青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】こども向けワークショップの実習と省察

11月上旬に2回目の子ども向けの実習が、A・B・C各クラスにて行われました!
この実習は、都内の小学校で実施します。
実際に子ども達に参加していただき、ワークショップを実践するのですが、普段このような経験の無い受講生にとっては、未知の世界です。

それだけに、これまでの講座で学んだ事をフルで活かしてプログラムをデザインして、各グループ本番当日に向けて準備を進めてきました。

a0197628_10583906.jpg















a0197628_10591125.jpg














当日実施する「逆転時間」は、撮影した映像が逆再生されるアプリケーションを使い、子どもたちが主体となって作品を作っていきます。
実施者(受講生)は、その活動が活発になるよう支援していきます。

a0197628_10594900.jpg















a0197628_10585155.jpg














子ども達も「逆転時間」を楽しんでくれていたようです。

a0197628_11042652.jpg














修了生の方のお子さんに参加して頂くこともあります。
講座を修了しても、繋がりが続いていくのもこの講座の大きな特長です。
本当に多くの方に支えて頂いている事を実感しました。
いつもありがとうございます^^

a0197628_11000537.jpg














実習中は、実施グループと観察グループを交互に体験。
そして講師も受講生のファシリテーションをじっくりと観察しているのですが・・・。

a0197628_11022543.jpg















受講生が実際に行ったファシリテーションをその場で講師が解説。
まさに、体験が学びの素材に。

=====

長い実習の1日が終わり。ほっと一息。
しかし、講座は、もちろん続きます。

実習を終えて次の回は、ふりかえり(省察)です。
一人一人の実習当日の様子を映像に撮っていますので、それを観て自分自身のファシリテーションを振りかえるのですが、
中には、自分自身の姿を見たくない!という受講生も。

a0197628_11510442.jpg














しかしながら、客観的に自分自身を見つめて、観察してくれた方と共有する中で、これまでと違った課題が見つかったり、自分の新たな特質に気づき自信を深めたりと、それぞれの中に新しい発見があったようです。

a0197628_11504293.jpg














午後から、それぞれふりかえりの結果をもとに
「ワークショップのファシリテーションであなたが最も大切にしたいことは?」
をそれぞれが、一つ書き出して、自分と似ている事を書いている人、違う傾向の事を書いている人と共有をしていきます。
a0197628_11514366.jpg














受講生のみなさんも真剣に、時には、大笑いしながら共有していました。

a0197628_11521734.jpg














そのあとは、各グループでもう一度集まって、
”協働的な活動の中での「私」”をみんなで分かち合います。
ワークを通じてこれまでの活動を、自分の視点と周りの視点を交えてふりかえり、
絆を更に深めていたようです。
 

研修から約1ヶ月続いた子ども向けワークショップの実施が終わり、次回は、あっという間に23期最終日。
講座の集大成です!


[PR]



by aogakuwsd | 2016-12-01 16:20 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル