青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧




【青学WSD】15期最終日!!

先週の2014年3月23日(日)、
12月から始まった15期の濃ぃ〜い3か月のプログラムが終了しました。

最終日のこの日、午前は吉野さつきさん考案の「手と足のワーク」を行いました。
「手と足のワーク」とは、これまでの自分や講座での体験を振り返り、
今後WSDとしてどのような活動をしていきたいのか書き出し可視化するワーク。
過去・現在・未来の自分を整理し、自分マップを作成するようなイメージです。

まずは個人でシートを完成させます。足・手形をとっていき、
a0197628_15324848.jpg

a0197628_15334493.jpg

どんどん内容を書き込んでいきます。
a0197628_15345654.jpg


次にペアを組んでもらい、作成したシート内容を共有します。
ペアの組み方は、クラスやグループにならなかったり、話す機会が少なかった人。
3ヶ月は長いようで短い。意外と話してなかったね、なんて会話が聞こえてきます。
a0197628_15355880.jpg


お次は「WSのタネ」作り。「WSのタネ」とは、今後やってみたいWSのこと。
まずは木の枠がイラストされた紙に、
先ほど作成した「手と足のワーク」で書いた内容を1つ書き出します。
この講座を受講した方々には今後も何かを実践してほしい。
担当メンタがそんな思いで組み込んだワークです。
a0197628_1546931.jpg


と、その前に・・・・・・・久々にデスクワークが多いので、
15期恒例!?体操の達人の受講生による「うるしくん体操」で体をほぐします!
a0197628_1545597.jpg

急なお願いにも関わらず、快く引き受けてくださりありがとうございました!
a0197628_1540657.jpg

体とともに、心もかなりほぐれましたね!メンタも楽しみました!
a0197628_15442100.jpg


そして休憩をはさみ、午前考えたWSの内容が自分と近い人とグループを組み、
発表・質問等でアイデアを具体的にしていきます。
a0197628_1549483.jpg

a0197628_15512780.jpg


もう一度ひとりになり、明確になったアイデアを、
「タネ」と称したチラシにして具現化します。デザインも人それぞれ。
a0197628_1552262.jpg

a0197628_15533990.jpg


ワーク終了後、苅宿先生より15期生に向けてメッセージが贈られました。
a0197628_15561370.jpg


15期生は、なんと全員お揃いのオリジナルデザインのトートバックをつくったということで!
a0197628_15595553.jpg

2回の大雪に見舞われた15期生らしく、雪が被ったデザイン。
遭難しかけるほど大変だったけど・・・・本当にかわいい!!
a0197628_1614468.jpg



15期のみなさま、3ヶ月間大変おつかれさまでした。
いろんなことを両立させながらの受講、本当に大変だったと思います。

とても充実した3ヶ月でしたね!!!
クラス合同で集合写真!
a0197628_12521145.jpg


本プログラム修了はゴールではなく、スタート。
この講座での学んだこと、繋がりを活かしていただき、
これからワークショップデザイナーとしてのご活躍、楽しみにしています!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-03-25 16:41 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】15期最終日イヴ

3/16(日)WS実践Ⅱ演習は、15期の最終日イヴでした。

午前中は先週行った実習の裏側について、メンタが説明。
そして、苅宿先生の「評価」についての対面講座でした。

現在までの「評価」方法と、ワークショップの「評価」方法について。
ワークショップは「評価」が難しいので、答えがありません。
人で変わるし、社会的背景でも変わる。苅宿先生の考えを受講生に伝えました。

a0197628_1553446.jpg


みなさん久々の座学でしたね!真剣な表情でメモをとります。
a0197628_15544498.jpg


午後は、劇作家・演出家の平田オリザさんの演劇ワークショップを体験!!
体験と同時に、平田先生がワークショップを行う上での工夫や仕組みを教えてくださいました。

a0197628_1557623.jpg


みなさん実習も終わり、リラックスした雰囲気!
ワークショップの参加はやはり楽しいですね!

a0197628_15574821.jpg

↓盛り上がりすぎて平田先生に「はやく座って〜」と言われているところ。。w
a0197628_15582357.jpg


来週は15期最終日です。
長かったような、あっという間だったような。。
受講生は各々どう感じられているでしょうか。

あと1日、いよいよこのメンバーで学ぶ最後の日です。
思い切り楽しみましょうね!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-03-17 20:15 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】15期 WS実践Ⅱ(さいごの)実習が行われました!

週末、15期生が3週間かけて企画した子ども向けワークショップの実習が行われました。
企画したワークショップはipodを使う「逆転時間」。

a0197628_15572822.jpg


Aクラスは3/8(土)修了生スタッフご協力のもと狛江市の小学校にて。
Bクラスは3/9(日)文京区の複数の小学生が集まり、東大で開催されました。
対象は小学1〜6年生。
午前に2つのグループ、午後に2つのグループが実習を行います。

会場に到着するやいなや、
実施グループは急いで準備に取りかかります。

a0197628_20272184.jpg

a0197628_20281845.jpg

a0197628_20285171.jpg


あっという間に開始時刻が近づき、子どもたちが到着!
各グループ、早く来てくれた子どもたちが待ち時間に退屈しないよう工夫をします。

紙風船で遊んだり
a0197628_20294066.jpg

パズルやカードゲームをしながら子どもたちは開始を待ちます。
a0197628_2030126.jpg


逆転時間の撮影を始める前に、
アイスブレイクで子どもも大人も緊張をほぐし距離を縮めていきましょう。

体操を行うグループや
a0197628_2031898.jpg

子どもたちに絵を描いてもらうグループも。
こんな大きな紙に描くなんてなかなか貴重な体験!
a0197628_20315818.jpg


次に、子どもたちが作品作りに入る前に「逆転時間」の見本映像を見てもらったり、
実際に見本映像を撮ったりして説明をしていき、まずは楽しさをあたまで分かってもらいます。

a0197628_20335387.jpg


できた映像は、普段だったらあり得ない動きに。驚きで歓声が湧きます。
a0197628_1672272.jpg


説明の後は、いよいよ子どもたちの創作タイム!

創作時間の前半は逆転するとどんな映像になるのか、何でもやってみます。
a0197628_15363486.jpg


自分たちが作った映像を見て、もっとこうやったら面白いんじゃない?
と意見が出たり撮ったりと、子ども自身で考えて動いていきます。
a0197628_15422530.jpg

a0197628_15401391.jpg

a0197628_15442157.jpg


撮影方法や出演者への指示の出し方も、だんだん慣れてきたようです。
a0197628_20373287.jpg


後半は、前半で撮った映像の面白かった動きをもっと激しくしてみたり、
ストーリーを付けて組み立ててみたり。
みんなで何かを創作することの楽しさを体感してもらうことが今回のテーマです。
a0197628_15502073.jpg

a0197628_16113655.jpg



作品作りの時間はあっという間。
こだわるグループなど最後まで粘るグループもちらほら。
各グループが揃ったら作品の発表会です!
どういうところが見所か、苦労話など、ファシリテーターが質問します。
ご家族の方もたくさん発表会を見にきてくださいました。

a0197628_1552146.jpg

a0197628_15513122.jpg


無事、午前のグループも午後のグループも終了しました!

ほっと一息。。。
つく間もなく、今日のワークショップを振り返りましょう!
修了生スタッフが進行するリフレクションの時間です。

ファシリテーターとして、何ができて何ができなかったか。
グループ全体として、プログラムデザインはどうだったのか等、
いろんな視点でワークショップを振り返っていきました。
a0197628_1553311.jpg


Aクラスの講師をしてくださった郡司先生、
最後までお付き合いいただきありがとうございました!
a0197628_15565120.jpg


企画から実施まで、様々な職業や年齢の方とグループを組み、
ワークショップをデザインしていきました。
受講生にとって、今回のワークショップデザインは貴重な体験だったと思います。

受講生のみなさま最後の実習、本当におつかれさまでした!!!
講座は残すところあと2日間、最後までよろしくお願いします!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-03-12 15:59 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】14期生 卒業発表会イベント! WorkshopABC

今日の記事は、講座を修了した「ワークショップデザイナー」の活動のご紹介です。

修了生は、講座終了後にいろんな活動をされていて、事務局スタッフも時々その活動に参加させていただいています。

少し前…いえ、だいぶん前のことになりますが、2014年1月19日に修了ホヤホヤの14期生が運営・企画した「WorkshopABC」のレポートです。

このイベントは、14期の講座開講中から企画されていたのもので、講座中の大人向け実習で実施したワークショップをさらにブラッシュアップ、リニューアルしたものを、一般の方に向けて行う、という、WSD始まって以来の「卒業イベント」でした。

当日行われたワークショップは…
・宇宙船フラフープ14号
・からだいっぱい表現ワークショップ
・ピクトさんの大冒険!
・恋する食卓
・おおきな木〜プレイフルワークショップ〜
・当たり前ってなんだろう!?当たり前体験!
・シェアハウスをつくろう!

の豪華7本立て!!

当日の参加者の中には、13期以前の修了生をはじめ、一般の方や現役女子高校生、小学生まで混ざるという多彩な顔ぶれでした!

a0197628_1851780.jpg

a0197628_1853570.jpg

a0197628_1854872.jpg

a0197628_20133739.jpg

a0197628_20151134.jpg

a0197628_20155384.jpg

a0197628_2042050.jpg



会場には、ワークショップ実施者だけでなく、イベント全体のオペレーションを行う企画ブースや会場案内係など、随所に人員が配置され、参加者の方に対して実に細やかな対応がされていました。

修了してからわずかな準備期間でこの日を迎えたわけですが、準備段階ではいろいろと大変なこともあったようでした。

ある修了生の方が、
「私たちはWSDで同じ経験を共にした仲間だから、スタート地点が一緒だと思っていたのに、今回、実際に企画してみて、そうじゃないことがわかりました。やっぱり講座中は、どこか遠慮みたいなものがあって、お互いが相手に合わせている部分があったんだなぁって。今回の企画で、お互いがゆずらなかったり、ぶつかったりして、実感を伴ってそのことに気づきました。」と仰っていました。

これって、まさに一人一人がワークショップデザイナーとしての自覚を持ち始めた証なのではないでしょうか!
なにより、今回のようなイベントを実際に企画、運営したからこその大きな気づきであると同時に、
修了してわずかな期間に、そのような体験ができたというのは、すごいことだなぁと思いました。

修了生の方が自分たちの力で学び続けている様子を見て、本当にすごい!と思ったし、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
ぜひ、今回の学びを次に活かしていっていただければと思います。

企画、実施をされた14期の方、本当にお疲れさまでした!
楽しい1日をありがとうございました!

そして、早いもので15期生も、残り2回の講座で終了となります。
先週末は、お子さん向けのワークショップ実習が無事に終わりました。
次回のブログは、その実習の様子をお届けします!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-03-10 20:10 | 修了生の様子 | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル