青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

[青学WSD]25期講座がスタートしました!

2017年5月13日(土)から、
青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム2016年度第1期(25期)の対面講座がスタートしました。

初日の講座は、苅宿先生の講義から。
社会人の学びでは「自分にとって何が必要か」「自分の経験を理論・技能を通して見ていく」といった知的生産が必要であると、これから学びが始まるみなさんに向けたメッセージが伝えられました。
a0197628_17591399.jpg
初めて出会う人との対話を通して自身の自明性に気づきます。
a0197628_17593171.jpg
a0197628_18000475.jpg
最後はグループで。
a0197628_18001811.jpg
また、4方向にカメラがついており、自分の話している様子を録画できる「ミーティングレコーダー」を使って、自分を俯瞰してみる体験・無意識に気づく体験をグループで共有しました。
a0197628_18003152.jpg
午後は再び苅宿先生の講義。
コミュニケーションツール・カタルタを使って、即興性を体験しました。カタルタは文頭に使えるリンクワードがドランプに書かれている、コミュニケーションを促すツールです。接続詞に合わせて語りが即興的に変化していきます。
a0197628_18004368.jpg

a0197628_18005311.jpg
また修了生のみなさんにはおなじみ、「好きな色は何ですか?」のワークもありました。
a0197628_18010765.jpg
このワークではどこかに答えがある問いだけではなく、「自分の中に答えがある問いがある」ことに気付きます。

受講生からのコメントです↓

「自明性という言葉、初めて聞きましたが、とても大切で自分に不足していると実感しました。」

「講義の後のワークを通して、再び感覚や体験を身体で受け止めることで、気づきが生まれました。」

「苅宿先生が”大人の学び”という言葉を何度も使っているのが印象的でした。」

「『学び』あるいは『学び方』にいろんな先入観を自分が持っていることに気づかされました。この3ヶ月は、そういう先入観からいったん自分を解き放って取り組んで見たいと思います。」

「久しぶりの大学の空気。先生からの講義とても刺激的でした!」


今回もワークを修了生スタッフがまとめてくれています。
a0197628_18011652.jpg
学んだことを振り返って自分なりに意味づけしたり、別のことと結び付けたりしてもらいたい!という思いが伝わってくるドキュメンテーション。
受講生がその日の学びを振り返るお手伝いになれば・・・という思いでまとめています。

WSDでは常にやったことは振り返ります。大人の学びは階段的ではなく螺旋的。一度学んだから終わりではなく、何度も繰り返す中で学びを深めていきます。
25期はどんな3か月になっていくのでしょうか・・・!25期の皆さん、一緒に頑張っていきましょう!




[PR]



by aogakuwsd | 2017-05-26 14:37 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル