青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】21期生のみなさん、おつかれさまでした!

2016年3月27日(日)

12月からスタートした21期の講座が、昨日、最終日を迎えました。

3ヶ月間を締めくくる最終日の講座のテーマは、「3ヶ月の学びを振り返る省察の場をデザインする」。
省察の場をデザインをするのは、運営サイドではなく受講生です。
自分たち自身で企画し、自分たちに向けて実施し、自分たちの実施をふりかえることに挑戦してもらいました。


まず、グループにわかれたら、午前中はお昼休憩までの時間をたっぷり使って企画タイム。
たっぷりと言っても、時間は2時間しかないので、この2時間をどうデザインするのかも大切です。
環境を変えたほうがよりアイデアが出るのなら、今日はカフェに行ってもよし!
a0197628_203124.jpg


この企画の中でポイントとなるのは、3ヶ月の何に、どこにフォーカスして振り返るか、ということ。
ただ、なんとなく時系列で思い出すのではなく、例えば、2回の実習だけを取り上げてみる、
それぞれが個人で取り組んでいたeラーニングを取り上げてみる、
あるいは、何かテーマを出して、そのテーマについてふりかえるなど、振り返りの焦点を絞ることで、
より深い振り返りになるようにデザインしてもらいました。
a0197628_201249100.jpg


グループそれぞれで思い思いの企画の時間を過ごし…
a0197628_20131139.jpg

a0197628_20133295.jpg


3ヶ月の学びをふりかえる省察がスタート!
a0197628_2015104.jpg

a0197628_2017663.jpg

a0197628_20175939.jpg

a0197628_20184662.jpg

a0197628_2021512.jpg

a0197628_20212489.jpg

受講前と受講後の自分自身の変化を洗い出す
講座を通してわかったことと、わからなかったことを整理する
講座で学んだことと、これからやりたいことをどんな風に結びつけていけるかをプレゼンし、フォードバックをし合う
講座の中で印象的だった時間を抜き取り、そこで自分自身にどのような変化があったのかをテンショングラフで表す
など、着目点がそれぞれ違う省察が生まれました。

講座の最後は、苅宿講義。
a0197628_202965.jpg


「一方的に教えるのではなく、相互にやり取りをしながら合意を形成していく、間主観的な学びがあることを、みなさんはこの講座で経験しました。
みなさんは教え手がいなくても学べるんです。
みなさんというワークショップデザイナーがいて、そこに大きなデザインの大きな原則があれば、知的生産性の高いWSができます。
他者の声を聴くことから間主観的な学びが生まれ、それはお互いのリスペクトにつながる。
この講座でみなさんがそれを経験したことに大きな意味があると私は考えています。」

短期間の中で、2回の実習を企画、実施し、ふりかえるという経験をしたからこそ、他者から学ぶ、ということの意味を、より深く実感されたのではないかと思います。

そして、講義終了後に、受講生からのサプライズが!
なんと、スタッフ一人一人に、メッセージ入りの色紙が渡されました。
実習準備やレポート課題の合間をぬって、準備していただいたようです。
本当にありがとうございます!
a0197628_20324699.jpg

a0197628_203325100.jpg


それから、講座を裏で支えてくれた修了生スタッフの、じぇらるどさん(18期生)、たかちゃん(19期生)、ゆかりん(18期生)、ありがとうございました。
受講生が気持ち良く学べる環境づくりを常に意識して、本当に細かいところまで気を配ってくれていました。
a0197628_2044139.jpg

a0197628_2058468.jpg


最後に、21期生のみなさん、3ヶ月間お疲れさまでした!
これからは、同じワークショップデザイナーの仲間として、それぞれのフィールドで学びを活かしていただけることを祈っています!
a0197628_2036436.jpg

a0197628_20374982.jpg

a0197628_2038862.jpg

[PR]



by aogakuwsd | 2016-03-28 19:44 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】21期生、2回目の実習準備が始まりました!

21期生は、先週から2回目の実習の準備に入りました。

2回目の実習は、子ども向けのワークショップ「逆転時間ワークショップ」をデザインします。

逆転時間ワークショップとは、青山学院大学苅宿研究室が開発した「逆転時間」アプリを使って、iPadminiで動画を撮影し、逆再生をして楽しむメディアワークショップです。

▶︎逆転時間の詳細はこちら!
https://itunes.apple.com/jp/app/ni-zhuan-shi-jian/id535415279?mt=8

企画の1日目の午前。
まずは、「逆転時間」を自分たちが体験する時間!
a0197628_1893151.jpg

a0197628_1820567.jpg

a0197628_18211464.jpg

a0197628_18215718.jpg

作品づくりにのめり込むと、思わず身体の動きも大きくなります。
a0197628_1895176.jpg

天気が良かったので、屋外でも撮影。
本人たちは、楽しく作品をつくっていますが、通りすがりの人たちからは、若干、あやしい人々に見える…。
a0197628_18104675.jpg

a0197628_18143617.jpg


体験のあとは、自分たちの実体験をもとに、どんな映像作品をつくることが可能なのか、逆転時間の面白さは何なのかをふりかえり、グループでどうすれば面白い作品がつくれるのかを分析。
a0197628_18132254.jpg

a0197628_1815440.jpg


午後にはさっそく、逆転時間とこどもたちが初めて出会う場面の短いリハーサルにも挑戦しました。
a0197628_18169100.jpg

a0197628_1822463.jpg

a0197628_18231535.jpg


体験したばっかりなのに、すぐにリハーサル!というスケジュールは大変だったと思いますが、実際にやってみて気づくこと、足りないところなどが見えてきたと思います。

次回は、さらに長めの45分リハーサルに挑戦してもらいます!
[PR]



by aogakuwsd | 2016-03-05 17:39 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】苅宿講義!

21期の講座も、ついに後半戦がスタートしました。

2回目の実習の企画初日には、久しぶりに苅宿先生が登場。
講座の半ばにさしかかった今、改めて、ワークショップデザイナーとは何なのかを問い直し、ワークショップデザイナーの専門性についてお話ししていただきました。
a0197628_18452335.jpg

「ワークショップデザイナーはコミュニケーションの場づくりの専門家です。
ここで体験したことを、自分のフィールドにカスタマイズしていくことが大切です。
体験したことの中にどういう面白さがあるかを見抜いていく力。仮説を立てる力が必要です。
でも、これは一人ではなかなか難しい。他の人と話していくことで、初めて確かめていけることなんです。
そのために安心できるコミュニティが必要で、つまりそれがここなんです。
皆さんが持っているフィールド・場所(ローカル)・期間(テンポラリー)が限定的だから、学習した時に自分ごとに置き換えて考えることができる。その場にフィットしたワークショップデザインが必要なんです。」


「ワークショップデザイナー育成プログラム」という共通体験を持ち、他者とのつながりに、ある可能性と困難さを感じている人たちだから、話が通じ合えるヒューマンネットワークが自然に形成されている(=knoutworking)
この講座が社会的な立場が違う人・フィールドが違う人がいても成り立つのは、この機能があるからなんです。」


さらに、ワークショップデザイナーの専門性の話から、評価の話にもつながり、ワークショップデザイナー育成プログラム独自の自己評価シートが紹介されました。


「プロになるためには、自分の特性を伝えないといけない。私は何でもできます、というのは、何にもできないのと同じ。この範囲の中で、私はここが抜群に出来ます、というところがあるのがプロなんです。そしてこれで食べていくには、特質が必要です。
その特質を意識する、省察するために、ワークショップデザイナー育成プログラムでは、独自の評価シートを作成しました。このシートで自己評価をすることで、エビデンスに基づいたワークショップデザイナーの価値付けができます。
評価は優劣を決め、序列を作るものですが、私たちはそれをやりません。○か×かで決まるものではないんです。
自分の評価を書き換えていくのは難しいことです。なぜならコンプレックスだから。
でも、自分の評価は書き換えができるんです。そのことをわかってもらうための「自己評価シート」がこれなんです。」
a0197628_19222147.jpg

講座が始まると、実習の企画やeラーニングの課題があり、それをこなすことが、自然と当たり前になってしまいますが、当たり前になることは、考えなくなることだ」と苅宿先生は言います。

講座の後半戦にさしかかった今、改めて、「自分はこの講座でなぜ学んでいるんだっけ?」と、自分に問い直すことで、「無意識を意識化」することを思い出せた気がします。

苅宿先生、ありがとうございました!
[PR]



by aogakuwsd | 2016-03-05 17:00 | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル