青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧




【出版情報】ワークショップと学びシリーズ

本プログラムの講師である佐伯胖先生、苅宿俊文先生などが編者をしている書籍「ワークショップと学び1 まなびを学ぶ」「ワークショップと学び2 場づくりとしてのまなび」 が出版されました。

a0197628_1936446.jpg



第1巻「まなびを学ぶ」は、ワークショップという言葉や活動の時代背景や、新しい定義について、まなびほぐし=アンラーンという考え方や、平田オリザ氏は演劇ワークショップについて、宮台真司氏は社会学からみたワークショップについてを書いていたり、上野正道氏のアートやデューイの話もとてもおもしろいです。
様々な方が、学びほぐし、ワークショップを様々な切り口から書いています。
かなりの人気でamazonでも一時売り切れだったとか。

第2巻は私もまだ読んでいません。。。

ちなみに今後、シリーズ第3巻「ワークショップと学び3 まなびほぐしのデザイン」が出版予定です。
http://www.utp.or.jp/series/workshop.html

1巻の目次はこんな感じです。↓↓↓

シリーズ刊行にあたって
イントロダクション――ワークショップの現在(苅宿俊文)
第I部 まなび学のキー・コンセプト(高木光太郎)
第1章 「まなびほぐし(アンランーン)」のすすめ(佐伯 胖)
第2章 まなびほぐしの現場としてのワークショップ(苅宿俊文)
第3章 「まなびの凝り」と「まなびほぐし」――「転倒しつつある場」としてのワークショップの可能性に向けて(高木光太郎)
第II部 まなび学のひろがり(苅宿俊文)
第4章 まなびとワークショップの社会学(宮台真司)
第5章 アートの公共空間を創発する――プラグマティズムの学び学へ(上野正道)
第6章 教えなければならないことは、何もない(平田オリザ)
第7章 昭和22年のワークショップ(苅宿俊文)
[PR]



by aogakuwsd | 2012-06-05 19:32 | お知らせ | Comments(0)

【青学WSD】10期の実習が終わりました!

2012年6月3日(日)に、10期生の1回目実習がありました。

実習とは、受講生が約6名のグループに分かれ、自分たちでワークショップを企画し、実施するというものです。

5月27日に、ミュージアム・エデュケーション・プランナーの大月ヒロ子さんからワークショップデザインについての講義を受け、劇団田上パル主宰の田上豊さんからワークを教えてもらい、それらをもとに、1時間のワークショップを企画しました。

テーマはいろいろ。
結活ワークショップや、町内会でのまちづくりワークショップ、マンション住人の交流会のワークショップなどなど。
「コミュニティを活性化する」というお題は統一のまま、いろいろなフィールドを想定し、ワークショップを企画しました。
a0197628_19131636.jpg


写真は、講師の大月さん(中)田上さん(右)田上さんのアシスタントで来てくださった二宮さん(左)です。講師のみなさん、ありがとうございました!



5月27日と、6月2日にグループで企画を練ったり、リハーサルをして
a0197628_19141624.jpg


6月3日には、10期AクラスはBクラス、BクラスはAクラスの受講生と、修了生に向けて、ワークショップの実践を行いました。
a0197628_19161138.jpg


ワークショップ終了後は、実施者参加者が混じって振り返りをして、辛辣な、いえ親切な、というか建設的なフィードバックをたくさんもらいました。

実習に参加者として参加してくれた修了生の方がおっしゃっていましたが、
「WSD育成プログラムを終了して現場に出たら誰もフィードバックなんてしてくれない。こうやってフィドバックをもらえると、そして一緒に考える仲間がいることはとても大事なことなんだ!」

本当にそうだなと思います。
今回の経験を、次の実習、そして終了後の実践にいかしてもらいたいなと思います。
[PR]



by aogakuwsd | 2012-06-05 19:21 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル