「ほっ」と。キャンペーン

青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

カテゴリ:お知らせ( 37 )




【青学WSD】2015年度第3期・2016年度第1期(21期・22期)説明会を開催しました!

先日10月21日(水)23日(金)24日(土)に、ワークショップデザイナー育成プログラムの説明会を開催いたしました。
3日間にわたり多くの方がご参加くださり、参加してくださった皆様に感謝を申し上げます。お忙しい中お越しくださり、誠にありがとうございました。

説明会は、以下の内容で開催いたしました。

1、青山学院大学教授 兼 当プログラム代表 苅宿より
  「ワークショップデザイナーの考え方」
2、カリキュラム紹介
3、修了生と座談会

まず、苅宿教授のお話から始まりました。
a0197628_1582689.jpg

「今日本は、人口減少による多元社会の不可避と、多元社会のなかで共生的な社会を作るのは難しいという2つの問題を抱えている。多国籍化や働き方等の多様化に伴い、自分と他人の当たり前が違うことが、当たり前になりつつある社会では、自分の前提条件を人に伝えなければならない。いま、その一つの有効的な手段として、ワークショップに関心が高まっている。そのようなコミュニケーションの場をつくる専門家として、繋がりをデザインしていく人材ワークショップデザイナーの可能性が確実に広がっている。」

次に、事務局スタッフからカリキュラムの説明が行われ、
最後は、参加者の方が直接修了生とお話しができる「座談会コーナー」。

グループに分かれて、そのグループに一人修了生が入り、普段されていること・受講のきっかけ等からお話をしていただきます。
a0197628_15103512.jpg

a0197628_1526461.jpg

a0197628_15272338.jpg


参加者の方からは、以下のような質問。

修了後、受講内容はご自身の活動に活かされていますか?
eラーニングに取り組む時間はどのように確保されましたか?
講座の中で印象的だったことは何ですか?         などなど。

修了生は、受講を検討されている方々の質問に、一つ一つ丁寧に真剣にお答えくださいました。

実際に講座を受けた修了生へ、直接お話を聞けるこの座談会は、毎回のアンケートでも「とても参考になった!」とご好評をいただいています。
参加者の方に、少しでも講座の雰囲気をお伝えできていれば幸いです。

今回もたくさんの修了生にご協力いただきました。
ご協力くださった修了生の皆様、お忙しいところスケジュールをご調整くださり、本当にありがとうございました!!

a0197628_1528870.jpg

a0197628_1529152.jpg

a0197628_1529292.jpg


2015年度第3期・2016年度第1期(21期・22期)の募集は、2015年11月9日(月)まで願書受付中です!(※消印有効)

ご出願の詳細はこちらをご覧ください。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/application/

皆様のご応募、お待ちしております。
[PR]



by aogakuwsd | 2015-10-26 15:29 | お知らせ | Comments(0)

【グッドデザイン賞受賞記念】駅にポスターを貼りました!

青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラムのグッドデザイン賞2015受賞、ベスト100選出を記念して、今日から今週日曜日までの1週間

表参道駅にポスターを貼りだします!!!!

a0197628_1904270.jpg

改札横・切符売り場の前で、人通りがあり嬉しい場所です。
a0197628_1936507.jpg

グッドデザイン賞の本プログラム紹介ページ
WSDサイトはこちら

ポスターデザインは、去年 Open WSD Week という無料開講講座イベントでも大変お世話になった、第7期修了のワークショップデザイナーのまりちゃんこと木村真理子さん。
まりちゃんは、当プログラムのパンフレットやチラシも作成してくださっています。今回も本当にありがとうございました!!
まさしく、その「つながり」がグッドデザイン!!!

修了生の方へお知らせ!
そこで、ポスターと一緒に撮影した写真をブログに掲載します。
ご協力いただける方は、ポスターと一緒に写っている写真と、お祝い・喜びのコメントを寄せてください!表参道駅を通る方も通らない方も、ぜひ見にいらしてくださいね。お待ちしています!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
掲出期間:2015年10月12日(月)〜10月18日(日)
掲出場所:表参道駅 中央A口 切符売り場の前あたり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真の宛先:wsd@aoyamagakuin.jp

あ!ポスターを早速誰かが見てくれている!!ドキドキ!
a0197628_19582135.jpg

・・・ん?少し不審な動き・・・!? 怪しい・・・・ドキドキ!!
a0197628_20303857.jpg


安心してください。
a0197628_20391834.jpg

事務局ですよ。
a0197628_2025612.jpg


(ふざけました。すみません。)
皆さんぜひ見にいらしてください〜!


受講をお考えの皆様へ 説明会開催のお知らせ
冬から開講となる21期、春から開講となる22期の募集に向けて、ワークショップデザイナー育成プログラムの「説明会」を開催します!
説明会は3日間、同内容での実施予定です。カリキュラム説明はもちろん、実際に本プログラム修了生に相談できる時間も用意しています。お気軽にお申し込みください!

【日程】 2015年10月21日(水)19:30~21:00(19:10受付開始)
     2015年10月23日(金)19:30~21:00(19:10受付開始)
     2015年10月24日(土)16:00~17:30(15:40受付開始)
詳細はこちら>>> http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/application/session.php
[PR]



by aogakuwsd | 2015-10-12 20:46 | お知らせ | Comments(0)

グッドデザイン賞、ベスト100を受賞しました!!

a0197628_11540058.jpg
青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラムが、
2015年度グッドデザイン賞を受賞、さらにグッドデザイン・ベスト100に選出されました!!

学習プログラムとして、グッドデザイン賞を受賞しました。
さらに受賞対象の中でも、明日を切り拓く力をもつ、未来を示唆するデザインとして、審査委員会により特に高い評価を得て、グッドデザイン・100に選出されました。

審査員の方からは、今の社会の中で、コミュニティの結び目となるワークショップデザイナーが求められており、実践を交えてその育成ができるプログラムであること、また修了後のコミュニティの素晴らしさについて高い評価を得ました!!

ご協力いただいたみなさま、応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます。
グッドデザイン賞での本プログラムの紹介ページ

また受賞を記念して、ワークショップデザイナー育成プログラムのホームページをリニューアルいたしました!

修了生の方へお知らせ!
改めて修了生のみなさんには、メールにてお知らせをお送りしようと思いますが、今回このような賞を受賞することができたのは、ワークショップデザイナーの皆さんが地道な実践を重ねられてきたからです。本当にありがとうございます、そして、おめでとうございます!!

そして!グッドデザイン賞受賞を記念して!!以下の2点お知らせです!
(1)表参道駅にポスター貼りだします!
(2)グッドデザインロゴ入り、名刺サイズチラシをつくっちゃいました! 

1、グッドデザイン賞受賞記念 その1 
  〜表参道駅にポスター貼りだします!〜
表参道駅に受賞記念ポスターを掲出します!
修了生や関係者の皆さんへ向けた内容になっています。
表参道駅を通る方も、通らない方も!!ぜひ見に来てください!

ポスターと一緒に撮影した写真をホームページ等に掲載いたします。ご協力いただける方は、
ポスターと一緒に写っている写真とお祝い、喜びのコメントを寄せてください!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
掲出期間:2015年10月12日(月)〜10月18日(日)
掲出場所:表参道駅 中央A口 切符売り場の前あたり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真の宛先:wsd@aoyamagakuin.jp

2、グッドデザイン賞受賞記念 その2 
  〜グッドデザインロゴ入り、名刺サイズチラシをつくっちゃいました!〜
グッドデザイン賞受賞を記念して、グッドデザイン賞ロゴ入りのWSD育成プログラム「名刺サイズチラシ」をつくりました!

なんと表のデザインは、4パターン!(予定)
a0197628_12100400.png
a0197628_12100794.png
裏面は、1パターンです!!
a0197628_12100916.png

名刺入れに入れて持ち歩けちゃうサイズ!!
ご自身のワークショップなどでの配布、設置等もぜひご検討ください。
ワークショップデザイナーとして、グッドデザイン賞の受賞や、育成プログラムを一緒にアピールしていただけると嬉しいです!
ご協力いただける方は、郵送先(郵便番号、住所、お宛名)と希望枚数をお知らせください。
wsd@aoyamagakuin.jp
※10月5日頃から発送開始予定です。


受講をお考えの方へ!説明会のおしらせ
冬から開講となる21期、春から開講となる22期の募集に向けて、ワークショップデザイナー育成プログラムの「説明会」を開催します。
説明会は3日間、同内容での実施予定です。カリキュラム説明はもちろん、実際に本プログラム修了生に相談できる時間も用意しています。お気軽にお申し込みください。

【日程】 2015年10月21日(水)19:30~21:00(19:10受付開始)
     2015年10月23日(金)19:30~21:00(19:10受付開始)
     2015年10月24日(土)16:00~17:30(15:40受付開始)
詳細はこちら>>> http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html

[PR]



by aogakuwsd | 2015-09-29 13:30 | お知らせ | Comments(0)

【青学WSD】日本の人事部 HRアワード 表彰式に行ってきました

2014年11月18日(火)
「日本の人事部 HRアワード」の表彰式に行って参りました!
a0197628_21473973.jpg


というのも、ななな、な、なんと!

わが青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラムが

プロフェッショナル教育・研修部門 最優秀賞をいただきました!!!
いぇ〜い!!!
a0197628_21492596.jpg

(苅宿先生と美沙子さん一緒に写真撮れなくすいません〜!)

「日本の人事部 HRアワード」とは、
人事、人材開発、労務管理などの各分野において、積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部や人事サービス企業、また、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰する賞です。

多数の応募の中から、投票と審査によって、各賞が選ばれます。

受賞者一覧はこちら
http://hr-award.jp/prize.html


大企業が並ぶ中、我らがワークショップデザイナー育成プログラムが賞をいただけるとは!!!

授賞式は、事務局スタッフと、ワークショップデザイナー育成プログラムを運営している青山学院大学社会情報学部の稲積学部長とともに表彰状と楯をいただきました。

稲積学部長、お忙しい中、本当にありがとうございました!!そして、いつも支えていただきありがとうございます。

a0197628_21585431.jpg

a0197628_21554559.jpg

a0197628_2203046.jpg


今回こんな素敵な賞をいただけたのも、もうすぐ1000人を迎える、講座の修了生=ワークショップデザイナーの方々の活躍によって知名度が上がってきたおかげだと本当に思っています。

「ワークショップデザイナーのみなさん、やりました〜!!!!!」と叫びたい!


開講当初は、学内でも学外でも、なかなか理解されず、苦労することもありました。。。
修了生の方々も、修了して「ワークショップデザイナーです!」と言っても、「何だそりゃ?」と言われることもあったのではと思います。。。

そんな中でも、少しずつ少しずつ、ワークショップデザイナーが良い実践を広げていって、最近では、本プログラムの選考会に来る方が「ワークショップデザイナーの方のワークショップに参加して、こんな場づくりをしたいと思って受験しにきました!」と言ってくれる方もいます。

そして今回このような賞をいただくことができました。
関係者のみなさま、そしてワークショップデザイナーのみなさま、本当にありがとうございました。

a0197628_22202313.jpg

懇親会での稲積学部長のスピーチ!
「これからも大学らしからぬ取り組みを、大学でしかできないこととしてやっていきたい。」

今後も、今回の受賞にふさわしいよう、おもしろい取り組みとして注目していただけるような講座をつくっていきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

a0197628_22275531.jpg



青山学院大学社会情報学部
ワークショップデザイナー育成プログラム
事務局一同
[PR]



by aogakuwsd | 2014-11-18 22:22 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week 2014 Autumn 】内山厳さんの講座を開催しました!

2014年10月18日(土)

ワークショップデザイナー(WSD)育成プログラムのオープンキャンパス
Open WSD Week 2014 Autumnの3日目
「研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方」の講座を開催しました!

今日の講師は内山厳さん。
演劇をベースに、大学の非常勤講師や企業研修の講師をされています。
ワークショップデザイナー育成プログラムでも、かなり前から講師をお願いしてご協力いただいています。
a0197628_12401739.jpg


この日は企業内外での研修をお仕事にされている参加者の方が多かったよう。
50名の方にご参加いただきました!

a0197628_12441789.jpg


この日やったのは、「住民会議」というワーク。
参加者が6人グループになり、駐車場の代金の変更についてや、ゴミ広いボランティアを誰がやるかについてなどについて話し合う「住民会議」をします。

まずは参加者の方に、A〜Fの名札をしていただき・・・
a0197628_12483869.jpg


それぞれの役の「思惑」が書いた紙が配られ、それを読みます。

まずは、同じ役同士で集まって作戦を立てます。
どうやったら自分たちの思惑を達成できるか???

その後、グループに戻って「住民会議」スタート!
6人が、「ゴミ拾いはしたくないけど、いやな人と思われたくない」「駐車場の料金を安くしたい」「この人と仲良くなりたい」「この会議を早く終わらせたい」などなど、様々な思惑を抱えながらの話し合いです。

a0197628_1253628.jpg


a0197628_12534237.jpg


会議は制限時間で終了。
その後、振り返りをします。

自分は相手からどう思われていたと思うか。
どんな思惑を持っていたかのネタばらしなどをしていきます。


今日は90分の短い講座だったので、ここまでとなりましたが、内山さんが企業研修でなさるときは、実際の業務シーンを思い出してそれを再現してみたり、それを思惑カードに落として別のグループに上演してもらっているのを見たりするそうです。

またそれらの説明の間でも、「参加者が不可なく参加できるような環境を整えることが大事」「没入してもらうための仕掛けとして・・」など、ワークショップデザインにも繋がる話もしていただきました。

a0197628_12583680.jpg


あっという間の90分だったと思いますが、ご参加いただいた皆様、内山さん、ありがとうございました!


今回、ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスとして開催した「Open WSD Week 2014 Autumn」もこれで3日間のプログラムが終了。

3日間を通して約150名の方にご参加いただきました!
来てくださった方、またご協力いただいた修了生の皆様もありがとうございました!


ワークショップデザイナー育成プログラム、次期の募集が間もなくスタートします。
ご受講検討されている方は下記内容についてご確認下さい!!

募集要項・願書について
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/contact3.html

説明会の開催について(まだ空きあります!)
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/program/program-schedule.html


2014年度の講座スケジュール
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/program/program-schedule.html

ワークショップデザイナー育成プログラムのfacebook、ブログもあります!
よろしければご覧ください!
facebook:http://www.facebook.com/wsdsuishin
blog:http://aogakuwsd.exblog.jp/


その他ご質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
wsd@aoyamagakuin.jp 070-5547-9309
[PR]



by aogakuwsd | 2014-10-19 13:04 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week 2014 Autumn】苅宿俊文氏の講演を開催しました!

2014年10月17日(金)

ワークショップデザイナー(WSD)育成プログラムのオープンキャンパス
Open WSD Week 2014 Autumnの2日目
「激変する学びの現場〜学校にやってきたワークショップの価値〜」の講座を開催しました!

a0197628_12264211.jpg


この日はタイトルを見ての通り、学校の先生が多かったようです。
学校と言っても、小学校から中学校、高校、大学と様々。大人の学びに関わっている方もいらっしゃいました。

まずは、苅宿先生の講義。

「学習」と「学修」の違いについてや
a0197628_1228478.jpg


学習観の変化について。

知りたい知識はすべてYOUTUBEに載っている?学校の価値って何?
生涯学習社会ではなく、生涯皆教えたがり社会の到来???
などなど。

学びの現場が激変しようとしている現状についてや、その中で学校の意味を考えるような時間でした。

最後に、分かりやすく自分を伝えることを実際にやってみよう!ということで、
苅宿考案「語れる三角」の登場!
語れる三角とは・・・こちら!
a0197628_12341854.jpg


構造的に話すことを促すツールです。
上位概念、下位概念と、構造化して話をすることができます。

例えば、私の好きなものは、これとこれとこれです。
a0197628_12355892.jpg

語れる三角を使うことで、整理しながら話すことができます。

当日の様子はUSTREAMで録画配信中。
見逃した方はぜひ!
http://www.ustream.tv/channel/oww-1017
[PR]



by aogakuwsd | 2014-10-19 12:37 | お知らせ | Comments(0)

【青学WSD】ホームページを更新しました

ワークショップデザイナー育成プログラムのホームページの中で、いくつかリニューアル・更新した箇所があるのでお知らせです。


その1 
「修了生の活躍」ページをリニューアルしました!
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/activity.html

ワークショップデザイナーの実践紹介を以下の項目に分類してみました!

・ワークショップデザイナーが多くかかわっている実践
・学校教育の場での実践
・地域教育の場での実践
・大人の学びの場としての実践
・まちづくりやコミュニティづくりにかかわる実践
・企業の中での実践

こう見ると、企業の事例が少ないですね〜。やっている人はとても多いのですが、お仕事の中でなさっている方が多いので、なかなか事例が集まりません。。。
(どなたか報告をお願いします〜!)



その2
2つの実践紹介を追加しました!

12期修了、まーくんこと丹羽 將喜さんからの報告「シゴト大学」
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/activity/activity40.html


丹羽さんは東銀座にマナビクスという研修などができる場所を持っていて(うらやましい!!!)、シゴト大学という取り組みをされています。

シゴト大学では、
「わたしテレビ〜TVプロデューサーと考える自己演出学〜」
「ボードゲームdeイカス仕事術〜基礎から学ぶPDCA編〜」
「わたしが著者になる授業〜編集者とつくる出版企画書〜」
などなど、様々な講座が開かれています。
ワークショップデザイナーの方々も、まーくんと一緒に何度かシゴト大学の講座を開いたりもしています!



そして15期修了いのっちこと井上晶夫さんの「すぎなみフューチャーセッション」。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/activity/activity41.html

すぎなみNPO支援センターとともに、「すぎなみフューチャーセンター」を立ち上げたそうです。

フューチャーセンターとは、「立場や所属の異なるステークホルダー(利害関係者)を集めて、社会的な課題の解決に取り組む対話の場のこと。」byいのっち

フューチャーセンターについていのっちさんが書かれた記事も発見したので、リンクを張っておきます。
greens「新しい未来をつくる、新しい対話の場『フューチャーセンター』って知ってる?」
http://greenz.jp/2012/08/22/futurecenter_taiwa/


その他、さりげなく、
プログラム紹介のページのデータを更新しました!

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/program/program-summary.html


プログラムの特徴も更新しました!
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/program/program-characteristic.html


今後も特に修了生の活躍ページなどは、こまごまと更新していく予定ですので、お楽しみに〜。
[PR]



by aogakuwsd | 2014-09-04 17:02 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】5日目 研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方 報告

2014年5月30日(金)

ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

今日が最終日でした。
今日の講師は、内山厳さん。

内山さんは、演劇という専門性を持ちながら、企業研修の講師等をされていています。青山学院大学の非常勤講師もされています。


爽やかでイケメンです。
a0197628_20184847.jpg





内山さんが企業研修をされていて、いつも思うのは、もったいない。ということ。
せっかく、社内の人事が一生懸命考え、ためになると思って組んでいる研修。
しかも、無料で受けられる。

朝活やら、WSD育成プログラムもそうですが、社外でこんなにも学ぼう!というやる気のある方はやる気がある。

でも、社内研修はやらされ感がどうしてもある。という話はよく聞きます。

そこをワークショップ形式で楽しいものにしていこう!という、新しいカタチを探るのが、今回の講座の狙いでした。


今日は企業人事の参加者の方が多かったようです。

多分、5日間のOpen WSD Weekの中で一番スーツの方の割合が大きかったと思われます。

a0197628_20275653.jpg


今日やったのは、「集合住宅の住民会議」というワークショップ。

6人1組になって、6人それぞれに役が割り振られます。

例えば、Aさんは、集合住宅の管理会社の社員。
Bさんは、住民で有名イタリアンレストランのオーナーシェフ。などなど。

それぞれの役になりきって、
6人であつまって、
1、駐車場の値段設定について 
2、町内会のゴミ拾いボランティアの人選

について話し合います。(いかにも合意形成が難しそうなお題です・・)
a0197628_20285488.jpg


それぞれの役には「思惑カード」というものが配られています。

例えば、◯さんは、△さんにに良く思われたいとか。

◯さんは、駐車場の値段を下げてほしいとか。

そういった思惑を胸に、6人の別々の思惑を持った人たちが、話し合います。。。


6人で話し合いを行い、その後、お互いの思惑を発表し合いながらリフレクション。

a0197628_2036684.jpg


状況を客観視することができるようになる、ワークです。

今回は時間がなかったのですが、企業研修では、実際にあった業務上の場面を思い出し、そこに役割を思惑を設定して、演劇で上演することもあるんだそうです。

当日はUstreamでの配信を見ていただいた方も多数いらっしゃったようです。
配信の様子↓ 
a0197628_2036258.jpg



今回開催したOpen WSD Weekでは、5日間でなんと250名を超える方にご参加いただきました。
ワークショップデザイナー育成プログラムについて、聞いたことがあって、受講したいと思っていた!という方から、名前も聞いたことがなかった!という方まで。

多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。
また、Ustreamでの配信も、毎日100名くらいの方に(カウントの仕方が分からなかったのですが・・・)見ていただいていたようでした。
本当にありがとうございました!



今後もこのようなイベントを開催していきたいなと検討しているところです。
今後ともよろしくお願いします!

なお、ワークショップデザイナー育成プログラムの受講を検討されている方に向けての説明会も開催予定です!
【ワークショップデザイナー育成プログラム説明会】

2014年6月11日(水)10:00〜20:30
2014年6月15日(日)16:00〜17:30
2014年6月17日(火)19:30〜21:00

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/setsumei.html


青学WSD育成プログラムは、16期の講座も佳境に入ってきて、今週末は受講生が企画したワークショップを実践する回です。

またブログで様子を報告しますのでお楽しみに!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-31 20:17 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】4日目 「コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話」

5月29日(木)

ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

本日は、Open WSD Week2日目に続いて、苅宿先生が再登場!
WSDのプログラムでも毎期登場する、「ビタハピ」の開発秘話について、話をしていただきました。
題して、「コミュニケーションを生み出すツールの開発秘話」。

まずは、苅宿先生の自己紹介からスタートしました。
もともと、先生は、長い間、小学校の教員をされていましたが、当時から、パスケットボールの教材を作られたり、「脳の鏡」というお絵描きソフトを作られたり、といろいろなものを世に送り出していらっしゃいます。

そんな、苅宿先生が、何かのツールを開発をするときは、面白いものを思いつくというよりは、何かの課題をどうにかできないかなあ、と考えることが出発点になるのだそうです。

ビタハピの場合は、「例えば、学会の懇親会等、50人ぐらいの人が集まったときに、面白くやれる、インフォーマルな対話の環境をつくれないかなぁ…」という課題意識がまずあったのだそうです。
そして、まじめな話をするのではなく、もっと気楽に話ができる場面を作れないものか…。
気楽でありながら、人ごみの中でどぎまぎするものにできないか…。
と、考えたときに、いかに少ない人数に分けて、しかも、そのグループでの会話を長引かせず、いろんな人と出会えるのがいいんじゃないか!という参加者の具体的な動きがイメージされて、それで、ビタハピが開発されていったのだそうです。
a0197628_17103180.jpg


同時に、ロジェ・カイヨワ(社会学者/哲学者)の4つの遊びの分類というのも参考にされたのだそう。

カイヨワさんは、遊びというものを、
①競争
②偶然
③模倣
④眩暈

の4つに分類しています。

苅宿先生は、この4つの分類に、
①競争=グループをつくる
②偶然=シャッフルする
③模倣=インフォーマルな対話
④眩暈=動いて探す

という具体をあてはめていったのだそうです。

「煮詰まったら、他の人の知見を借りて、小分けしていくと、ヒントが見えてくるんです。」と苅宿先生。

なるほどー。ビタハピの開発の裏側には、そういう考え方の経緯があったのですね。

ちなみに、このビタハピは、グッドデザイン賞を受賞しています。
WSD以外にも、青山学院大学社会情報学部の入学式後のオリエンテーションや、企業の研修など、幅広い場所で、いろんな人を対象に、コミュニケーションを促すツールとして、使われています。


さて、講義の後は、いよいよビタハピ体験です!

ビタハピに袖を通してみると、ハッピのあちこちに、いろんな色が散らばっていることがわかります。
でも、ビタハピで使うのは、えりと、右袖、右背中、左袖、左背中の、5色しか使わないのだそうです。

「ビタハピでは、前側の色ではなく、後ろ側(背中側)の色を使います。後ろ側の色は自分で見れないでしょう?そうすると、自然と、他の人に教えてもらうことになって、他の人とのコミュニケーションを取らざるを得ないんです」
なんと!こんなところにも、コミュニケーションを促す仕掛けがあったとは!!

さて、さっそく、色の順列組みあわせによって、シャッフルが行われます。
「えりの色が同じ人同士で集まってください!」
「えりと右袖が同じ人同士で集まってください!」
などの、いろんなパターンのシャッフルで、色の組み合わせが同じ人を見つけると、自然といろんな人で出会えます。
色の組合わせによって、グループになる人数も変わるわけですが、2人組になる場合は、大勢の中から、自分のパートナーを見つけることになります。そのときの、パートナーに出会えたときの嬉しさといったら!!

a0197628_17105484.jpg

a0197628_12515421.jpg

a0197628_12523327.jpg

a0197628_12523953.jpg


こうして見てみると、ビタハピって、本当にカラフルですね。
実は、「ビタハピ」という名前は、「Vitamin Happy」からきているのだそうです。
どうりで!なんだか元気になれそうな、カラフルな色なわけです。

さて、ひととおり、ビタハピ体験が終わったあとは、体験して感じたことを振り返りました。
この振り返りにも、苅宿先生のちょっとした仕掛けがあって、話し手と聞き手の2つの役割を体験して、コミュニケーションの不確かさを感じるというものでした。
a0197628_13533419.jpg


「人に10話をしても、全部伝わるわけではありません。それは、話し手が悪いのでも、聞き手が悪いのでもなくて、そもそも、情報というものは非対称なもの。まずは、自分の代替不可能性感覚を大切にしてください」という言葉で、今日の講座は、締めくくられました。

苅宿先生、2日間、どうもありがとうございました!!

さて、明日は、Open WSD Weekの最終日。
内山厳さんによる、「研修の新しいカタチを探る。ワークショップ型研修のつくり方」です。

Ustoream配信も、行いますので、お時間のある方は、ぜひ視聴してみてください!!
http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-30 17:03 | お知らせ | Comments(0)

【Open WSD Week】2日目「入れ子型のカリキュラムデザインの3つのポイント」報告

2014年5月26日(月)


ワークショップデザイナー育成プログラムのオープンキャンパスイベント、Open WSD Week。
http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/ivent.oww.html

2日目の今日は、

「”入れ子型”カリキュラムデザインの3つのポイント」というミニ講座でした!


講師は、青山学院大学社会情報学部の苅宿俊文先生。

a0197628_2255887.jpg


今日は「カリキュラムデザイン」についての講座ということで、様々なフィールドで研修や、授業をされている方が多く参加されていたようです。


まずは、苅宿先生の自己紹介も兼ねながら、様々なツールの紹介。


苅宿研究室でつくっている、アプリ「逆転時間」の紹介
https://itunes.apple.com/jp/app/ni-zhuan-shi-jian/id535415279?mt=8

「プロセスの作品化」ができるツール、脳の鏡
http://www.heu-le.net/ma/sakura_nou/


a0197628_22572036.jpg



そして、ワークショップデザイナー育成プログラムを例に、カリキュラムデザインのポイントを解説します。

1つ目のポイントは・・・
「学習者に何が起こっているのかに注目。学習者が使えることを考える」

ただ学ぶのではなく、学んだことを活用するとはどういうことなのか。
今求められているのは、正解と納得解。  などなど。


2つ目のポイントは・・・
「評価の呪縛を乗り越える」

私たちは、学校教育での「評価」に慣れすぎている。
自己評価を低く付けすぎる。加点法ではなく減点法で考えてしまう。など。


3つ目のポイントは・・・
「二元論の間に解を模索する」


そして講座終盤は、「語れる三角」の登場です。

a0197628_2374361.jpg



語れる三角は、何かを考えたり、話したりする時に、「構造化」するためのツールです。

モノが手元にあって、それを触りながら考える、話す、という良さもあります。


a0197628_23102883.jpg



私の好きなものは、これとこれとこれです。と演繹的に使うこともできるし、

私はこれとこれとこれでできています。と言えば、帰納的な表現も可能です。

参加者の方にも語れる三角をつかって、語ってもらいました!



a0197628_23121324.jpg


a0197628_23123422.jpg




実はコレ、今日は机がない場所だったので、講座開始前にスタッフで組み立てました。。。

a0197628_22515438.jpg


語れる三角100個。結構大変でした。

組み立てるのも楽しいんですけどね。

ちなみに事務局で一番組み立てるのが早かったのは田島さんでした!


平日の夜にもかかわらず、お忙しい中、参加してくださった参加者の皆様、ありがとうございました!

帰りには雨が降ってきてしまいましたが、大丈夫でしたでしょうか。
また青学に遊びにいらしていただければと思います!


明日は、坂倉杏介さんの「『つくらないこと』から生まれるコミュニティデザイン」です。

19:30からUstream配信も予定しております。

http://www.ustream.tv/user/WSD_aoyama

ご都合宜しい方はぜひご覧ください!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-26 23:19 | お知らせ | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル