青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】16期の対面補講!

2014年6月25日(水)

今日は、通常の講座がない日…のはずですが、夜の青山キャンパスで16期の補講が行われました。

この補講は、お仕事やご家庭の事情等で対面講座を欠席された方を対象に、毎期、行っています。
補講の内容は、事前に「課題図書」を読んで、レポートを書いてきてもらい、そのレポートを共有する、というものです。

今回の補講の課題図書は、eラーニングの講師でもある佐伯胖氏の「わかるということの意味」。
この本には、ワークショップを学ぶ上で大切なことがたくさん詰まっていて、講座の参考文献としても、受講生に紹介しています。

まずは、小グループにわかれて、レポートの共有。
本の中で自分が気になったキーワード、そして、なぜそれが気になったのかを紹介しあいます。
a0197628_20374452.jpg

a0197628_2038199.jpg

a0197628_20384876.jpg


その後は、グループで共有したキーワードの中から、これ!というものを1つ選び、そのキーワードを他のグループに解説してきます。
ただし、言葉で伝えるのではなく、体験を通して理解してもらえるようなミニワークを実施して。

「おお、時間ががない!」ということで、各グループ、さっそくミニワークの企画に取りかかり始めました。

ん。ここの男子4人、頭を寄せ合って、何やら真剣な様子でひそひそひそ…
a0197628_20392513.jpg


と思いきや、大爆笑!
なんとも、楽しそうに企画が進んでいるようです。
a0197628_20415100.jpg


このグループは、折り紙を使うようす…。
a0197628_20413751.jpg


そうこうしているうちに、あっという間に発表タイム!
a0197628_22555084.jpg

a0197628_22481560.jpg

a0197628_22485657.jpg

a0197628_2250457.jpg

a0197628_22514671.jpg


今回、4つのグループが選んだキーワードは、以下の4つでした。

「選ぶということについての体験」
「何が本当なのか」
「小さな世界から大きな世界へ」
「自己原因性感覚、双原因性感覚」


短い時間で、キーワードを伝えるための、ミニワークを考えるのは、大変だったと思いますが、ワークの企画、体験を経てから、また本を読み直していくと、新たな「わかり直し」ができるのではないかなと思います。

補講に参加した16期の方、遅くまでおつかれさまでした!!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-06-25 19:22 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】16期 2回目の実習、子ども向けワークショップの企画が始まりました!

2014年6月22日(日)

いよいよ、この日から、子ども向けに行う逆転時間ワークショップの企画演習が始まりました!

WSDの講座では、もうすっかりおなじみになった「逆転時間ワークショップ」。
これは、iPodで「逆転時間アプリ」を使って、ムービーを逆再生して、おもしろい映像作品をつくるというもの。映像作品をつくる過程の協働性に着目したワークショップコンテンツです。

ワークショップ実践科目Ⅱの実習では、この逆転時間ワークショップを、小学生の子ども向けに、120分実施することになっています。

まずは、今回の実習に共に取り組むグループを組んだあと、グループにわかれて、逆転時間を体験しました。

a0197628_17535189.jpg

傘に魔法をかけてる?!


a0197628_1755271.jpg

布の中からこんにちは!という映像になるのでしょうか。


a0197628_17554487.jpg

身体もはります。足腰に支障をきたさないか心配です…。


a0197628_17565167.jpg

撮影した映像を、その場ですぐに再生できるところが、逆転時間アプリのいいところ!「お。これ、いいねー!」


a0197628_17572076.jpg

お茶のCMですか?


a0197628_17574244.jpg

LOVE…?!

さて、作品づくりのあとは、各グループが撮影した作品の発表会。
力作ぞろいで、16期生の皆さんも大興奮でした!!
a0197628_1758311.jpg


そして、午後からは、逆転時間のリハーサル。

え?体験したばっかりなのに、もうワークショップのリハーサル?!

はい、そうなんです。

この日、リハーサルをするのは、120分の逆転時間ワークショップのうち、導入のところで行う「逆転時間の説明」の部分です。時間にして、10分。

時間的には、短いのですが、「逆転時間の説明」の部分は、子どもたちが逆転時間に初めて出会うところであるのと同時に、「逆転時間って面白い!早くやってみたい!」と思ってもらえるように、逆転時間の仕組みをわかりやすく、楽しく伝えることがポイントとなる、重要な場面です。

どんな見本映像を見せるのか。。。

何をどこまで伝えるのか。。。

企画にも熱が入ります。

こちらは、Nuボードという、書いたものを保存できる、スケッチブック型のホワイトボードノート。
a0197628_18235764.jpg


お。マインドマップで、アイデアを整理されている様子。
a0197628_18243328.jpg



WSDは、いろんな背景の方がいらっしゃるので、アイデアの出し方、まとめ方も、様々です。

この日の10分リハーサルでは、「実施者」「参加者」「観察者」を順番に体験し、実際に逆転時間ワークショップを実施するというのは、どんな感じなのか、体験を通してイメージしてもらいました。


次回の講座では、45分間のリハーサルに挑戦してもらいます。


16期の皆さん、頑張っていきましょう〜!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-06-23 18:00 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】16期 子どものワークショップを観察しました!

大人向けのワークショップの企画、実施、振り返りを体験する、ワークショップ実践科目Ⅰが6月14日に終わり、いよいよワークショップ実践科目Ⅱがスタートしました!

ワークショップ実践科目Ⅱでは、子ども向けのワークショップを企画、実施し、振り返りをします。

実習を2回体験すること、そして、2回の実習の対象は、それぞれ、大人と子どもになっていて、全く違う対象者での実践を体験することは、ワークショップデザイナー育成プログラムの大きな特徴でもあります。

とはいっても、ほとんどの受講生の方は、子ども向けのワークショップを企画・実施されたことがありません。
そこで、ワークショップ実践科目Ⅱの初日は、毎期、子ども向けのワークショップを観察することにしています。

a0197628_1045710.jpg


ワークショップ中の、子どもの反応を見てもらうということも大切ですが、もう一つの大きなねらいは、参加者である子どもの様子をじっくり観察し、参加者のいろいろな情報を拾っていくことで、ファシリテーターをするときに、参加者の状態に合わせてワークショップを進行していく、ということを意識してもらうためです。

16期では、小学生を対象にした「まっくらやみのおひさまパーティー」というワークショップを観察してもらいました。

a0197628_1029849.png


「まっくらやみのおひさまパーティー」を進行するのは、ワークショップエンターテイナーの「なおやマン」さんと「しま:アイ」さん。

お二人は、身の回りのものをテーマに、少しヘンテコな世界で遊ぶ「体験の場」を提供し、身の回りのものと自分との関係性を想像する力に気づいてもらう、ということをテーマに、様々な活動をされています。
なおやマンさんのホームページは、こちら→http://naoyaman.com

そして、こちらがなおやマンさん。

a0197628_1030444.jpg


おお。ピンクです。
そう。なおやマンさんのテーマカラーは、ピンクなのです。
なぜ、ピンクかというと、ずばり!なおやマンさんの好きな色だから。
そして、ピンクをテーマカラーにすることで、場の雰囲気が少し柔らかくなったり、一つの世界観を作ることにとても効果的なのだそうです。

ちなみに、なおやマンさんとしま:アイさんは、長野のほうに住んでいらっしゃるのですが、長野から届いたお二人の小道具の荷物がこちら。

a0197628_10432437.jpg

a0197628_10433273.jpg


そう、梱包テープもピンクなのです。

さて、なおやマンさんとしま:アイさんによる、「まっくらやみのおひさまパーティー」。
これは、太陽パワー(太陽光)をテーマに、電気を使わず、集めた太陽パワーだけを使って、まっくらやみの中でパーティーをする、という大人でもワクワクしてしまうような内容です。

このパーティーは、6月15日(16期Aクラス)と6月21日(16期Bクラス)に行われましたが、両日とも、たくさんの小学生が参加してくれました。

みんなで蓄光素材を使ったテルテルボールをつくって、太陽の光をために外へ!
a0197628_10533676.jpg

「太陽は直接見ちゃだめだよ〜」となおやマンさん。

a0197628_10501424.jpg

子どもたちはつくったテルテルボールと、パーティーに向けて借りた変装グッズに太陽の光を溜めます。


屋内に入ってからも頑張って溜める子どもたち
a0197628_1047315.jpg



そして、午後。
ここからは、午前中に観察した子どもの様子を、共有していきました。
今回の観察では、子どもの様子を「観察シート」という用紙に記入してもらったのですが、それぞれが書いた観察シートを見せ合いながら、観察しながら感じたこと、解釈したことを話し合い、自分の観察(見方)の傾向についても触れていきました。

a0197628_1035873.jpg


観察した内容を紙芝居方式で発表もしました。


a0197628_10403039.jpg



共有の後は、なおやマンさん、しま:アイさんへの質問タイム。
お二人の活動紹介をはじめ、普段どういうことを大切にしながら活動をされているのかというお話を聞かせていただきました。
a0197628_10354911.jpg


その中で、印象的だったのは、「企画の目的に合わせて、場の提供の仕方を変える」ということ。
例えば、今回、16期生が見させていただいた「まっくらやみのおひさまパーティー」では、太陽光というあたり前に存在するものを、改めて意識してもらう、ということを目的にされていたので、子ども同士が対話するような場面はつくらずに、なおやマンさん、しま:アイさんの世界観を徹底的に楽しんでもらう、というスタイルでした。
が、例えば、太陽光の利用方法を考える、ということを目的にする場合は、子ども同士がアイデアを出しあえるような、対話の場をつくるそうです。

目的や最後のゴールによっては、必ずしもワークショップというスタイルにこだわる必要はなく、むしろ柔軟にやり方を変えることが大切、というなおやマンさんの視点は、16期生が、改めてワークショップという手法を捉えなおすきっかけになったのではないかと思います。

また、今回の「観察」を通して感じたのは、ファシリテーターは、参加者に起こっていることをまずはよく見て、そこから参加者の気持ちや動きを想像し、予測して、その場に合ったファシリテーションを行うことが大切である、ということ。
今回の、観察で得られた気づきや学びを、次回から始まる、子ども向けワークショップの準備に活かしていただきたいなーと思います。


なおやマンさん、しま:アイさん、そしてワークショップに参加してくれたお子さんたち、学びの機会を提供してくださって、ありがとうございました!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-06-22 18:34 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】2014年度第2期・第3期(17期・18期)説明会を開催しました

先日6/11(水)・15(日)・17(日)の3日間にわたり、
ワークショップデザイナー育成プログラムの説明会を開催しました。

初日の激しい雷雨からはじまった本説明会でしたが、
3日間とも多くの方にご参加いただきました。
参加者の皆さま、ご足労いただき本当にありがとうございました。

a0197628_166385.jpg

a0197628_1662842.jpg


まず、苅宿先生からは、なぜ、今、ワークショップデザイナー育成プログラムなのか、というお話。

これまでの当たり前が通らない社会、コミュニティ参加がしづらい個人が増えている今だからこそ、コミュニケーションの場づくりの専門家であるワークショップデザイナーの可能性が、確実に広がっています!と、熱く語っていただきました。

a0197628_15474890.png


その後、事務局のほうから、カリキュラムの説明を行い、最後は、説明会恒例の、「修了生との座談会コーナー」。
実際に、講座を受けた修了生にリアルな話が聞けるこの座談会は、毎回、アンケートでも、「とても参考になった!」と好評をいただいています。

座談会では、参加者の方にいくつかのグループに分かれていただき、
グループに一人、修了生が入る形で、質疑応答ができる時間を設けました。

修了生への質問では、「なぜ受講しようと思ったのか?」が一番多かったようです。
受講を検討されている方々からの質問に、一つ一つ丁寧にお答えいただきました!

a0197628_1695261.jpg

a0197628_18552484.png


参加者の方に少しでも講座の雰囲気をお伝えできていればと願うばかりです。

また、今回もたくさんの修了生にご協力いただきました!
みなさまお忙しいところ駆けつけてくださり、本当にありがとうございました!

a0197628_15564383.jpg

a0197628_1554497.jpg

a0197628_15571793.png


2014/6/30(月)まで願書受付中です!(※消印有効)
詳細はこちらをご覧ください。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/contact3.html
[PR]



by aogakuwsd | 2014-06-18 18:58 | Comments(0)

【青学WSD】16期1回目の実習!

2週間かけて16期生が企画してきたワークショップの実習が終わりました!!



2014年5月25日(日)
16期生は、5〜6人でグループを組んで、ワークショップの企画をしてきました。

いきなり企画と言ってもハードルが高いので、まずは講師の内山さんのワークショップに参加。

これからグループワークが始まる16期生に向けて、
「自分の殻」を破るワークショップ!

みんなでビンタがうまくできるコツを教わって、(↓衝撃!ビンタの場面)
a0197628_1135623.jpg


ビンタの場面が入っている小さな演劇をつくりました
a0197628_1144740.jpg



そして、出されたお題に沿って、グループに分かれて企画。


様々なフィールドの人が一緒になってワークショップを企画するというのはなかなか難しいもので。
自分のこだわりや、譲れないところと改めて向き合いながら、話し合いが進んで行きます。


2014年6月1日
企画したワークショップを企画シートに落とし、企画シートを講師に見せながらプレゼン。
全体の構成や狙いなどについて、フィードバックをもらいます。

そして、ミニリハーサル。
実施者グループと参加者グループに分かれて、リハーサルを行います。

a0197628_11443298.jpg


a0197628_11445038.jpg



実際に身体を動かしてやってみると、足りないところや、プログラムに無理のあるところが見えてきます。


そして、2014年6月8日(日)、実習。

こちらは、「コミュタツーコミュニケーションの達人を目指そうー」
船に乗った乗客達が、いつもとは違うコミュニケーションを体験しながら、コミュニケーションの在り方を探索するワークショップ。
a0197628_1818083.jpg



「ぽよ・ぷる島の宝探し」
「ぽ」と「よ」しか話してはならないグループと、「ぷ」と「る」しか話してはならないグループが、それぞれ作戦を立てて(作戦タイムは日本語OK)、2文字だけの合図をつくって宝探しをするというワークショップ。
a0197628_12453917.jpg

a0197628_12455393.jpg


宝探しの宝はコレ!!手書きです!すごい!
美術の先生がグループメンバーにいらして描いたそうです。
a0197628_12461514.jpg



こちらは、「本気でシャウト!」
「叫ぶ」をテーマに小さな演劇をつくります。
講師の内山厳さんのワークショップをもとにアレンジしました!
a0197628_1825362.jpg



こちらは、「自他妄想で自分を広げる」ワークショップ。
写真の切り抜きから、自分をイメージする3つの写真を取って、コラージュをつくります。それから連想されるイメージを楽しみながら妄想自己紹介をするワークショップ
a0197628_18281682.jpg



「普段気付かない☆☆☆な自分を発見」 
”ほめる”をキーワードに、行ったワークショップ。
歩いて出会ったらほめる。
シートをつかって自己紹介をして、その内容について、ほめる、ほめる、ほめる。
ほめ方も、直接伝えたり、いいねカードに書いて渡したり。。。
a0197628_18384783.jpg

a0197628_1837513.jpg



こちらは、「『ない』から生まれる」ワークショップ。
「ない」からこそ生まれるものごとの新たな味わい方を感じよう、ということで、
目をつぶっている人に絵を伝えてみるなど、見えない美術館を体験します。
a0197628_18405674.jpg

a0197628_18404634.jpg



こちらは、「キャラカで発見!ひと味違うわたし」
何気なくとっている仕草や姿勢があなたのキャラクターをつくっているのか。あなたのキャラクターがその仕草をうんでいるのか。どっちでしょうか。という問いかけから始まり、キャラカ(キャラクターカード)をつかって、いつもはしないような仕草を考えたり、やってみたりすることで気づきをうむワークショップです。おもしろかった!
a0197628_18434496.jpg

a0197628_1335468.jpg


こちらは、「One for All. Aii for one!ー1人はみんなのためにー」
みんなで身体を動かして、大きな三つ編みをつくって、ひとりでやること、みんなでやることの難しさを感じるワークショップ。楽しかったけど疲れた、という感想も(笑)
a0197628_1848818.jpg


こちらは「みんなのお家」
折り紙でキャラクターをつくって、そのキャラクターが共存するシェアハウスを話し合って考えるというワークショップ。
a0197628_1146297.jpg


a0197628_11472655.jpg



ワークショップ終了後は、参加者の方から感想を聞く時間。
実施したワークショップについて、直接感想が聞けるというのは、この講座ならではです。
a0197628_12443313.jpg


そして、講師からの暑い、いえ、熱いフィードバック!
a0197628_12412454.jpg


参加者の負荷のかけ方についてや、一つ一つのワークの繋がり、意味について、コメントをもらう中で、改めて考え直しました。

修了生が参加してくれることもあり、緊張したグループもあったのではないでしょうか。。。
本当にお疲れ様でした〜!

↓終わった〜!いぇ〜い、の図。
a0197628_18485819.jpg




最後に振り返り。
参加者や記録者に書いてもらったたくさんの感想から、実施したワークショップがどうだったのかを検証していきます。


a0197628_18504037.jpg


a0197628_18155161.jpg



お疲れ様でした!

a0197628_18545343.jpg


a0197628_18535393.jpg



32名もの修了生にもご協力いただき、様々なフィードバックをもらいました。ありがとうございました〜!



最後に講師から、一言。
a0197628_18514957.jpg





今回の講師は、

爽やかでイケメンと噂の内山厳さん(G office 代表・演劇人・HRDコンサルタント・青山学院大学非常勤講師)
a0197628_17514933.jpg


そして兄弟疑惑がささやかれていたこのお二人・・・

右:横山仁一さん(舞台演出家・ワークショップデザイナー)
左:斉藤貴司(演劇家・ワークショップデザイナー)
a0197628_1751479.jpg


講師のみなさんには、それぞれ3グループを担当していただき、
企画シートプレゼン、リハーサル、実習本番と、フィードバックをもらったり相談に乗ってもらったり・・・

本当にありがとうございました。

今回講師をお願いしたお三方はみなさん、ワークショップデザイナー育成プログラムを修了したワークショップデザイナーの方々。
特に今回は演劇の手法を使って、いろいろなところで実践を積んでいらっしゃる方にお願いをしました。


ちなみに、おまけですが、、、
事務局スタッフが、取りたかった写真シリーズ!!


その1、ずっと似てるな〜と思っていて、2ショット写真を撮りたいと思っていたこのお二人!
a0197628_17575582.jpg


左:16期受講中 カミーさん
右:10期修了  ススムさん

ちなみにこの日が初対面です。。。急に2ショット撮ってスイマセン・・・


その2、ついに揃った!WSDファミリー。
a0197628_180273.jpg


左:16期受講中 次男、よりくん
中:6期修了   パパ、遊酔さん
右:7期修了   ママ、サリーさん

ご夫婦、ご兄弟、親子受講は何組かいらっしゃいますが、家族のうち3人が受講しているのはこの遊酔さんファミリーだけ何じゃないかなと思います。


16期のみなさん、本当にお疲れ様でした。
後半戦に向けて今週末も頑張りましょう〜!

そして参加していただいた修了生のみなさん、講師の方々、本当にありがとうございました!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-06-11 12:47 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル