青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2014年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧




【Open WSD Week】5日目 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方 報告

2014年5月30日(金)

ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

今日が最終日でした。
今日の講師は、内山厳さん。

内山さんは、演劇という専門性を持ちながら、企業研修の講師等をされていています。青山学院大学の非常勤講師もされています。


爽やかでイケメンです。
a0197628_20184847.jpg





内山さんが企業研修をされていて、いつも思うのは、もったいない。ということ。
せっかく、社内の人事が一生懸命考え、ためになると思って組んでいる研修。
しかも、無料で受けられる。

朝活やら、WSD育成プログラムもそうですが、社外でこんなにも学ぼう!というやる気のある方はやる気がある。

でも、社内研修はやらされ感がどうしてもある。という話はよく聞きます。

そこをワークショップ形式で楽しいものにしていこう!という、新しいカタチを探るのが、今回の講座の狙いでした。


今日は企業人事の参加者の方が多かったようです。

多分、5日間のOpen WSD Weekの中で一番スーツの方の割合が大きかったと思われます。

a0197628_20275653.jpg


今日やったのは、「集合住宅の住民会議」というワークショップ。

6人1組になって、6人それぞれに役が割り振られます。

例えば、Aさんは、集合住宅の管理会社の社員。
Bさんは、住民で有名イタリアンレストランのオーナーシェフ。などなど。

それぞれの役になりきって、
6人であつまって、
1、駐車場の値段設定について 
2、町内会のゴミ拾いボランティアの人選

について話し合います。(いかにも合意形成が難しそうなお題です・・)
a0197628_20285488.jpg


それぞれの役には「思惑カード」というものが配られています。

例えば、◯さんは、△さんにに良く思われたいとか。

◯さんは、駐車場の値段を下げてほしいとか。

そういった思惑を胸に、6人の別々の思惑を持った人たちが、話し合います。。。


6人で話し合いを行い、その後、お互いの思惑を発表し合いながらリフレクション。

a0197628_2036684.jpg


状況を客観視することができるようになる、ワークです。

今回は時間がなかったのですが、企業研修では、実際にあった業務上の場面を思い出し、そこに役割を思惑を設定して、演劇で上演することもあるんだそうです。

当日はUstreamでの配信を見ていただいた方も多数いらっしゃったようです。
配信の様子↓ 
a0197628_2036258.jpg



今回開催したOpen WSD Weekでは、5日間でなんと250名を超える方にご参加いただきました。
ワークショップデザイナー育成プログラムについて、聞いたことがあって、受講したいと思っていた!という方から、名前も聞いたことがなかった!という方まで。

多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。
また、Ustreamでの配信も、毎日100名くらいの方に(カウントの仕方が分からなかったのですが・・・)見ていただいていたようでした。
本当にありがとうございました!



今後もこのようなイベントを開催していきたいなと検討しているところです。
今後ともよろしくお願いします!

なお、ワークショップデザイナー育成プログラムの受講を検討されている方に向けての説明会も開催予定です!
【ワークショップデザイナー育成プログラム説明会】

2014年6月11日(水)10:00〜20:30
2014年6月15日(日)16:00〜17:30
2014年6月17日(火)19:30〜21:00

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html


青学WSD育成プログラムは、16期の講座も佳境に入ってきて、今週末は受講生が企画したワークショップを実践する回です。

またブログで様子を報告しますのでお楽しみに!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-31 20:17 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】4日目 「コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話」

5月29日(木)

ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

本日は、Open WSD Week2日目に続いて、苅宿先生が再登場!
WSDのプログラムでも毎期登場する、「ビタハピ」の開発秘話について、話をしていただきました。
題して、「コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話」。

まずは、苅宿先生の自己紹介からスタートしました。
もともと、先生は、長い間、小学校の教員をされていましたが、当時から、パスケットボールの教材を作られたり、「脳の鏡」というお絵描きソフトを作られたり、といろいろなものを世に送り出していらっしゃいます。

そんな、苅宿先生が、何かのツールを開発をするときは、面白いものを思いつくというよりは、何かの課題をどうにかできないかなあ、と考えることが出発点になるのだそうです。

ビタハピの場合は、「例えば、学会の懇親会等、50人ぐらいの人が集まったときに、面白くやれる、インフォーマルな対話の環境をつくれないかなぁ…」という課題意識がまずあったのだそうです。
そして、まじめな話をするのではなく、もっと気楽に話ができる場面を作れないものか…。
気楽でありながら、人ごみの中でどぎまぎするものにできないか…。
と、考えたときに、いかに少ない人数に分けて、しかも、そのグループでの会話を長引かせず、いろんな人と出会えるのがいいんじゃないか!という参加者の具体的な動きがイメージされて、それで、ビタハピが開発されていったのだそうです。
a0197628_17103180.jpg


同時に、ロジェ・カイヨワ(社会学者/哲学者)の4つの遊びの分類というのも参考にされたのだそう。

カイヨワさんは、遊びというものを、
①競争
②偶然
③模倣
④眩暈

の4つに分類しています。

苅宿先生は、この4つの分類に、
①競争=グループをつくる
②偶然=シャッフルする
③模倣=インフォーマルな対話
④眩暈=動いて探す

という具体をあてはめていったのだそうです。

「煮詰まったら、他の人の知見を借りて、小分けしていくと、ヒントが見えてくるんです。」と苅宿先生。

なるほどー。ビタハピの開発の裏側には、そういう考え方の経緯があったのですね。

ちなみに、このビタハピは、グッドデザイン賞を受賞しています。
WSD以外にも、青山学院大学社会情報学部の入学式後のオリエンテーションや、企業の研修など、幅広い場所で、いろんな人を対象に、コミュニケーションを促すツールとして、使われています。


さて、講義の後は、いよいよビタハピ体験です!

ビタハピに袖を通してみると、ハッピのあちこちに、いろんな色が散らばっていることがわかります。
でも、ビタハピで使うのは、えりと、右袖、右背中、左袖、左背中の、5色しか使わないのだそうです。

「ビタハピでは、前側の色ではなく、後ろ側(背中側)の色を使います。後ろ側の色は自分で見れないでしょう?そうすると、自然と、他の人に教えてもらうことになって、他の人とのコミュニケーションを取らざるを得ないんです」
なんと!こんなところにも、コミュニケーションを促す仕掛けがあったとは!!

さて、さっそく、色の順列組みあわせによって、シャッフルが行われます。
「えりの色が同じ人同士で集まってください!」
「えりと右袖が同じ人同士で集まってください!」
などの、いろんなパターンのシャッフルで、色の組み合わせが同じ人を見つけると、自然といろんな人で出会えます。
色の組合わせによって、グループになる人数も変わるわけですが、2人組になる場合は、大勢の中から、自分のパートナーを見つけることになります。そのときの、パートナーに出会えたときの嬉しさといったら!!

a0197628_17105484.jpg

a0197628_12515421.jpg

a0197628_12523327.jpg

a0197628_12523953.jpg


こうして見てみると、ビタハピって、本当にカラフルですね。
実は、「ビタハピ」という名前は、「Vitamin Happy」からきているのだそうです。
どうりで!なんだか元気になれそうな、カラフルな色なわけです。

さて、ひととおり、ビタハピ体験が終わったあとは、体験して感じたことを振り返りました。
この振り返りにも、苅宿先生のちょっとした仕掛けがあって、話し手と聞き手の2つの役割を体験して、コミュニケーションの不確かさを感じるというものでした。
a0197628_13533419.jpg


「人に10話をしても、全部伝わるわけではありません。それは、話し手が悪いのでも、聞き手が悪いのでもなくて、そもそも、情報というものは非対称なもの。まずは、自分の代替不可能性感覚を大切にしてください」という言葉で、今日の講座は、締めくくられました。

苅宿先生、2日間、どうもありがとうございました!!

さて、明日は、Open WSD Weekの最終日。
内山厳さんによる、「研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方」です。

Ustoream配信も、行いますので、お時間のある方は、ぜひ視聴してみてください!!
http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-30 17:03 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】3日目「つくらないことから生まれるコミュニティデザイン」報告

2014年5月27日(火)

ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

おかげさまで、初日、2日目に続いて、本日3日目も、80人近い方に集まっていただきました!

本日の講座は、慶応大学グローバルセキュリティ研究所、特任講師の坂倉杏介さんによる「つくらないことから生まれるコミュニティデザイン」です。
a0197628_22251235.jpg


講座のタイトルにある、「つくらない」ということは、どういうことなのか?
この「つくらない」ということ、「コミュニティデザイン」に興味を持ってきてくださった方が、たくさんいらっしゃったようです。

本日の講座では、坂倉さんが取り組んでこられた、3つの活動が紹介されました。

まず最初は、坂倉さんご自身が、墨田区で取り組まれていた、「京島編集室」についてのお話。
この「京島編集室」は、もともとお店だったところを大学院生だった坂倉さんたちが借りて、「オルタナティブスペースをつくろう!」ということで、住み始められたのだそうです。
が、やりたいことはあるけれど、具体的にどうしていいかわからない…
そして、外側から見ている人たちからは、何をやっているところかわからない…。
ついには、ご近所の方から、「宗教かと思ったよ!」と言われたのだそうです。
が、「宗教かと思ったよ!」という会話から、コミュニケーションから始まり、
少しずつ人が集まり、少しずつ認知され、地域の中に馴染んでいったのだそうです。

2つ目は、坂倉さんの代名詞とも言える「芝の家」のご紹介。
この「芝の家」は、港区の委託事業を慶応大学が受けて、地域と協力して「人が集まる場所をつくる」ということで、2008年から始められました。

港区では、人はいるけれど、つながりが増えない、近隣の人同士のネットワークがつくれないという、都市部ならではの、課題があったのでそうです。

「芝の家」は、いつ来てもいいし、いつ帰ってもいい。
何をやるかは来た人次第。
イベントスペースではなく、そこで何かをやっているものに参加してもいいし、参加しなくてもいい。
いたいようにいられる「居場所」。それが「芝の家」です。

子どもからお年寄りまでくるので、多世代交流があっていいね、という人もいるそうですが、それは、あくまでも結果であって、「芝の家」が多世代交流の場ををつくろうとして、つくっているわけではない。
「つくる、つくらないということでいえば、つくっていないんです」と坂倉さん。

子どもであれ、お年寄りであれ、やりたいことができて、同じ空間に共存できるような場。

そこでは、近隣の人の関心や特技を活かしたイベント、例えば、町会長の趣味のコンサート、お年寄りのお琴のコンサート、落語会などが、これまでに実現しています。


そして、3つ目は、坂倉さんにとって、一番新しい取り組みである、「ご近所イノベーター養成講座」の紹介でした。
町づくりの担い手ををつくる、というのが講座のコンセプトになっていて、

自分の持ち味を知る
地域に仲間を増やす
経験とスキルを育む
地域の見方を養う

ということにフォーカスして、講座はつくられているのだそうです。
a0197628_22293092.jpg


いろいろな活動紹介を通して、これからの「コミュニティ」をどう考えるか?
「自由」で「安心」なコミュニティは可能か?
ということを考えさせられる講義内容に、参加者の方もひきこまれていったようでした。
a0197628_22302636.jpg



さて、Open WSDも残りあと2日になりました。

次回は、明後日で、苅宿先生が再登場します!
テーマは、「コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話」
WSDの講座でも、毎期、登場する「ビタハピ」の開発の裏側のお話がきけます!

当日、会場にいらっしゃれない方は、ぜひ、Ustreamで、会場と同じ雰囲気を味わってください!
http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-27 22:20 | 講座のようす | Comments(0)

【Open WSD Week】2日目「入れ子型のカリキュラムデザインの3つのポイント」報告

2014年5月26日(月)


ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

2日目の今日は、

「”入れ子型”カリキュラムデザインの3つのポイント」というミニ講座でした!


講師は、青山学院大学社会情報学部の苅宿俊文先生。

a0197628_2255887.jpg


今日は「カリキュラムデザイン」についての講座ということで、様々なフィールドで研修や、授業をされている方が多く参加されていたようです。


まずは、苅宿先生の自己紹介も兼ねながら、様々なツールの紹介。


苅宿研究室でつくっている、アプリ「逆転時間」の紹介
https://itunes.apple.com/jp/app/ni-zhuan-shi-jian/id535415279?mt=8

「プロセスの作品化」ができるツール、脳の鏡
http://www.heu-le.net/ma/sakura_nou/


a0197628_22572036.jpg



そして、ワークショップデザイナー育成プログラムを例に、カリキュラムデザインのポイントを解説します。

1つ目のポイントは・・・
「学習者に何が起こっているのかに注目。学習者が使えることを考える」

ただ学ぶのではなく、学んだことを活用するとはどういうことなのか。
今求められているのは、正解と納得解。  などなど。


2つ目のポイントは・・・
「評価の呪縛を乗り越える」

私たちは、学校教育での「評価」に慣れすぎている。
自己評価を低く付けすぎる。加点法ではなく減点法で考えてしまう。など。


3つ目のポイントは・・・
「二元論の間に解を模索する」


そして講座終盤は、「語れる三角」の登場です。

a0197628_2374361.jpg



語れる三角は、何かを考えたり、話したりする時に、「構造化」するためのツールです。

モノが手元にあって、それを触りながら考える、話す、という良さもあります。


a0197628_23102883.jpg



私の好きなものは、これとこれとこれです。と演繹的に使うこともできるし、

私はこれとこれとこれでできています。と言えば、帰納的な表現も可能です。

参加者の方にも語れる三角をつかって、語ってもらいました!



a0197628_23121324.jpg


a0197628_23123422.jpg




実はコレ、今日は机がない場所だったので、講座開始前にスタッフで組み立てました。。。

a0197628_22515438.jpg


語れる三角100個。結構大変でした。

組み立てるのも楽しいんですけどね。

ちなみに事務局で一番組み立てるのが早かったのは田島さんでした!


平日の夜にもかかわらず、お忙しい中、参加してくださった参加者の皆様、ありがとうございました!

帰りには雨が降ってきてしまいましたが、大丈夫でしたでしょうか。
また青学に遊びにいらしていただければと思います!


明日は、坂倉杏介さんの「『つくらないこと』から生まれるコミュニティデザイン」です。

19:30からUstream配信も予定しております。

http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama

ご都合宜しい方はぜひご覧ください!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-26 23:19 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】1日目「ワークショップを通して学ぶワークショップデザイン」報告


2014年5月25日(日)

ついに始まりました!
ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。

1日目の今日は、

「ワークショップを通して学ぶワークショップデザイン」というミニ講座!

a0197628_20351682.jpg



約50名方にご参加いただき、Ustreamでも生放送で視聴していただきました!


講師は、劇作家・演出家の平田オリザさん。

a0197628_20351482.jpg



今日は「メタワークショップ」。
ワークショップに参加しながら、途中途中で解説も加えていきます。
まさに「ワークショップを通して学ぶワークショップデザイン」。


こちらは、好きな色や、好きな果物で分かれるワーク。

a0197628_2039155.jpg


どんなお題なら、(一番ワークショップをするのが難しいと言われる)中学生でも参加してくれるか、を考えました。


こちらは、1〜50までのカードを渡されて、
数字が大きいほど、「活発な趣味」を持っていて、数字が小さいほど「静かな趣味」を持っている、という設定で、趣味を紹介し合い、自分と一番、番号の近いと思われる人を探してペアになるゲーム。

a0197628_20395049.jpg


a0197628_20425869.jpg


様々なワークを通して、コミュニケーションの問題や、ワークショップができること、逆にワークショップという手法の危険性などについて解説していきました。

途中、ワークショップデザイナー育成プログラム修了生が関わられている「糖尿病劇場」などの事例も出しつつ、分かりやすく解説。

あっという間の1時間半でした。



最後は参加者同士で、感想のシェア。

a0197628_20444970.jpg



お忙しい中、お越しいただいた参加者の皆さん、本当にありがとうございました!



青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラムでは、平田オリザさんにeラーニングの講師、対面講座の講師(毎期ではないですが)をお願いしています。

eラーニングの平田さんの教材は、約2時間のかなりボリューミーな内容です。



ワークショップデザイナーって何?と思った方はコチラ
【ワークショップデザイナー育成プログラム説明会】

2014年6月11日(水)10:00〜20:30
2014年6月15日(日)16:00〜17:30
2014年6月17日(火)19:30〜21:00
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html




Open WSD Week、Ustreamでの配信を予定しております!!
Ustreamの配信はこちらのページから!
http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama


当日の配信状況はfacebookページにて!
https://www.facebook.com/wsdsuishin?ref=hl



ワークショップデザイナー育成プログラムの講師による
無料特別講座【Open WSD Week】@青山学院大学青山キャンパス
・5月25日(日)
 ワークショップを通して学ぶ、ワークショップデザイン(講師:平田オリザ)
・5月26日(月)
 " 入れ子型 "のカリキュラムデザインの3つのポイント(講師:苅宿俊文)
・5月27日(火)
 「つくらないこと」から生まれるコミュニティデザイン(講師:坂倉杏介)
・5月29日(木)
 コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話(講師:苅宿俊文)
・5月30日(金)
 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方(講師:内山厳)

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-25 20:50 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】未来のワークショップデザイナー?編その3

5月25日〜30日に予定されている、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

ワークショップデザイナー育成プログラムの講師が無料講座を開講するという、オープンキャンパスのようなイベントです!

現在、Open WSD Week特集として、毎日ブログを更新しています。

今日は第八弾。
「未来のワークショップデザイナー?」編、その3。
Open WSD Weekのポスターとともにワークショップデザイナーの紹介をしていきます。


今日は、WSD16期の秋友さん。

青学16期 秋友光晴さん(通称:あっきー)

ワークショップは経験はないのですが、まちづくりに関わりたいと思っており、地域のつながりを作る、地域づくりのワークショップをしていきたいと思います。仲間を探しています。

a0197628_20252841.jpg


WSD育成プログラムについて一言!!
地域づくりの活動をしたいとコミュニティデザインの本を読んだり、情報収集をする中で偶然にもWSDのページに行き着き、ここで学びたいと受講を決めました。レポートも授業もワークも毎回の学びが楽しくワクワクします。
WSDで学んだことと自分の得意技を磨き、実践に結びつけていきたいと思います。



続きまして、16期生よりもだいぶ先の未来のワークショップデザイナーさん。

a0197628_20264651.jpg


この子のママは、ワークショップデザイナー!

この子もいつかワークショップデザイナーになってくれるんでしょうか。

それまで講座が続くように頑張らなくては・・・


青学7期 加瀬幸江さん(通称:ゆきちゃん)

ゆきちゃんからWSD育成プログラムについて一言!

WS実施にほぼ縁のない勤め人にも、講座で学んだことは、職場や子どもたちとの関わりの中での自分の考え方・ふるまいにじんわり効いています。


お写真、コメントをいただいたみなさま、ありがとうございました!
明日からいよいよOpen WSD Week本番です!
ワークショップデザイナーって何?と思った方はコチラ
【ワークショップデザイナー育成プログラム説明会】

2014年6月11日(水)10:00〜20:30
2014年6月15日(日)16:00〜17:30
2014年6月17日(火)19:30〜21:00
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html



Open WSD Week、Ustreamでの配信を予定しております!!
Ustreamの配信はこちらのページから!
http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama


当日の配信状況はfacebookページにて!
https://www.facebook.com/wsdsuishin?ref=hl



ワークショップデザイナー育成プログラムの講師による
無料特別講座【Open WSD Week】@青山学院大学青山キャンパス
・5月25日(日)
 ワークショップを通して学ぶ、ワークショップデザイン(講師:平田オリザ)
・5月26日(月)
 " 入れ子型 "のカリキュラムデザインの3つのポイント(講師:苅宿俊文)
・5月27日(火)
 「つくらないこと」から生まれるコミュニティデザイン(講師:坂倉杏介)
・5月29日(木)
 コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話(講師:苅宿俊文)
・5月30日(金)
 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方(講師:内山厳)

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-24 18:20 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】未来のワークショップデザイナー?編その2

5月25日〜30日に予定されている、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

ワークショップデザイナー育成プログラムの講師が無料講座を開講するという、オープンキャンパスのようなイベントです!

現在、Open WSD Week特集として、毎日ブログを更新しています。

今日は第七弾。
「未来のワークショップデザイナー?」編、その2。
Open WSD Weekのポスターとともにワークショップデザイナーの紹介をしていきます。



今日は、16期の修了生スタッフの増田さんと、16期の飲み会隊長(?)の井上さん、16期の姉御(?)絞谷さんの紹介です。



表参道駅にポスターが掲示されていた期間が、ちょうど16期の対面講座の期間と重なっていました。
そこで、講座修了後に、ポスターを見に行ってくれたのが、このお二人!


a0197628_152180.jpg


写真左:青学13期 増田敦さん(通称:ますぴ)

劇団俳協という劇団で演出家をしています。たまに俳優をやることもあります。演劇が専門です。劇団俳協の俳優養成機関である俳協演劇研究所で演劇ワークショップして俳優の養成をしてます。個人や専門学校などでも俳優育成、声優育成の為の演劇ワークショップを定期的行っています。
美味しい酒を飲み、語り合うワークショップ(飲み会)?を日々どこかの酒場でWSDを含むいろんな仲間とやってます。



青学WSD育成プログラムでは、講座を修了したワークショップデザイナーの方に、講座の運営に関わってもらっています。

講師と受講生だけでなく、そこに「ナナメの関係」の修了生がいることで、何かあったときに気軽に相談できたり、修了後のイメージを持てたり、期と期を繋いでつながりが生まれたり、お互いにとって良いことが起きる気がしています。



ますぴから、WSD育成プログラムについて一言!


たくさんの出会いと可能性を頂き感謝しています。
自分の仕事である演出と育成プログラムのデザインという点で学び直すことができました。
WSDとなかにし(居酒屋)のおかげで、感覚的に行ってきた自分のデザインプログラムの自信と酒量が増えました。少し胃が荒れてます。ありがとうございます。


つづきまして、16期の飲み会隊長、井上さん

(写真右)青学16期 井上洋市朗さん(通称:スナフキン)

普段は若手社会人向けのビジネススキル研修の仕事が多いですが、最近ではスポーツ×ワークショップというテーマに取り組んでいます。
直近では6月21日(土)にランニング×コミュニケーションワークショップを開催予定です。ランニングフォームの見直しを通じて、コミュニケーションのコツを気付いてもらうプログラムです。
是非、ご参加ください。
http://kailabo.com/イベント情報/315/


スナフキンからWSD育成プログラムについて一言!


こんなに面白くて、でも厳しくて、素敵な仲間に恵まれる講座はありません。
二日連続5時間飲みたい仲間が欲しい人はWSDへ!



16期生、17時に対面講座が終わった後、すぐに居酒屋さんへ行って、5時間居座っているという噂・・・
本当だったんですね!
みなさん翌日のお仕事に影響でない程度に飲んでください・・・

このお二人だけ紹介すると、WSD育成プログラム、どんだけ呑んだくれ集団なのかと思われそうな気もしますが・・・



続いて、絞谷さん。


青学での対面講座の日に、キャンパスにあった看板とお写真を撮ってくださいました!
ちなみに、その日の講座の様子はコチラから。
過去の記事【青学WSD】初日の対面講座を開講しました!


写真左上:青学16期 絞谷充子さん(通称:しぼりん)
a0197628_14463589.jpg


修了生ではなく、ただいま勉強中のしぼりんです。
新しい仲間といっしょにポスターの前でパチリ。無事に最後まで走り抜けれるのかぁ〜


しぼりんからWSD育成プログラムについて一言!

対面講座2回が過ぎたばかりですが、いろんな人との出会いに刺激受けまくってます。




以上、16期のみなさまでした!
お写真とコメントありがとうございます!



ワークショップデザイナーって何?と思った方はコチラ
【ワークショップデザイナー育成プログラム説明会】

2014年6月11日(水)10:00〜20:30
2014年6月15日(日)16:00〜17:30
2014年6月17日(火)19:30〜21:00
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html



Open WSD Week、Ustreamでの配信を予定しております!!
Ustreamの配信はこちらのページから!
http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama

当日の配信状況はfacebookページにて!
https://www.facebook.com/wsdsuishin?ref=hl


ワークショップデザイナー育成プログラムの講師による
無料特別講座【Open WSD Week】@青山学院大学青山キャンパス
・5月25日(日)
 ワークショップを通して学ぶ、ワークショップデザイン(講師:平田オリザ)
・5月26日(月)
 " 入れ子型 "のカリキュラムデザインの3つのポイント(講師:苅宿俊文)
・5月27日(火)
 「つくらないこと」から生まれるコミュニティデザイン(講師:坂倉杏介)
・5月29日(木)
 コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話(講師:苅宿俊文)
・5月30日(金)
 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方(講師:内山厳)

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-23 10:12 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】表参道でポスター大注目?編

5月25日〜30日に予定されている、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

ワークショップデザイナー育成プログラムの講師が無料講座を開講するという、オープンキャンパスのようなイベントです!

現在、Open WSD Week特集として、毎日ブログを更新しています。

今日は第六弾。
「表参道でポスター大注目?」編


今回、このOpen WSD Weekのポスターを表参道駅に貼りだしてみました!

ちなみに、「駅貼りポスターだなんて、WSD育成プログラム大きくなったな〜」とか、「そんなに儲かってるのか〜」と思われている関係者の方々もいらっしゃるという噂ですが・・・

・・・儲かってないです。ただ必死なんです(笑)


さて、そんなこんなで、表参道駅のポスターを見に行ってみると・・・


おぉ!ポスターを見ている人が!!!

a0197628_2095782.jpg


なんだかすごく真剣に見ているご様子・・・
a0197628_20101597.jpg


・・・と思いきや、お家さんのポスターを見ている!!!
a0197628_20103288.jpg


読売テレビ開局55年記念ドラマ「お家さん」
読売テレビ系・日本テレビ系で5月9日夜9時放送です。

a0197628_2011206.jpg


「ふむふむ、お家さん、おもしろそう。」
a0197628_20141010.jpg




お家さんを見逃したあなたのために・・・


Open WSD Week、Ustreamでの配信を予定しております!!


Ustreamの配信はこちらのページから!
http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama

当日の配信状況はfacebookページにて!
https://www.facebook.com/wsdsuishin?ref=hl


ワークショップデザイナー育成プログラムの講師による
無料特別講座【Open WSD Week】@青山学院大学青山キャンパス
・5月25日(日)
 ワークショップを通して学ぶ、ワークショップデザイン(講師:平田オリザ)
・5月26日(月)
 " 入れ子型 "のカリキュラムデザインの3つのポイント(講師:苅宿俊文)
・5月27日(火)
 「つくらないこと」から生まれるコミュニティデザイン(講師:坂倉杏介)
・5月29日(木)
 コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話(講師:苅宿俊文)
・5月30日(金)
 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方(講師:内山厳)

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-22 10:00 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】未来のワークショップデザイナー?編その1

5月25日〜30日に予定されている、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

ワークショップデザイナー育成プログラムの講師が無料講座を開講するという、オープンキャンパスのようなイベントです!

現在、Open WSD Week特集として、毎日ブログを更新しています。

今日は第五弾。
「未来のワークショップデザイナー?」編、その1です。

今日は、未来のワークショップデザイナー、そう、現在受講中、16期生の方です!


16期は、先週末で3日目の対面講座を終え、今週末から、受講生同士でワークショップを企画する講座に入ります。
今週末から、波瀾万丈、いろいろあると思いますが・・・
7月末には晴れて、ワークショップデザイナーになっている!はず!




青学16期 外村奈津子さん(通称:そとさん)

現在、WSD第16期の履修生として、ワークショップを学んでいます。講義の動画を見てのレポート、講義、実習(まだこれからですけれど、笑)と、どきどき、わくわくな日々をすごしています。

a0197628_17181460.jpg


そとさんからワークショップデザイナー育成プログラムについて一言!

さまざま職業や問題意識を持つ人たちと、切磋琢磨しながら楽しく、ときには厳しく(?)学ぶことができます。


続きましてもう一方!


青学16期 岩崎裕美子さん(通称:えれーな)
a0197628_17244010.jpg

ワークショップデザイナー育成プログラムについて一言!

動いてみて初めて感じることがあります。その感動は、とっても新鮮!
みんなと一緒に学びを分かち合いましょう。



お二人ともありがとうございました!

16期は、今週末から、受講生がグループに分かれてワークショップを企画。
6月8日に企画したワークショップの実習を行います。

5月25日は、Open WSD Weekの裏で対面講座が・・・頑張りましょう・・・




ワークショップデザイナー育成プログラムの講師による
無料特別講座【Open WSD Week】@青山学院大学青山キャンパス
・5月25日(日)
 ワークショップを通して学ぶ、ワークショップデザイン(講師:平田オリザ)
・5月26日(月)
 " 入れ子型 "のカリキュラムデザインの3つのポイント(講師:苅宿俊文)
・5月27日(火)
 「つくらないこと」から生まれるコミュニティデザイン(講師:坂倉杏介)
・5月29日(木)
 コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話(講師:苅宿俊文)
・5月30日(金)
 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方(講師:内山厳)

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html


ワークショップデザイナーって何?と思った方はコチラ
【ワークショップデザイナー育成プログラム説明会】

2014年6月11日(水)10:00〜20:30
2014年6月15日(日)16:00〜17:30
2014年6月17日(火)19:30〜21:00
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-21 10:14 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】ケンさん、もっきー、東京巡り編

5月25日〜30日に予定されている、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

ワークショップデザイナー育成プログラムの講師が無料講座を開講するという、オープンキャンパスのようなイベントです!

現在、Open WSD Week特集として、毎日ブログを更新しています。

今日は第四弾。
「ケンさん、もっきー、東京巡り」編 です!

このお二人を紹介することでなんとポスターを貼った都内3カ所を巡れてしまうという今日のブログ。


まずは、青学第13期修了のワークショップデザイナー ケンさん。
ポスターが貼り出された!ということで、多摩センター駅と参宮橋駅を巡ってくれたとのこと!

青学13期修了 田中健治さん(通称:ケンさん)

まずは多摩センター駅のケンさん↓
a0197628_16491621.jpg


現在、フリーランスの人財(材)育成講師として活動中。
主に技術サービス事業系企業向けのビジネスマナー、電話応対マナー、コミュニケーション、安全品質、CS等の講座を行っている。
ビデオ撮影を用いて、参加者自身が自分の姿、振る舞いを観て、声を聴いて自分自身がどの様に見え感じるか、自分の知らない自分を知り、他者からどの様に観られるかを知るなどのワークを行っています。



そして参宮橋駅のケンさん↓
a0197628_16561128.jpg


ケンさんからWSD育成プログラムについて一言!!

「最初の出会いからジェットコースター級の学びの連続!
 そして節目節目に感じるものは何かな?
 SSS(スリーエス)の感動!スリル、スピード、サスペンス!(^^)! 」

ケンさん、ありがとうございました〜!!


つづきまして、

青学11期修了 松山元樹さん

自治体の観光計画策定や観光アイデアのWSをしています。また、文京かるた隊の一員として子どもから高齢者まで楽しめるオリジナルかるたを作って・遊ぶWSを定期的に開いています。


そういえば、もっきーさんは昨年秋に、WSD育成プログラムを修了したワークショップデザイナーによるイベント「ワークショップピクニック」で、かるたのワークショップを運営されていました!
http://www.ws-picnic.net/wsm.html



表参道駅のもっきー↓
a0197628_1702739.jpg


もっきーから、WSD育成プログラムについて一言!

ここでの出会いは、その後の活動の幅を大きく広げてくれますよ。




お二人とも、お忙しいところありがとうございました!
明日は、「未来のワークショップデザイナー?その1」をお届けします。



ワークショップデザイナー育成プログラムの講師による
無料特別講座【Open WSD Week】@青山学院大学青山キャンパス
・5月25日(日)
 ワークショップを通して学ぶ、ワークショップデザイン(講師:平田オリザ)
・5月26日(月)
 " 入れ子型 "のカリキュラムデザインの3つのポイント(講師:苅宿俊文)
・5月27日(火)
 「つくらないこと」から生まれるコミュニティデザイン(講師:坂倉杏介)
・5月29日(木)
 コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話(講師:苅宿俊文)
・5月30日(金)
 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方(講師:内山厳)

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html


ワークショップデザイナーって何?と思った方はコチラ
【ワークショップデザイナー育成プログラム説明会】

2014年6月11日(水)10:00〜20:30
2014年6月15日(日)16:00〜17:30
2014年6月17日(火)19:30〜21:00
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-20 17:06 | お知らせ | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル