青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】21期生の実習を支えてくださった講師の方々

前回のブログでは、21期生の実習を迎えるまでの様子をお伝えしましたが、この記事では、今回の実習を支えてくださった、講師の方々をご紹介します。

講師の方々は、受講生がワークショップのプログラムデザインに取り組むのにあたって、受講生の共通体験となるワークショップを実施してくださったり、リハーサルの前後にフィードバックを送ったり、グループワークの様子を見守るなど、様々な面から受講生の実習を支えてくださっています。

今回の講師の方々は、全員がWSDの修了生!
自身も、かつては、受講生として、同様に実習に取り組んだ経験があるからこそ、受講生の立場も想像しながらのアドバイスを送ってくださっていました。

<演習1日目>
WSDの講座では、受講生がワークショップのプログラムをデザインをする前に、講師の方のワークショップを受けてもらっています。これは、これから自分たちに課せられた実習テーマを、講師の方だったらどうするのか、という一つの見本になるワークショップでもあり、これからグループでデザインをする受講生の共通体験となるワークショップでもあります。

今回、このワークショップを実施してくださったのは、内山厳さん。
企業研修の中で、演劇の様子を取り入れたプログラムを開発・実施されていて、最近では、教育現場にもその活躍の場を広げています。
内山さんには、21期生向けのワークショップを企画・実施してもらうだけでなく、どのような意図でそのプログラムをデザインしたのか、内山さん流のプログラムデザインの仕掛けは何なのかについての解説もしていただきました。
a0197628_1111065.jpg

a0197628_11245039.jpg


<演習2日目>
ここからは、3名の講師が加わって、4人体制で受講生の実習をサポートしていきます。
実習は、全12グループにわかれて行うので、それぞれの4人の講師の方には、3グループを担当してもらい、担当グループのグループワーク、リハーサル、実習を通して見ていただきます。

受講生が企画している間、講師の方も打ち合わせ中…
a0197628_12594645.jpg


リハーサルの前には、プログラムデザインについて迷っていることなどを、講師の方に相談する時間もあります。

手前の後ろ姿が、講師の安斎聡子さん。普段は、ミュージアムプランナーとして、博物館づくり、まちづくりなどのプランニングを手がけられたり、研究調査などで全国を飛びまわっていらっしゃいます。
a0197628_137694.jpg


演習1日目に、ワークショップを実施してくださった内山厳さん。ワークショップ型の研修を数多く実施してこられ、論理的なフィードバックには定評があります。
a0197628_1315115.jpg


リハーサルの様子を見て、気づいたことを熱心にメモをされているのは、小島潤子さん。企業研修を年間に50本程度行い、企業のコンサルティングもなさっています。
a0197628_1332711.jpg


横山仁一さんは、演出家・プロデューサーとして、舞台制作を手がけるだけでなく、演劇教育の普及のためのアウトリーチ活動にも積極的に取り組まれています。
a0197628_13135377.jpg


4人の講師の方からは、ときにするどいフィードバックが送られ、受講生も思わず黙ってしまう場面も…。

<実習当日>
そして、迎えた当日。

企画、リハーサル、実施の様子を通して見てくださった講師の方々がワークショップ終了後に話すコメントには、講座終了後にもヒントにしたいものがたくさん込められていました。

料理でいうと、下ごしらえを、どこまでやっておくかが大事。
60分という時間の縛りの中では、中身を厳選することも必要です。例えば、説明するのではなく、やってみせるということで、時間のロスをかなり防げるようになるのではないでしょうか。(小島さん)

参加の仕掛けを考えることは、ある意味楽しいことではありますが、自分自身がその策におぼれすぎないように注意してください。(内山さん)

大人は理由を求める傾向があります。ワークショップの狙い、意味から腑に落ちるということもある。
その場合は、情報を小出しにする、ということも一つのデザインです。(安斎さん)

今回、企画段階ではじかれた自分のアイデアがあったと思います。実は、そこにこそ、自分の強み、こだわりたいことが隠れていたりします。ぜひ、そのアイデアにこだわってください。(横山さん)


内山さん、横山さん、安斎さん、小島さん。
21期生のサポート、ありがとうございました!!
a0197628_136749.jpg

[PR]



by aogakuwsd | 2016-02-23 11:18 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】21期生、1回目の実習が終わりました!

21期生は、先日、無事に1回目のワークショップの実習を終えました。
お疲れ様でした!

プログラムのデザインに取り組み始めたのが1月30日。
そこから、リハーサルを経て、実施し、ふりかえるという過程を約1ヶ月かけて体験しました。
この記事では、1月30日から実習当日までの受講生の様子をお伝えします。

<演習1日目>
WSDの実習では、ワークショップをデザインするのにあたって、事務局からテーマが与えられます。
21期の実習のテーマは、
「参加者が発想すること面白いと感じる60分のワークショップをデザインする」。
ワークショップの参加者は、修了生と受講生が混ざった15名です。

発想することが面白いって、どういう状態?
そもそも、発想することってどんな風に考えてる?

まずは、グループ内で、ゴールイメージをどう設定するか、言葉をどう解釈するか、など、メンバーが個々で思っていることを共有し合うところからスタートしました。
a0197628_10151916.jpg

a0197628_10155998.jpg

a0197628_1017725.jpg

今回の(1回目の)実習は、主に「プログラムデザイン」を意識してつくってもらいます。
ここでいうプログラムデザインとは、活動内容や手順を時系列で考えることに加えて、参加者が思わず夢中になってしまう、あるいは参加へのためらいが軽減されるなど、参加度が高まるような工夫をする、ということです。自分たちが意図を持ってどうデザインするかが問われます。


<演習2日目>
この日は、受講生同士が実施者、参加者の役割を交代しながら、お互いのワークショップをやりあう、リハーサルを行いました。
a0197628_10185189.jpg

a0197628_1020166.jpg

a0197628_10212100.jpg

a0197628_102226.jpg

a0197628_10232099.jpg

自分たちは、参加者がこういう反応をすると思っていたのに、実際の反応が違ってあせった!
実際にやってみることで、デザインのつめの甘さが見えた。
実施側の自分たちだけが楽しんでいた。
最初はアイスブレイク、最後はふりかえり、という固定概念に捉われていることに気づいた。
実施できたのもよかったが、参加者の体験ができたことも、参加者の心的変化や不安など、
具体的にイメージすることにつながった。
チームの一員として、チームにどう関わっていけばいいのかを考えさせられた。

など、実際にやってみるからこその気づきが得られたようでした。

<実習当日>
いよいよ本番!
この日は、朝から4会場に分かれて、同時進行でワークショップが行われました。
a0197628_10241683.jpg

a0197628_10244638.jpg

a0197628_10253541.jpg

a0197628_1026011.jpg

a0197628_10264426.jpg

a0197628_1027838.jpg

a0197628_10293710.jpg

a0197628_1030542.jpg

「参加者が発想することも面白いと感じられるワークショップ」というテーマのもと、
演劇的な要素を取り入れたもの、身体を使うもの、対話を深めるものなど、バラエティに富んだワークショップが各会場で実施されました。

実施前は、ご飯ものどを通らないぐらい(!)緊張していた方もいらっしゃいましたが、なんとかチームで乗り切りました!!

この実習のために、わざわざ会場に足を運んでくださった修了生のみなさま!
本当にありがとうございました!!


さて、実習は無事に終わりましたが、やっておしまい、にしないのが、ワークショップデザイナー育成プログラムです!

各会場では、ワークショップ終了直後に、参加者から、参加してみての感想を書いてもらっているので、その感想をもとに、自分たちがデザインしたプログラムの本質的な課題は何だったのか?そして、その課題を踏まえて、プログラムをどんな風に改善していかれるのかを考え、完成版のプログラムを作ります。
その様子は、また別のブログでご紹介したいと思います!
[PR]



by aogakuwsd | 2016-02-23 10:12 | 講座のようす | Comments(0)

【CDA×WSD】コラボイベントを開催しました!

2016年2月13日(土)
CDA(キャリアカウンセラー、キャリア・デベロップメント・アドバイザー)の方にワークショップやワークショップデザイナーの考え方を紹介するイベント、その名もCDA×WSDコラボイベントを開催しました!
a0197628_15375765.jpg
キャリアカウンセラーとは、「個人の興味、能力、価値観、その他の特性をもとに、個人にとって望ましい職業選択を援助し、自らを高めていけるようにするキャリア形成の専門家です。」
(日本マンパワーのHPより http://www.nipponmanpower.co.jp/ps/choose/cda/

キャリアカウンセラーの専門性を持った方が、コミュニケーションの場づくりというワークショップデザイナーの専門性を持ったらより活動が広がるのではないか!そんな考えをもとに今回のワークショップは開催されました。

企画された「CDA×WSDワーキンググループ」の山崎さん、酒井さん、鵜川さん。
みなさんCDAホルダーであり、ワークショップデザイナーです。
a0197628_15372654.jpg
当日は、ワークショップに興味のあるCDAの方々が40名近く参加してくださいました。

「3人寄ればワークショップの知恵」をキーワードに、3人組でワークショップをつくることを通して、協働する難しさや面白さを感じたり、ワークショップの体験をしていただきました。
a0197628_15452031.jpg
最初にちょっと自己紹介など。
a0197628_16120404.jpg
3人でキャリアを考えるワークショップを企画。
a0197628_15495037.jpg
a0197628_16134381.jpg
そして発表!
a0197628_16140944.jpg

最後にえんたくんで感想をシェア。
a0197628_16112143.jpg

最後は記念写真!
a0197628_16095898.jpg

参加者の方のアンケートから 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
・自分がもやっとしていた考えがみなさんがたくさん意見出してくださって抽象が具体化されました
・WSのアイデアを自分たちでつくって発表するのが楽しめた。複数人で行うことで発想が広がりました。
・緊張して参加しましたが、初めてお会いする方々とも楽しく安心してすぐ打ち解けられるような仕掛けがたくさんあり、あっという間でした。また参加される方々が多様な背景や経験をお持ちで刺激もたくさん受けることができ、大変有意義な時間でした。
・WSのデザインは普段もやりますが、人と協働することがなかったので面白かったです。
・いろいろな世代、背景の方と話すことで多くの気づきがありました。普段頭で考えてるなと実感しました。
 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

今回のワークショップは申し込み受け付け開始から数日ですぐに定員をむかえました。CDAの方々もワークショップへの関心が高いことを強く感じました。

今後、CDA×WSDワーキンググループを中心に、CDAとWSDのコラボレーションがじわじわ始まっていきそうな予感。
参加してくださったみなさん、企画されたワーキンググループのみなさん、そして当日フォローしてくださった田沼さん、田島さん、ありがとうございました!
a0197628_16102703.jpg
これからも、一緒におもしろいこと起こしていきましょう!!


[PR]



by aogakuwsd | 2016-02-16 16:12 | その他 | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル