青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




こどもの城で、「逆転時間ワークショップ」

青学WSD第9期Bクラス実習!

9期Bクラスが2月26日(日)に、こどもの城で「逆転時間ワークショップ」を実施しました。
受講生は、2月18日に逆転時間の体験とグループでの企画、25日(前日)に多摩美術大学の植村先生にも来てもらい、リハーサルと準備をして、26日の本番に臨みました。

a0197628_1772641.jpg


逆転時間はデジタルカメラで動画を撮影し、それを逆再生で見ておもしろい映像を、グループで撮るワークショップ。

グループに分かれて、こどもの城のいろいろな場所へ行き、逆転時間の作品作りをしました。

a0197628_1717177.jpg



こどもの城は、ロッククライミングができる壁があったり、おもしろい自転車があったり、誘惑(?)がたくさんありましたが、その中でも逆転時間のおもしろさを発見したり、追求していくことの意味など、考えさせられることの多い1日になりました。

a0197628_17183713.jpg


2時間のワークショップを終えると、受講生は(へとへとになりながらも)ワークショップの振り返りをしたり、講師から講評をもらったりしました。

最後に、こどもの城の下村一さんに、プレイワーク研究会の『こどもの「遊ぶ」を支える大人の役割』という冊子をご紹介いただきました!
この冊子、ワークショップデザイナーなら、こどもの遊びや学びにかかわる人なら、必読です!とても勉強になります。

TOKYO PLAY 
http://www.tokyoplay.jp/

『こどもの「遊ぶ」を支える大人の役割』
http://www.tokyoplay.jp/_userdata/playwork_text.pdf
[PR]



by aogakuwsd | 2012-02-28 17:23 | 講座のようす | Comments(0)

第9期Aクラスの実習が終わりました!

2月19日(日)文京区の小学校にて、青学ワークショップデザイナー第9期2回目のワークショップ実習がありました!

前回は大人向けのワークショップの企画、実践でしたが、今回は子供向け。
小学生を対象に、ワークショップを実施しました。

今回行ったのは、「逆転時間」。デジタルカメラで動画を撮影し、それをパソコンで逆再生してみて、面白く見える映像を、グループでつくります。

a0197628_16193249.jpg


普段、企業の研修等で大人を対象にしている人にとっても、子ども向けワークショップから学ぶことは多いようです。
予想外の出来事が起きたりとか、説明がうまく伝わらなかったりとか、こどもと対等にあるとは何か?を考えたり、本当に意味があったのかなとか、参加者の中にあるものを本当に信じていたのかとか。。。。。いろいろな意味で刺激的な1日だったと思います。

そして何より、参加してくれたお子さんが、怪我なく、事故なく、「楽しかった〜、また来たい〜」と言って帰ってくれて、まずは良かった〜。
9期Aクラスのみなさんお疲れさまでした。

今週末は9期Bクラスの実習です!
[PR]



by aogakuwsd | 2012-02-21 16:21 | 講座のようす | Comments(0)

パンフレットをつくりなおしています

今、WSDのパンフレットをつくりなおしています。
今月末か、3月の説明会には、新しいパンフレットを配布できるよう、準備を進めています。

そこで、今、WSDの受講生の年齢構成や男女比、属性をもう一度整理したり、アンケート結果を最新のものも含めて集計しなおしたりしています。

最新情報によると
【修了者数】 484名(青学1〜9期、阪大1〜6期、鳥大1期)
         (2012年2月現在、見込み者含む)

もうすぐ500人だ!!

【男女比】  男性 187人 39%  
       女性 297人 61%

ちなみに、男性の人数が女性の人数を上回っている期は1つもない!!
中には男性が1/4しかいない期もありました。
女性の方が受講しやすいのかな?何なのでしょう。
そういえば前に、SHIBAURAHOUSEの方にお話伺った時も、講座の参加者は女性の方が圧倒的に多いって言っていました。

【年 齢】  10代 1名     0,21% (笑) ←この人偉い。
       20代 101名   21%
       30代 175名   36%
       40代 147名   31%
       50代 49名    10%
       60代 8名      2%


あ、ホームページも更新しなきゃ!
[PR]



by aogakuwsd | 2012-02-20 10:22 | スタッフのつぶやき | Comments(0)

ワークショップピクニックを開催しました

2012年2月12日(日)に、ワークショップデザイナー育成プログラムの修了生が中心となって、「ワークショップピクニック」を開催し、141名もの参加者の方が来てくれました。

ワークショップピクニックは、造形、身体表現、メディア、音楽、などなど様々なワークショップが開催され、参加者は1日ゆっくりと様々なワークショップに参加できるイベントです。

昨年10月から企画を立ち上げ、青学WSDの6・7期生を中心に企画をしてきました。
何もない状態から1つのイベントをつくるのは大変。
何度も何度も打ち合わせを重ね、100名以上の修了生が企画に関わり、協力して運営してきました。

当日参加したお子さんは、やっと歩けるようになったお子さんから、小学校高学年、大学生、大人まで様々。たくさんのワークショップを体験してもらい、みなさん笑顔で楽しんで帰ってくれました。
「来年もやりますか?」とのうれしい質問もいただきました。
ちなみに来年もやるかは、、、、未定のようです。
続けていきたい!との声ももちろん上がっています。

当日開催されたワークショップは、
・写真で撮影したものを大きなスクリーンに映し出す「見えないものを見つけよう、写真で?」
・ことばの書いてあるボールで言葉遊びをする「まりボール」
・オリジナルのカルタをつくる「おもしろカルタ作り」
a0197628_1741543.jpg

・デジカメで映像を撮って逆再生する「逆転時間」
・「サケの一生すごろく」
a0197628_17294312.jpg

・描いた絵がパソコンの中で動き出す「ビスケット」「紙エコタウン」
a0197628_1736368.jpg

・からだを動かす「ぽかぽかしよう」
・4コマ漫画をからだでつくる「立体4コマ」
・鳥の型から鳥を描き、みんなで空に飛ばす「鳥を飛ばそう」
・様々な材料で音をつくりだす「シアターに音を取り戻せ!」
など、様々。

その他、大人向けにワークショップの解説をしたり、お昼には、奨学金ならぬ「奨学米」で、おにぎりをつくって食べました。
[PR]



by aogakuwsd | 2012-02-14 17:42 | 修了生の様子 | Comments(0)

ワークショップの実習と振り返りをしました!

青学第9期ももう半分の講座が終わりました。
3ヶ月の講座、本当にあっという間です。

さて、先日行った講座では、受講生が6名1グループに分かれて、講師から教えてもらったワークを元に1時間のワークショップを企画しました。

今回の講師は、劇団田上パルの田上豊さんと大月ヒロ子さんです。
田上パル    ▶http://www.tanouepal.com/
大月ヒロ子さん ▶http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/instructor.html

私たちはずっと「田上パル」さんっていう名前の方かと思っていたのですが、田上パルは劇団名でした。。。
田上さんにワークを教えてもらい、それを元に2日間かけて企画し、そして大月さんにアドバイスをもらい、1月29日にお互いのクラスと、修了生に向けて実施をしました。
a0197628_21413310.jpg


2月4日には、ワークショップコーディネーターの坂田雄平さんを招き、振り返りをしました。
実施したワークショップの振り返りは当日に行ったので、2月4日は2日間の企画段階の振り返りを行いました。
6人でワークショップを企画するのは、グループでやる楽しさもあれば、合意が形成できない難しさもあったようです。

受講生からは

・参加者がどうなれば良いか、のゴールイメージを明確にグループで共有したのが良かった
・企画段階でぎりぎりまで役割を決めなかったことで、当日は役割を超えて全体を見ることが
 できたのが良かった
・ミッションの解釈に時間を費やしたことで、共通の意識を持って企画ができた

などなど、いろいろな知見が。

次やるときに、また同じようにやればうまくいくか、と言うと、そうではないと思いますが、考えさせられることの多い時間になりました。

振り返りは大事ですが、普段ワークショップをするときにこんなに時間をかけて丁寧に振り返ることはあまり出来ないと思います。講座だからこれだけ時間をかけてできる貴重な体験になりました。
[PR]



by aogakuwsd | 2012-02-06 14:30 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル