青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

カテゴリ:講座のようす( 173 )




【青学WSD】21期生の実習を支えてくださった講師の方々

前回のブログでは、21期生の実習を迎えるまでの様子をお伝えしましたが、この記事では、今回の実習を支えてくださった、講師の方々をご紹介します。

講師の方々は、受講生がワークショップのプログラムデザインに取り組むのにあたって、受講生の共通体験となるワークショップを実施してくださったり、リハーサルの前後にフィードバックを送ったり、グループワークの様子を見守るなど、様々な面から受講生の実習を支えてくださっています。

今回の講師の方々は、全員がWSDの修了生!
自身も、かつては、受講生として、同様に実習に取り組んだ経験があるからこそ、受講生の立場も想像しながらのアドバイスを送ってくださっていました。

<演習1日目>
WSDの講座では、受講生がワークショップのプログラムをデザインをする前に、講師の方のワークショップを受けてもらっています。これは、これから自分たちに課せられた実習テーマを、講師の方だったらどうするのか、という一つの見本になるワークショップでもあり、これからグループでデザインをする受講生の共通体験となるワークショップでもあります。

今回、このワークショップを実施してくださったのは、内山厳さん。
企業研修の中で、演劇の様子を取り入れたプログラムを開発・実施されていて、最近では、教育現場にもその活躍の場を広げています。
内山さんには、21期生向けのワークショップを企画・実施してもらうだけでなく、どのような意図でそのプログラムをデザインしたのか、内山さん流のプログラムデザインの仕掛けは何なのかについての解説もしていただきました。
a0197628_1111065.jpg

a0197628_11245039.jpg


<演習2日目>
ここからは、3名の講師が加わって、4人体制で受講生の実習をサポートしていきます。
実習は、全12グループにわかれて行うので、それぞれの4人の講師の方には、3グループを担当してもらい、担当グループのグループワーク、リハーサル、実習を通して見ていただきます。

受講生が企画している間、講師の方も打ち合わせ中…
a0197628_12594645.jpg


リハーサルの前には、プログラムデザインについて迷っていることなどを、講師の方に相談する時間もあります。

手前の後ろ姿が、講師の安斎聡子さん。普段は、ミュージアムプランナーとして、博物館づくり、まちづくりなどのプランニングを手がけられたり、研究調査などで全国を飛びまわっていらっしゃいます。
a0197628_137694.jpg


演習1日目に、ワークショップを実施してくださった内山厳さん。ワークショップ型の研修を数多く実施してこられ、論理的なフィードバックには定評があります。
a0197628_1315115.jpg


リハーサルの様子を見て、気づいたことを熱心にメモをされているのは、小島潤子さん。企業研修を年間に50本程度行い、企業のコンサルティングもなさっています。
a0197628_1332711.jpg


横山仁一さんは、演出家・プロデューサーとして、舞台制作を手がけるだけでなく、演劇教育の普及のためのアウトリーチ活動にも積極的に取り組まれています。
a0197628_13135377.jpg


4人の講師の方からは、ときにするどいフィードバックが送られ、受講生も思わず黙ってしまう場面も…。

<実習当日>
そして、迎えた当日。

企画、リハーサル、実施の様子を通して見てくださった講師の方々がワークショップ終了後に話すコメントには、講座終了後にもヒントにしたいものがたくさん込められていました。

料理でいうと、下ごしらえを、どこまでやっておくかが大事。
60分という時間の縛りの中では、中身を厳選することも必要です。例えば、説明するのではなく、やってみせるということで、時間のロスをかなり防げるようになるのではないでしょうか。(小島さん)

参加の仕掛けを考えることは、ある意味楽しいことではありますが、自分自身がその策におぼれすぎないように注意してください。(内山さん)

大人は理由を求める傾向があります。ワークショップの狙い、意味から腑に落ちるということもある。
その場合は、情報を小出しにする、ということも一つのデザインです。(安斎さん)

今回、企画段階ではじかれた自分のアイデアがあったと思います。実は、そこにこそ、自分の強み、こだわりたいことが隠れていたりします。ぜひ、そのアイデアにこだわってください。(横山さん)


内山さん、横山さん、安斎さん、小島さん。
21期生のサポート、ありがとうございました!!
a0197628_136749.jpg

[PR]



by aogakuwsd | 2016-02-23 11:18 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】21期生、1回目の実習が終わりました!

21期生は、先日、無事に1回目のワークショップの実習を終えました。
お疲れ様でした!

プログラムのデザインに取り組み始めたのが1月30日。
そこから、リハーサルを経て、実施し、ふりかえるという過程を約1ヶ月かけて体験しました。
この記事では、1月30日から実習当日までの受講生の様子をお伝えします。

<演習1日目>
WSDの実習では、ワークショップをデザインするのにあたって、事務局からテーマが与えられます。
21期の実習のテーマは、
「参加者が発想すること面白いと感じる60分のワークショップをデザインする」。
ワークショップの参加者は、修了生と受講生が混ざった15名です。

発想することが面白いって、どういう状態?
そもそも、発想することってどんな風に考えてる?

まずは、グループ内で、ゴールイメージをどう設定するか、言葉をどう解釈するか、など、メンバーが個々で思っていることを共有し合うところからスタートしました。
a0197628_10151916.jpg

a0197628_10155998.jpg

a0197628_1017725.jpg

今回の(1回目の)実習は、主に「プログラムデザイン」を意識してつくってもらいます。
ここでいうプログラムデザインとは、活動内容や手順を時系列で考えることに加えて、参加者が思わず夢中になってしまう、あるいは参加へのためらいが軽減されるなど、参加度が高まるような工夫をする、ということです。自分たちが意図を持ってどうデザインするかが問われます。


<演習2日目>
この日は、受講生同士が実施者、参加者の役割を交代しながら、お互いのワークショップをやりあう、リハーサルを行いました。
a0197628_10185189.jpg

a0197628_1020166.jpg

a0197628_10212100.jpg

a0197628_102226.jpg

a0197628_10232099.jpg

自分たちは、参加者がこういう反応をすると思っていたのに、実際の反応が違ってあせった!
実際にやってみることで、デザインのつめの甘さが見えた。
実施側の自分たちだけが楽しんでいた。
最初はアイスブレイク、最後はふりかえり、という固定概念に捉われていることに気づいた。
実施できたのもよかったが、参加者の体験ができたことも、参加者の心的変化や不安など、
具体的にイメージすることにつながった。
チームの一員として、チームにどう関わっていけばいいのかを考えさせられた。

など、実際にやってみるからこその気づきが得られたようでした。

<実習当日>
いよいよ本番!
この日は、朝から4会場に分かれて、同時進行でワークショップが行われました。
a0197628_10241683.jpg

a0197628_10244638.jpg

a0197628_10253541.jpg

a0197628_1026011.jpg

a0197628_10264426.jpg

a0197628_1027838.jpg

a0197628_10293710.jpg

a0197628_1030542.jpg

「参加者が発想することも面白いと感じられるワークショップ」というテーマのもと、
演劇的な要素を取り入れたもの、身体を使うもの、対話を深めるものなど、バラエティに富んだワークショップが各会場で実施されました。

実施前は、ご飯ものどを通らないぐらい(!)緊張していた方もいらっしゃいましたが、なんとかチームで乗り切りました!!

この実習のために、わざわざ会場に足を運んでくださった修了生のみなさま!
本当にありがとうございました!!


さて、実習は無事に終わりましたが、やっておしまい、にしないのが、ワークショップデザイナー育成プログラムです!

各会場では、ワークショップ終了直後に、参加者から、参加してみての感想を書いてもらっているので、その感想をもとに、自分たちがデザインしたプログラムの本質的な課題は何だったのか?そして、その課題を踏まえて、プログラムをどんな風に改善していかれるのかを考え、完成版のプログラムを作ります。
その様子は、また別のブログでご紹介したいと思います!
[PR]



by aogakuwsd | 2016-02-23 10:12 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】21期の対面講座がスタートしました!

2016年1月9日(土)10日(日)

年明け早々ではありますが、青学21期の対面講座がスタートしました!
年末からスタートしたeラーニングをなんとか乗り越えての 初日、週末連日の基礎演習。

基礎演習は、これから始まる3ヶ月間の講座の土台作りです。
「ワークショップとは何なのか?」の認識変化にむけての知識のインプットあり、協働的な活動にむけての多様なミニワークあり。
まさに「ワークショップをワークショップで学ぶ」講座ならではです!

まずは、これから、講座での学びをスタートさせる21期生に向けて、
大人が学ぶとは、どういうことなのか?
自分にとって意味のある学びとはどういう学びなのか?
自分の知的生産性を上げるとはどういうことなのか?
など、先生の熱い講義が続きました。
a0197628_11482894.jpg


また、講義の中に出てきたキーワード「無意識の意識化」「コミュニケーションのズレ」「出力を想定した入力」を実感するために、ミーティングレコーダーを使って4人で話しているところを、録画してその場で見てみるということもやりました。

こちらがそのミーティングレコーダー。
a0197628_1151417.jpg

4角に、小さなカメラがついていて、4分割モードで録画すると、4人で話している映像と音声を撮ることができ、すぐに再生もできます。
実際に自分が話している姿をみると、自分の話している時のくせに気づき、聞いている時の自分の表情に愕然とした!なんて人も。
ファシリテーターとして今後活躍していくワークショップデザイナーとして、自分の振る舞いを俯瞰的にみる経験って本当に貴重だなと感じた時間でもありました。
a0197628_11524380.jpg




2日目は苅宿先生の講義ののちに、他己紹介とeラーニングレポートの共有を行いました。
これから3ヶ月間一緒に学ぶ仲間と丁寧に知り合うために、毎期恒例となっている他己紹介。
ペアになってお互いにインタビューしあい、自分ではない相手(他者)になったつもりで紹介文をまとめていきます。その人ならではのことを引き出すにはどのような質問をすればよいのか、相手の良さを伝えるためには、インタビュー内容をどんな風にまとめればよいのかなども意識しながら取り組みました。
a0197628_11541664.jpg


午後は反転授業としての「eラーニングレポート共有」です。
レポート共有のテーマは、「協働性への理解を深める」。
受講生それぞれが書いてきた「自分が体験した協働的な活動」をグループに分かれて紹介し合い、「協働的な活動とは何か」をグループで考え、グループなりの答えを出していきました。

「協働」についての理解を協働的な活動を通して深めていく。
本講座の特徴のそのものである入れ子の学習形式です。
普段何気なく使っている言葉でも、いざ丁寧に考えてみると結構難しい。
相手のレポート、自分のレポートの違いに驚きや、違和感を感じている人も。まさにレポート共有を通じて学びが起きているなぁと感じた1時間でした。
a0197628_1155719.jpg

a0197628_1156562.jpg

a0197628_11565498.jpg


最後に、苅宿先生の講義の中から抜粋です!
____________________________________

「大人の学びには、気づきが重要です。
なぜなら、気づきが知識や技能の再構成を促していくからです。

今までやってきた事に対して、何かが違う?と感じる違和感。
自分の当たり前に気づいていく感覚。
考えずにルーティンでやっていた事に対して、日常での体験を非日常として感じていくために、
ワークショップという場が必要になってきます。

その場で感じる「感覚」を得る事が大事。
例えば私は、普段、「カーリー」と呼ばれる事はほとんどない。
だから、「カーリー」と呼ばれた時に感じる違和感がある。
ただし、それは、呼ばれてみないと分からない。
だから、やってみる事が大事なんです。
_____________________________________

21期生の皆さん、これからの3ヶ月間一緒に頑張っていきましょう!
[PR]



by aogakuwsd | 2016-01-12 11:57 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】20期最終日!

2015年11月29日(日)

今年8月からスタートした、20期の講座が、この日最終日を迎えました。

今はすっかり冬!ですが、20期がスタートしたのは、夏。
夏、秋、冬と季節をまたいでの3ヶ月間は、長いようであっという間でした。

その3ヶ月間を締めくくる講座最終日は、ずばり「3ヶ月の学びを振り返る日」。

思い返せば、講座では、省察の時間がたくさんありました。
それらは全て、講座が提供したものですが、講座が終了すると、20期生はワークショップデザイナーとして、自分たちが省察の場を提供する側になります。
それは、企画→実施→省察のスパイラルを自分自身でまわすことが求められる、ということです。
そこで、最終日は、3ヶ月の学びをどのように振り返るのか、自分たち自身で省察の場をデザインするということに挑戦してもらいました。

グループにわかれたら、午後まで各グループで企画タイム。
この企画タイムをどうデザインするかも、自分たち自身で決めます。
教室で企画するのもよし、より集中することが期待できるのなら、今日はカフェに行ってもよし。
どういうやり方でアイデアを出すのが一番フィットするのかも考えながら、企画に取り組んでもらいました。
a0197628_11472260.jpg

a0197628_1151236.jpg


昼休みが明けると、各グループで企画した省察を、自分たち自身で実施・体験。
3ヶ月間の学びを、すごろくに見立てて語るグループ、過去(受講前)、現在(受講中)、未来(受講後)という時間軸をもとに、学びをどのように還元していかれるのかという視点で振り返るグループ、学んだことのキーワードを書き出してまとめるグループなど、様々な省察が生まれました。
a0197628_11521096.jpg

a0197628_11532989.jpg


a0197628_11552026.jpg

a0197628_11565946.jpg

a0197628_1157383.jpg

a0197628_11585343.jpg


実施・体験のあとは、ふりかえり。
ここは、省察を省察する、という入れ子構造になっています。

最後には、省察の省察を、他グループのメンバーと共有しました。

あっという間の、6時間が終わり、最後は、苅宿先生の最終講義。
a0197628_1211122.jpg

「今見ていただいた映像は、講座の初日にも見ている。その時と感想が違うかもしれない。
それが学ぶということの意味です。
知識の量を増やすよりも質を高めていく。
その経験をもとに他者を語り合い、共通の言語としていく。
自分一人でもできることもあるが、他者と協働してこそできるものがある。
自分の好きなことをすることで学びが深まっていく。
それが皆さんの次の学びになっていけば良いと思っています。
学習というものは、モチベーションによって変わってくるものです。
合格したら何か買ってもらえるという外的な動機よりも、内的な動機の方が学習が進むということは、よく言われている。
ここにいる皆さんは、すでにモチベーションが高い。
この講座を通して、みなさんは「リフレクティブラーナー」としての側面を見出せたのでは、ないでしょうか?」

講座の初日に聞いた講義を、3ヶ月の学びを経て再び聞くことで、自分の学びを実感できたのではないかと思います。
20期生の皆さん、本当にお疲れさまでした!

このまま、講座が終了するかと思いきや…

フロアから、「ちょっと待ってください!」の一言!
そして、20期の皆さんが、なにやらカバンをゴソゴソして取り出したものは!!
a0197628_122831.jpg

講座の出来事をふりかえる「呼びかけ」
事務局の皆さんへ、と修了証もいただいてしまいました。
a0197628_135756.jpg


ただでさえ、お仕事に加え、直前のレポート課題提出でお忙しかったはずなのに、こんなあたたかいセレモニーがあるとは…(涙)。

本当にありがとうございました。

そして、この20期を事務局と一緒に支えてくれた、修了生スタッフの、いわちゃん、あーこさん、ゆかりんも、お疲れさまでした!
a0197628_10186.jpg

a0197628_1015247.jpg


20期のみなさん。
これからは、ワークショップデザイナーとして、共に活動していきましょう!!
[PR]



by aogakuwsd | 2015-12-01 18:36 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】子ども向け「逆転時間ワークショップ」の実習が終わりました!

2週間にわたる準備期間を経て、20期の子ども向けワークショップの実習が、3クラスとも無事に終了しました!
企画の過程では、それぞれのグループで山あり谷ありだったようですが、とにかくやり遂げました。20期の皆様、お疲れさまでした−!

このブログでは、その企画と実習当日の様子をお届けします。


【演習1日目】
WSDの講座では、2回のワークショップの実習がありますが、1回目は大人向け、2回目はこども向けのワークショップを作ることになっています。この2回目のこども向けワークショップでは、毎期、「逆転時間ワークショップ」に取り組んでもらっています。

逆転時間ワークショップとは、iPadminiを使って「逆転時間」というアプリで撮影した動画を逆再生して楽しむメディアワークショップです。

▶︎逆転時間の詳細はこちら!
https://itunes.apple.com/jp/app/ni-zhuan-shi-jian/id535415279?mt=8

この「逆転時間」アプリは、苅宿研究室で開発されたもの。
このアプリを使って、子どもたちがグループで映像作品をつくるワークショップを、企画します。

演習の1日目では、まずは、「逆転時間」を自分たちが体験してみて、何が楽しいのか、グループでどうすれば面白い作品がつくれるのかを分析し、午後にはさっそく短いリハーサルにも挑戦しました。
a0197628_172372.jpg

a0197628_17242779.jpg

a0197628_17245235.jpg


【演習2日目】
午前中は、各グループで企画。
午後には、お互いが実施者と参加者になって、本番の短縮版のリハーサルを行いました。

今回の対象者は、小学1年生〜6年生。講座には、普段、会社で企業研修やワークショップをする機会のある方も多数いらっしゃいますが、こども向けのワークショップをされた経験のある方はほんの少数です。そもそも、「こども」がイメージしにくいとあって、リハーサルでは苦戦を強いられましたが、こどもがグループで作品づくりをするときに「面白い!」と感じられるようにするためには、どのようなプログラムデザインが必要なのか、ファシリテーターとしてどのような関わりができるのかを中心に、考えていきました。
a0197628_1726534.jpg

a0197628_17273924.jpg

a0197628_17282289.jpg



【実習当日】
2015年11月7日(土) Aクラス @都内小学校
2015年11月8日(日) Bクラス @福武ホールラーニングスタジオ
2015年11月15日(日) Cクラス @都内小学校

上記3日間の日程で、20期の子ども向け実習、「逆転時間ワークショップ」が各会場で行われました。

まずは、こどもの迎え入れ。
ワークショップの開始15分前頃から、ぱらぱらと集まってくる子どもたちとどう過ごすかは、グループによって様々です。
a0197628_1747269.jpg

こどもたちがそろったところで、今日のファシリテーターの紹介と逆転時間の説明が始まります。
逆転時間の説明で大切なのは、「逆転時間とこどもをどう出会わせるか」ということ。
つまり、ここで、こどもたちを、「逆転時間面白そう!」「やってみたい!」といかに思わせるかがポイントになるわけです。

魔法学校に入学する、という設定にしたり、逆転時間の達人になるために「エスパー検定」を設定したり、逆転時間での作品づくりを「ミッション」にして、ミッションインポッシブル風に紹介したりと、グループによって様々な工夫がみられました。
a0197628_17475359.jpg

Aクラス、Cクラスは、小学校での実施。
教室や廊下、階段をフルに使って、作品づくりを楽しみました。
a0197628_17482155.jpg

Bクラスは、福武ホールラーニングスタジオでの実施。
当日は、あいにくの雨で外での撮影ができませんでしたが、ホールのホワイエを使わせていただいて、ダイナミックな作品が次々と生み出されていきました。
a0197628_17504912.jpg

逆転時間では、iPadにさわりたーい!とカメラマン役も大人気ですが、作品づくりが進むと、こどもたち全員が作品に出演したくなり、「ねぇ、カメラマンやってよ!」と、グループにつく大人がカメラマン役を託される場面も!
a0197628_17521781.jpg

ワークショップの最後には、各グループでつくった作品を鑑賞しあう、発表会があります。
作品づくりのこだわりや、見どころを、つくったこどもたち自身に説明してもらいます。
a0197628_17553566.jpg


そして、120分の実習が無事に終了!

さて、ここからは、プログラムデザインとファシリテーションデザインを振り返るリフレクション。

まずは、実習グループで、主に「プログラムデザイン」についてのふりかえり。
参加者の様子と自分たちが意図していたことを書き出し、その2つを照らし合わせて、どうすればよかったのか、改善点について話し合います。
ここで大切なのは、参加者の様子がこうだったから、こうすればよかった、次はこうしよう!と、結論を急ぐのではなく、参加者の様子と自分たちのプログラムデザインの意図とを照らし合わせてから、改善点を考えるということです。意図していたことが伝わらなかったのはなぜか、あるいは、うまく伝わったのはなぜか。その点をしっかり吟味することで、ただの「対処法」になってしまうことを避けるのがねらいです。
a0197628_17563540.jpg


つぎは、「ファシリテーションデザイン」についてのふりかえり。
今回の実習では、ワークショップを実施しているチームに対して、他のグループの受講生が、マンツーマンで観察者としてはりつき、実施の様子をiPodで撮影していました。
実習当日は、あえてその映像は使わずに(映像を使うのは、次回の対面講座で!)、
「グループワークのこの場面をファシリテーターとしてどう捉えていたのか」
「この場面では、何を感じていて、どうしたいと思っていたのか」
など、実施者がファシリテーターとして意図していたことを、観察者がインタビュアーとなって引き出していきました。
a0197628_17571111.jpg


そして、最後には、講師が観察者となって、ある一人の受講生を追って見えていたことを、
F2LOの視点(『ワークショップと学び 3 まなびほぐしのデザイン』より) で解説していきました。
ワークショップの実施中は、無我夢中でやっていたことを、F2LOの視点で解説されることで、腑に落ちることもたくさんあったようです。


こうして、20期の2つ目の山場である、こども向けの実習は無事に終了しました。

次のブログでは、この実習のふりかえりについてお伝えします!
[PR]



by aogakuwsd | 2015-11-24 18:30 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】こどものワークショップを観察しました!

2015年10月18日(Aクラス)
2015年10月24日(Bクラス)
2015年10月25日(Cクラス)

20期生は、10月11日に大人向けワークショップの実習が終わり、ホッとするのもつかの間、次のこども向けワークショップに向けての準備が始まりました。
まず、こども向けワークショップを企画するのにあたっては、ワークショップに参加するこどもの様子を観察することからはじめます。

今回のワークショップのファシリテーターをつとめるてくださるのは、美術家の水内貴英さん。
水内さんは、国内外の展覧会にご自身の作品を発表されるだけでなく、小学校や公共施設、地域の中でもワークショップを実施されています。

「ぼくの名前は水内貴英です。だけど、今日はジョニーって呼んでね」と、水内さんの自己紹介からスタート。
a0197628_13093246.jpg
この日の水内さんのワークショップは「不思議の森に迷い込むワークショップ」。
大きなビニール袋で作られた木々を森に見立てて、森の中にいる生き物を創作するというものです。

こちらが、その森!!
a0197628_13114654.jpg
この森、なんと、家庭用のビニール袋をつなぎ合わせて作られています。
そして、このビニールにドライヤーで空気を送ると…
a0197628_13140981.jpg
ムクムクと木が立った!森の出来上がりです。
木が立ち上がる様子を見て、こどもたちからも「おお!」と歓声が上がりました。

創作の前には、不思議の森についてのお話を聞いたり、こどもたちに森の中を散歩してもらったりして、森の中にどういう生き物がいると面白いのか、想像を膨らませてもらいました。
そして、森の散歩を終えて、森の生き物の下書きを終えたら、本格的に創作開始!
a0197628_13452659.jpg
a0197628_13463318.jpg
手が止まっている子を見つけると、「どう?なんか思いついた?」と水内さんがすかさず声をかけます。
何も思いつかないよ!という子には、「こういうのどう?」と、水内さんから少しアドバイスを。
思いついてるんだけど、どう書き出していいかわからない子には、「ジョニーが最初だけちょっと描いてみようか?」と助け船を出す。
そして、どんどん描いている子には「うわっ!それすごいね。ちょっと他の子に自慢していい?」という言い方でその子の絵を全員に紹介する。
水内さんは、今、その子がどういう状態なのかをよく見ていて、絶妙に声かけを変えています。

生き物を作り終えたら、森に飾りに行きます。
ただし、今日は「森に入るときは、誰かと手をつないで2人で入って!」というルールを守らなくてはいけません。
「えー!手をつなぐのやだー!」
「一人で入れるよ!」
という子もいましたが、「今日は、誰かと一緒に入るんだよ」という水内さんの返事を聞いて、しぶしぶ森の中へ。
が、二人で森の中に入ってみたら、「ねぇ、これ見て!」「こっちに変な生き物がいる!」などの会話が生まれたり、作品を見合ったり、探検が始まったりと、二人で入るからこその発見が生み出されていきました。
a0197628_14092421.jpg
a0197628_14110843.jpg
a0197628_14125866.jpg
そして、90分のワークショップは、終了。こどもたちは、大満足で帰っていきました。


午後は、それぞれが観察したこどもの様子を共有する時間。
今回は、ただこどもの様子を見るのではなく、「今、この子はこんなことを考えているのかな」「この子は、今、こうしたいんじゃないかな」と「想像しながら見る」ことに挑戦してもらっていました。
想像しながら見るということは、自分がファシリテーターになったときに、参加者の反応を見ながら、よりその場にフィットした内容に調整しながら進行していくことにつながります。
今回は、受講生3人で一人のお子さんを観察したので、参加者の一つの言動から、いくつかの解釈の可能性があるということを実感してもらいました。
a0197628_14231857.jpg
a0197628_14273332.jpg
a0197628_14281617.jpg
午後の後半は、この日のファシリテーターをつとめてくださった水内さんの活動紹介を聞いたり、今日のワークショップの様子を写した写真を見ながら、ワークショップデザインについてふりかえる時間。
普段、インタラクティブアートの作品づくりに取り組んでいらっしゃる水内さんからは、ワークショップにも活かせる空間づくり、環境デザインのお話を聞くことができ、次回から始まるこども向けワークショップのイメージが少し広がりました。

水内さん。3日間、どうもありがとうございました!

さて、20期の講座も、いよいよ後半戦に突入です。
頑張っていきましょう!

[PR]



by aogakuwsd | 2015-10-27 12:47 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】20期、1回目の実習が無事に終わりました!

2015年10月11日(日)

20期生の1回目の実習が無事に終了しました。
9月27日以来、プログラムを作ってはこわし、工夫を重ね、準備を重ねてきました。

20期生の実習のテーマは、ずばり「参加者が◯◯の面白さを味わえる新しい遊びを考えてワークショップを企画する」です。
◯◯に入る言葉は、各グループで考えました。
大人の参加者が思わず夢中になってしまう遊びを、20期生は、どのようにデザインしたのでしょうか。
各グループの様子を写真とともに、お伝えします!

「チーム朝いち」による、「『違い』と『同じ』の面白さを感じるワークショップ」
これは、自分のオリジナル国を設定して、その国ならではのオリジナルな名刺交換をする場面。
お互いに言葉が通じないという設定なので、ジェスチャーを引き出す工夫が埋め込まれています。
a0197628_20081505.jpg
チーム「メガネ率高いね」による、「昔、子どもだった皆さんのイメージ競争」
これは、「だるまさんがころんだ」で振り返ると、相手チームが、何かのジェスチャーをしていて、それを当てる場面。
「だるまさんがころんだ」と「ジェスチャーゲーム」を掛け合わせたようなワークです。
朝一のワークなのに、参加者の皆さん、身体をはってくれていますね!
a0197628_20295830.jpg
「チーム誉(ほまれ)」による、「前向きなコミュニケーションへの理解と深まり〜前向きなコミュニケーションってなんだろう?」
お互いのことをポジティブにほめ合うことを通して、ポジティブコミュニケーションを体験するワーク。
じっくり相手の話を聴くことで、ポジティブポイントを探していきます。
a0197628_20432009.jpg
「チーム つなぐよん」による、「つなぐことば」でワクワクワーク
即興的にひとりずつ文章をつなげていって、グループでひとつの物語をつくるワーク
「えーっ!そう来る?」
他(前)の人が考えた文章を使わないといけないルールが、結果的には、突拍子もない、面白いストーリーを生み出していくきっかけになりました。
a0197628_20493095.jpg
「チーム daruma5」による「RODAN de FEELI NG 彫刻で遊ぼう!」
すでに世の中にある有名な彫刻にセリフをつけてみたり、彫刻と彫刻をつなげてお話しをつくってみたり。
名前の通り、彫刻を遊んでしまうワーク。
鑑賞するだけでは見えてこないことが生まれてきました。
a0197628_20515235.jpg
「チームやす子」による「あいさつの可能性を探る『あいさつ』ワークショップ」
前半、いろんなあいさつを体験して、最終的には、オリジナルの「WSDあいさつ」を開発します。
これは前半で、ハイタッチを、4拍子のリズムに合わせてやって見せているところ。
リズムに合わせてやってみることで、「相手」を意識するようになりました。
a0197628_21003332.jpg
「チーム エモーション7」による「オノマトペで遊ぼう!想像と創造の1時間」
オノマトペとは、擬音語という意味。
導入では、まずは声を出すアイスブレイクとして、動物の鳴き声を順番に言う自己紹介。
オノマトペの特徴に合わせて、自然といろんな声色が出てきます。
a0197628_21082947.jpg
「チーム8」による「呼び起こせ!イマジネーション∞」
まだこの世にいない生き物を作り出すワーク。
これは鳥?クジラ?とりあえず、足はおりたためるようです…。
a0197628_21120467.jpg
「チーム ワンピース」による「しりとり和あるど」
はじめは普通のしりとり。難易度がだんだん上がっていって最後は、「あたまとり」
しかも制限時間内に、たくさん言葉をつないでいかないといけないルール。
「かぶ!」「ぶた!」
「ちがう、ちがーう!『かぶ』だから『か』で始まる言葉だよ!」
「じゃあ、からす!」
「えっと!すいか!」
「だからー!あたまをとるの!!」その後もパニックは続く…
a0197628_21194320.jpg
「チーム 泣き笑い」による「組み合わせる面白さを味わうワークショップ」
それぞれが描いた絵を組み合わせて4コマ漫画をつくるワークから、最後は、部屋の中に実際にあるものも使って5コマ漫画をつくるワークに発展!組み合わせの妙で、思いがけないストーリー展開が!
a0197628_21304372.jpg
「チーム オーシャンズ11」による「想像力が爆発だ!」
1枚の写真から、あるシーンやセリフをイメージして、ストーリーをつむいでいくワーク。
これはどんな状況?カップの視点になってセリフを考えてみて!
いろんな角度から写真を見ることで、写真の外側の世界が豊かになっていきました。

a0197628_21320022.jpg
「チーム5K(ファイブケー)」による「想像力が爆発だ! なかまなかんじ」
自分のイメージを漢字一文字で表してみたり、漢字が持つイメージをもとに、なかまづくりをしたり、漢字を媒介に人と人とがつながっていくワーク!

a0197628_21375216.jpg
全12グループのワークショップ終了後、この日、参加者役として協力してくれた修了生からエールを受け取るとともに、修了生の活動の紹介タイム。本当にたくさんの分野で修了生が活躍していることがわかる一コマです。
修了生のみなさん!お忙しい中、ご協力いただき、本当にありがとうございました!
a0197628_22131979.jpg
a0197628_22150454.jpg

ワークショップ終了後は、リフレクションタイム。
今日のワークショップ直後に、参加者に書いてもらった感想をもとに、自分たちがプログラムデザインで意図したことと、参加者の反応に、どのようなズレがあったのか?そのズレの原因は何なのか?改善するとしたらどういうことができるのか?段階を追って丁寧に分析していきました。
a0197628_22172322.jpg
a0197628_22180011.jpg
a0197628_22183828.jpg

そして、長かった1日が終了。
最後は、この実習でお世話になった講師の方々からの講評をいただきました。

横山仁一さん
前回のリハーサルでやったプログラムを全とっかえして自滅したチームがなくてよかったです(笑)。
先週のリハーサルから今日の本番までに、それぞれのグループで捨てたものも結構あったはず。実はそれが結構大事かもしれませんよ。次は、ご自分の専門領域を使ってやってみても良いかもしれません。
a0197628_22191384.jpg
内山厳さん
今日まで講師が皆さんに伝えたことは、あくまでも講師の主観です。フィードバックがささってこない理由も、また気づきになったのではないでしょうか。今回の実習では、参加者の参加を増幅するために、どんな仕掛けをプログラムにデザインするか、「仕掛け」のことをうるさく言われましたが、策に溺れないよう気をつけることも大事です。
a0197628_22195705.jpg
内藤裕敬さん
前回のリハーサルから1週間もがいたあとが見えてよかった。もがくのが大事なんだよ!
今回、参加者の想像力にうったえかける60分をつくってもらったわけだけど、このプログラムを発想することが、みなさんの想像力を豊かにすることにもつながったはず。プログラムには完璧なものはない。予定を消化すればワークショップになるわけでもない。型にはまると可能性が萎縮してしまう。自分が面白がることが大事です!!
a0197628_22205929.jpg
これで、20期生は、講座の一つ目の山を越えました。
本当にお疲れさまでした!

次回は、9月27日から取り組んできたプログラムデザインの変遷を振り返っていきます!


[PR]



by aogakuwsd | 2015-10-13 20:39 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】ワークショップの実習に向けて、準備をしています!

ただいま、20期生は、10月11日(日)の大人を対象とするワークショップの実習に向けて、グループで企画を進めています。

今回のワークショップで20期生に意識をしてもらっているのは、ワークショップの参加者の「参加を増幅するためには、どのような工夫が必要か」ということ。講座では、「参加の増幅」を「参加者がワークショップの目的に対する参加度を高めること」と定義し、参加者が思わず夢中になってしまう、あるいは、ためらいが軽減される、などの「仕掛け」を、どのようにプログラムの中にデザインできるか、挑戦してもらっています。

9月27日(日) 
企画の初日は、実習を企画するグループに分かれ、講師の見本ワークショップを体験しました。
講師は、内藤裕敬さん。内藤さんは、演出家・劇作家でありながら、アウトリーチ活動の一環で、一般の幅広い年齢層の方に向けてもワークショップを実施していらっしゃいます。
この日、受講生が体験したのは、「想像力を遊ぶワークショップ」。
a0197628_21130222.jpg
a0197628_21131991.jpg
既存の名画に、全く新しいタイトルをつけたり、抽象的な絵の中に流れる音楽をイメージしたり、音楽からイメージされる絵を描いてみたり。
「この絵をどう見るか、この音楽をどう聴くかは、その人の自由で、答えなんてないでしょう?音楽や絵画の向こう側にあるものをどうやって見せるのか。参加者が答えのない世界をどう遊べるか、つまり遊びをどうデザインするのかを、今回考えてほしいんだよ」と内藤さん。

また、見本ワークショップの裏では、「参加を増幅するプログラムデザイン」についてのeラーニングレポート共有。参加を増幅するための、ワークショッププログラムの「仕掛け」について話し合いました。



10月4日(日)
企画2日目は、受講生同士でワークショップをやり合う、リハーサルの日。
内藤さんの他に、講師が3人加わり、4人体制で、受講生のワークショップの実習をバックアップしていきます。
午前中、グループで企画を練って、午後からリハーサルスタート!
a0197628_20565685.jpg
a0197628_20513803.jpg
a0197628_20510647.jpg
a0197628_20560555.jpg

a0197628_21000570.jpg
一つ一つの活動は試していたものの、ワークショップを実際に通してやってみたのは、多分、ほとんどのグループが初めて!「あれ、想像していた感じと違う…」ということに気づくグループも…。

リハーサルが終了するごとに、講師からのフィードバックを受けます。

こちらは、「青年団」演出部、RoMTを主宰している田野邦彦さん。
a0197628_20575206.jpg
「それは、本当に参加を増幅するための仕掛けになっていた?」
「用意したシナリオ通りに進むのではなく、思いもよらない発見ができることが良いWSなのでは?」
「安心して参加してもらうことが大切」だとすると、常に負荷が高い状態が続いてなかったですか?」などなど。
受講生は、するどい問いかけを受け、考え込む場面も…。



リハーサル終了後は、各講師から、受講生に向けてエールが送られました。
今回の実習のみならず、今後、ワークショップを実施する上で意識したい大切なことを伝えていただいたので、ここにご紹介します。

横山仁一さん(舞台演出家・劇団東京オレンジ主宰)
a0197628_21010856.jpg
「今決まっているテーマとやることを、改めて各自1人1人が考える必要があると思う。そうしないと、全員が責任を持ちきれない。
私が一人でやるならば、こんなふうにする!という所まで考える。時間が少ない中では、それはリスキーなことだけれども、責任を明確にするために、自分ならこうすると言うことを出し合うのも一つです。
今一度、自分自身に立ち戻ることも大事。裏を返せば、妥協の産物がプログラムになっている可能性があるから。メンバーそれぞれ考えている良い所を集めて良いプログラムを考えてみるのも手です。」

内山厳さん(G office代表/演劇家/HRDコンサルタント)
a0197628_21022174.jpg
「どうやったら大の大人が喜んで参加するのか、どうしたら没入してくれるのかを丁寧に作ってほしい。
あと、どのようにクロージングしていくのか、どのような意図を持ってワークを締めるのかを意識してほしい。
今日のフィードバックが肯定的な内容だったグループは、さらに良い内容になるように汗を流して。否定的だった場合は、プログラムを変えるだけでなく、どのようにしたらよくなるのか、角度を変えて考えて見るのも一つです。大元は変えないでちょっと角度を変えただけで良くなったグループを、今までいくつも見てきました。安全運転よりも試したいことをやってみてください!」

内藤裕敬さん(劇作家・演出家/南河内万歳一座座長)
a0197628_21024444.jpg
「演劇は、見る側と演じる側が同じ場所、同じ時間にいる。みせる誰かがいることが大前提で、観ている人に伝えなければならない。でも、一生懸命やったからといって伝わるわけではない。本人はやっているつもりでも、相手にとっては、なんだかわからないということもある。そこで、俳優は、どれだけやればいいのかというレベルを初めて知る。
ワークショップにも相手がいる。自分たちはいいと思っていても、参加者は楽しいと思っていないかもしれない。さらに、自分たちがやって楽しいと思えないものは、絶対に面白くない。
参加者の想像力にうったえ続ける時間を、ぜひつくってほしい。
自分の内側にある知識に向かって入っていくのではなくて、気がついたらこういうことが出てきた!というような、外側にスパークしていく感じ。
想像力を刺激されるワークショップを受けることで、外側でいろいろなアイディアが生まれてくるはず。
難しいんだけれどもチャレンジしてほしい。この場は、実験だからチャレンジして欲しい。ただ、そのための検証システムとして、自分が面白いと思えるかどうかを真剣に考えて欲しい。」

20期の皆さん、あともう一踏ん張りです!!

[PR]



by aogakuwsd | 2015-10-05 20:39 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】20期の対面講座がスタートしました!

2015年9月5日(土)、6日(日)

先週末から、青学第20期の対面講座がスタートしました!

初日、2日目の対面講座は、「基礎理論科目」と言って、ワークショップとは何か?なぜ、今、ワークショップが必要なのか?ということについて、講義とワークを受けます。

初日の講師は、青山学院大学社会情報学部教授であり、講座の運営委員会事務局長である苅宿俊文先生。
a0197628_1534177.jpg


これから、講座での学びをスタートさせる20期生に向けて、
大人が学ぶとは、どういうことなのか?
自分にとって意味のある学びとはどういう学びなのか?
自分の知的生産性を上げるとはどういうことなのか?
など、先生の熱い講義が続きました。

また、講義の中に出てきたキーワード「無意識の意識化」「コミュニケーションのズレ」「出力を想定した入力」を実感するために、ミーティングレコーダーを使って4人で話しているところを、録画してその場で見てみるということもやりました。

こちらがそのミーティングレコーダー。
a0197628_15443630.jpg

4角に、小さなカメラがついていて、4分割モードで録画すると、4人で話している映像と音声を撮ることができ、すぐに再生もできます。
「えー。こんな喋り方!」
「なんか、かみ合って…ない?!」
a0197628_15461011.jpg

こんなツールも使いながら、知識を得るだけでなく、体感することが大事であることを苅宿先生は受講生に伝えます。

そして午後は、eラーニングのレポート共有。
レポート共有のテーマは、「協同性への理解を深める」。
受講生それぞれが書いてきた「自分が体験した協同的な活動」をグループに分かれて紹介し合い、「協同的な活動とは何か」をグループで考え、グループの答えを出していきました。
a0197628_16131999.jpg

a0197628_16134065.jpg

a0197628_1614415.jpg

話し合いの過程では、自分のレポートを図式化、キーワード化し、自分自身の思考を整理した上で、相手にわかりやすく伝えるための仕掛けも盛り込まれており、自分自身がワークを体験しながら、実施者として、いかにプログラムデザインをするか、ということも同時に考えていきました。

この他に、他己紹介のワークもやって、1日目は終了。



続く2日目の午前中は、平田オリザさんの講義とワーク。
平田さんは、ご存知の通り、劇作家、演出家でもあり、国内外を問わず、数多くのワークショップを実施されています。
本講座では、ワークショップの合間合間に、ワークの目的や背景、どのような対象者、どのようなときにそのワークを行うと効果的なのかなどの解説が入り、受講生が体験しながらワークショップを理解していかれるよう、進行してくださいます。
a0197628_16354812.jpg

a0197628_16373544.jpg

一つ一つのワークに意味があるだけではなく、導入のゲームから、少しずつ声と身体をほぐしていき、最終的には、台本を使ったワークをやる、など、演劇ワークショップでありながら、無理なく参加できるように構成されている点は、今後、実施者としてワークショップをデザインするときに、非常に参考になるものでした。

午後は、再び、苅宿先生が登場。
前日のふりかえりから始まり、主に、ワークショップが必要となった背景、ワークショップの学習観など、前日同様、熱い講義とワークが展開されました。
a0197628_17232148.jpg

a0197628_1726428.jpg


基礎理論科目では、とにかくたくさんの講義とワークを受けて、なかなか消化していくのが大変だと思いますが、二人の先生のワークと講義を通して、ワークショップデザイナーとしての学びとは何か?ワークショップをデザインするときに、何をデザインするべきなのかを考えさせられたのではないかと思います。

最後に、2日目の講義の後半に、苅宿先生の講義の中からの抜粋です。
20期生の皆さん、これから3ヶ月間、一緒に頑張りましょう!

________________________________________________________

「答えは君の中にある」
これは、ワークショップデザインの一つの原則だと思うんです。
つまり、そこには、誰もが参加できるということです。
私たちが排他性を作らないための工夫はいろいろあると思う。
その中で、私たちが間違いがない問いがあることを知った上で、間違いがない問いを
どうデザインできるのか?
これを、我々は考えておくべきなのではないでしょうか。
「答えは君の中にある」ということを我々が共有することが非常に重要だと思います。
________________________________________________________
[PR]



by aogakuwsd | 2015-09-07 15:54 | 講座のようす | Comments(0)

【青学WSD】19期、子ども向けワークショップの実習が終わりました!

2015年7月11日(土) Aクラス @青山キャンパス
2015年7月12日(日) Bクラス @都内小学校
2015年7月18日(日) Cクラス @都内小学校

上記3日間の日程で、19期の子ども向け実習、「逆転時間ワークショップ」が行われました。

実習の企画が始まったのが、本番の2週間前。
まずは、自分たちが逆転時間ワークショップを体験し、「逆転時間」ならではの面白さや創作のプロセスを整理し、リハーサルを重ねて、当日を迎えました。
自分たちがデザインしたワークショップが、はたして、子どもたちにどう受け入れられるのか…
期待と不安が入り混じる中で、実習スタート!!

まずは、迎え入れ。
開始 15分前から、こどもたちが、ぱらぱらと集まってきます。
a0197628_17482138.jpg

a0197628_1750893.jpg

a0197628_2041391.jpg

開始時間になるまで、全員で遊ぶチーム、あとで、グループ活動をすることを想定して、はじめからグループに分かれて遊ぶチームと、やり方は、チームによっていろいろです。


こどもたちがそろったところで、逆転時間の説明やスタッフ紹介が始まります。

このチームは、並べた長机の中に子どもたちに座ってもらって、説明をするという環境デザイン。題して「囲い込み作戦!」
a0197628_17533211.jpg

逆転時間の研究をしている「研究員」として、ファシリテーターが白衣を着るチームも。
a0197628_17553766.jpg

こちらのチームは、なんと研究員の紹介が壁に貼られていました!!
今回、研究員として白衣を着るチームが多かったです。白衣、どこから調達してきたんだろう…
a0197628_2043272.jpg


逆転時間の説明の部分では、いかに、こどもたちが「面白い!つくってみたい!」と思わせるかがポイントです。そのためには、どんな説明をするのか、どんな見本を見せるのかが、とても重要です。
丁寧に説明することも大切ですが、その場で、こどもたち自身に映像をつくってもらうというのもひとつのやり方。
a0197628_20591329.jpg

a0197628_2164731.jpg

a0197628_219151.jpg


当日は、お天気も良く、外で作品をつくるチームもたくさんいました。
a0197628_181148.jpg

小学校が会場のクラスは、廊下や体育館でも撮影。
いつも使い慣れている遊具や道具が、今日は、逆転時間のセットに?!
a0197628_2181432.jpg

a0197628_21185443.jpg

a0197628_2122244.jpg

a0197628_2130786.jpg


撮影した作品は、みんなで見て確認。
a0197628_182652.jpg


逆転時間では、カメラマンも重要です。
グループで作品をつくるので、それぞれが、何らかの役割を担うことになります。
a0197628_1825559.jpg

a0197628_21255288.jpg


グループには、低学年から高学年が混ざっています。
低学年の子が、場をリードする場面も。
a0197628_21204236.jpg

a0197628_21282692.jpg


ワークショップの終盤では、作品を発表する時間も設けます。
自分たちのグループはどんなところにこだわったのか、工夫をしたのか。
ここを見てほしい!というポイントを、こどもたちが解説します。
a0197628_18234155.jpg

a0197628_21262823.jpg


120分の実習が無事に終わりました!
本当におつかれさまでしたー!!

ここからは、今日、体験したことをふりかえるリフレクション!
みなさん、ほぼ、抜け殻状態ですが、記憶が鮮明で、細かいことが思い出せるうちに、ふりかえっていきます。
a0197628_21315223.jpg


まずは、実習グループで、主に「プログラムデザイン」についてのふりかえり。
「そもそも、うちのグループは、こういうワークショップの目的をたてていたけど、その目的は達成できた?」
「導入の部分では、こういう意図を持って、プログラムをデザインしたけれど、実際にやってみて、どうだった?」
「こどもたちが、まずはたくさん撮れるように、このお題を出してみたけど、それで、たくさん撮れていた?」
など、自分たちが意図していたことが、こどもたちにはどのように伝わっていたのかを、企画シートをもとに、一つずつ振り返っていきました。
a0197628_2125022.jpg

a0197628_21323227.jpg


つぎは、主に「ファシリテーションデザイン」についてのふりかえり。
今回の実習では、ワークを実施しているチームに対して、他のグループの受講生が、マンツーマンで観察者としてはりつき、実施の様子を観察していました。
a0197628_2129150.jpg

ここでは、実施者と観察者がペアになり、実施者が、そもそもどのようなことを意識してファシリテートしていたのかを明らかにした上で、実施者のファシリテーションの様子をふりかえっていきました。
「この場面で、なぜ、こういう働きかけをしたの?」
「この場面では、何を感じていた?」
など、観察者がインタビュー形式で、質問をし、実施者がその答えを言語化することで、実施者が気づいていないことを引き出すようにしてもらいました。
a0197628_21333120.jpg

a0197628_21341380.jpg


最後には、講師によるふりかえり。
ある1人の受講生の様子を観察し、こどもたちに対してどのような関わりをしていたのかを、F2LOの視点(『ワークショップと学び 3 まなびほぐしのデザイン』より)で解説しました。
a0197628_14525243.jpg


これで、本当に今日の実習は終わりです。
19期の皆さん、おつかれさまでしたー!!
[PR]



by aogakuwsd | 2015-07-13 17:46 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル