坂記代子さん
http://blog.goo.ne.jp/karadakara
a0197628_10202198.jpg

本プログラムの受講生は、演劇やダンス、音楽などの芸術にかかわる方もいれば、企業で働いているので身体を動かすなんて久しぶりすぎる!という方まで、いろんな方がいらっしゃいます。

ワークショップというと、付箋と模造紙で・・・というイメージも多いのですが、今回のテーマは「頭で考える」のではなく、体験したことを振り返って気づきを得るというボトムアップのプロセスを体験してもらうこと。
普段から、演繹的なアプローチ、つまり目的を決めて、頭で考えてそれをやってみるやり方に慣れている私たちですが、帰納的なアプローチ、ボトムアップで自分が感じたことから気づきを抽出する学び方を味わってもらうことが目的です。
a0197628_10265286.jpg
身体感覚というのは、頭で考えるのと、やってみるのでは大きく違います。
やってみなければ見えてこない面白さがあります。
a0197628_10280911.jpg
頭で考えたら出てこないような、身体を使うから、即興的にやるから出てくるおもしろい表現がたくさん生まれました。
a0197628_10293793.jpg
一方で、目的を決めて・・・とか。ストーリーを決めてからそれに合わせた身体の表現を考える・・・など、どうしても演繹的なアプローチになる自分に気がついたり。

なんか外に正解がある気がして、評価を気にしてしまうとか・・・

講座の後半部分では、1人で振り返ったり、他者と話すことを通して自分の「無意識」に気づく体験をしました。
a0197628_10331399.jpg
a0197628_10351034.jpg
自分の無意識への気づき。
a0197628_10321512.jpg
a0197628_10320405.jpg
最後に新井さんの活動紹介や、どんな想いをもって活動しているのか、質問も交えながらお話タイム。
a0197628_10341429.jpg
苅宿も先週の講座の中で「身体も学びのセンサーになる」と言っていました。

私たちは学びというとどうしても頭の中で起こることと考えがち。
でも、身体で感じていること、身体が感じていることって、思っているよりたくさんある。

これからワークショップの場づくりをしていくにあたって、身体で感じる感覚や、頭でわかるだけではなく腑に落ちる・納得する感覚や、体験したことから学びを得ていく感覚を今回体験してもらえていれば・・・と思います。

24期のみなさんは次回からワークショップの企画に入ります。今回の経験も生かして、頑張っていきましょう!

新井さん、3クラスの講座、本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!

[PR]



by aogakuwsd | 2017-01-29 10:02 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】基礎理論科目2日目

1月15日(日)は、24期の2日目の対面講座。基礎理論科目演習2でした。

午前中は大阪大学との交換授業として、平田オリザさんのワークショップの体験でした。
a0197628_18272343.jpg
「メタワークショップ」として、ワークショップの体験をしながら、随所にワークショップデザインやワークショップデザイナーとして知っていてもらいたいポイントの解説をしながら進む、入れ子型のデザイン。
a0197628_18312753.jpg
演劇について学ぶ、のではなく、演劇という切り口から、「イメージの共有」や「参加者の履歴を大切にする」、「コンテクスト(文脈)」などをキーワードに、コミュニケーションやワークショップについて学びます。

受講生のみなさんの感想からは
「演劇のことを言っていても、自分の目的に置き換えて発想が広がる気づきがいくつもありました。「なぜ演劇?」と思っていましたが、今ではもっと演劇や演出について知りたくなりました。これも昨日のメタ認知を意識しながら学んだからかもしれません。」

「ビジネスシーンにも結びつけられていて、職場でのコミュニケーション不全が起きる原因がわかった」

などの感想をいただきました!

↓修了生スタッフゆこさん作のドキュメンテーション
a0197628_18344013.jpg
a0197628_18432740.jpg
午後は教室に戻って、eラーニングのレポートの共有。
今回は「ワークショップの定義」の教材を見て書いてきた、「協働」の事例のレポートを取り上げました。
まずは、自分の書いてきたレポートを、構造化して図で表してみます。
a0197628_18360521.jpg
それを元にグループで共有し、お互いに質問し合い、
a0197628_18393799.jpg
最終的にグループで、「協働」の定義や、条件などを考えてみるというもの。
a0197628_18390929.jpg
a0197628_18383816.jpg
ワークショップを学ぶにあたって、「協働」は大切なキーワードである一方で、意外にも、書籍や論文でも「協働」という言葉の定義や使われるフィールドによって、定義する人によってまちまちです。
今回は自分たちの経験を通して自分たちなりの協働の定義を考えてみることを、”協働を通して”やってみました。

受講生からは
「協働をみなさんと協働しながら言語化できたのがよかったです。いままでなんとなく使っていたと感じました」
「自分が考えていたことがクリアになったり、プラスアルファの要素が加わりました」
などの感想をいただきました!

そして、最後は苅宿先生の講義。
eラーニングの復習に加え、映像教材も交えながらの講義でした。
a0197628_18430495.jpg
a0197628_18434285.jpg
私たちスタッフは何度も苅宿先生の講義を聞いていますが、聞くたびに新しい発見があります。
もちろん話の内容が新しくなっていることもそうなのですが、同じ話でも、自分の経験や考えが変わっていくたびに、新しい発見があったり、やっぱりそうだよなと感じることがあります。

一度学んだら忘れないような「階段的な学び」に慣れている私たちはどうしても、「これは知ってるからもう学ぶ必要はない」と考えがちですが、同じ本でも何度も読む中で、味わい直す中で、新たに気づくことがあったりします。

きっとこの3ヶ月の講座を終えて、もう一度このドキュメンテーションや自分のノートを見直すと、新たな気づきや、やっぱりそうだよなぁと感じることがあるはずです。

修了生のみなさんもぜひこの機会に、ドキュメンテーションやご自身のノートを引っ張り出してみてくださいね!

[PR]



by aogakuwsd | 2017-01-19 19:02 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】24期講座がスタートしました!!

2017年1月14日(土)から、
青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム2016年度第3期(24期)の対面講座がスタートしました。
a0197628_20241447.jpg
初日の講座は、苅宿の講義から。
「大人の学びとは」や、「いま出会うべき学び」について考え、これから学びが始まるみなさんに向けた講義でした。
これからはじまる3ヶ月間の学びにキャッチフレーズをつけてみるワークや、
a0197628_18154232.jpg
a0197628_18145812.jpg

修了生のみなさんにはおなじみ、「好きな色はなんですか?」のワーク。
a0197628_20343906.jpg
どこか外に答えがあるのではなく、「自分の中に答えがある問いがある」ことに気づきます。

また、4方向にカメラがついており、自分の話ている様子を録画できる「ミーティングレコーダー」をつかって、自分を俯瞰してみる体験・無意識に気づく体験をしてみたり。
a0197628_18203345.jpg
a0197628_20393959.jpg
以下、受講生の方々の感想を抜粋してみました!↓

「苅宿先生の授業がとても楽しかったです。久しぶりに「生徒」を3ヶ月楽しみたいと思います!」
「ワーク全体を通して、自分のコミュニケーションの取り方や他人からどう見られているかを考えるきっかけになりました。」
「良い質問の仕方、質問力を高めるワークが印象に残りました」
「普段触れない内容に触れ、視野が広がる感覚をいただいたのと同時に、知っていかないとなと感じました。これからの学びが楽しみです。」
「『大人の学びはサービス過剰は良くない』の一言が衝撃でした。教育分野の会社で勤めていますがそこでは手取り足取りが普通なので価値観が大きく揺さぶられそうです。」
「覚えることは忘れていくだけ・・・という言葉が印象的で、学びは体現ということを改めて再認識しました」


そして受講生からの評判がよかったのがこちら。リアルタイムドキュメンテーション!!
a0197628_20475253.jpg
修了生スタッフのゆこさんが、ずっとはりつきで頑張ってくれました!
今回初挑戦ながら、やりながらつかんだコツやポイントも講座の中で共有していければ。ということで取り組んでもらっています!

また、ちょっと前の期から、ポートフォリオのためのファイルも配っていて、自分の学びを自分でためていく習慣をつけてもらうことにもチャレンジしています。
a0197628_20493720.jpg
学びっぱなしではなく、学んだことを振り返って自分なりに意味付けしたり、別のことと結びつけたり。

講座の3ヶ月の中だけではなく、修了してからファイルを開くとまた新たな気づきがあったり。
大人の学びは階段的ではなくて、螺旋的。
一度学んだから終わりではなくて、何度も繰り返す中で学びを深めていきます。

24期はどんな3ヶ月になっていくのか・・・!24期のみなさん、一緒に頑張りましょう!



[PR]



by aogakuwsd | 2017-01-19 18:21 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル