青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】ワークショップ実習終了しました!

6月11日。
ついに実習の日がやってまいりました!!

今回は、前回来てくださった講師陣に加えて、参加者として本プログラムの修了生も参加します。
ここが講座の最初の山場、全15グループが企画してきたワークショップの実施とフィードバック・リフレクションを行いました!
 

早速本番スタート!
各教室で1グループずつWSを開催しました。
参加者は、同じ期の受講生と修了生合わせて15人前後です。
a0197628_17571982.jpg
演劇WS、「石橋を叩かずに渡ろう!」。思い切った演技が大ウケ。
a0197628_18031922.jpg
こちらはモノを積み上げるワーク、「あたまをツムツム!」上手くいって満足そうな様子。
a0197628_17583313.jpg


一方、実施者側は、参加者の様子を見ながら自分たちが企画したWSを進行していきます。
a0197628_15402520.jpg
・・・裏ではこんなやり取りが!時間を気にしながらの進行には、お互いの情報共有は欠かせません。
a0197628_18023869.jpg




実施した後は、参加者から感想をもらいます
a0197628_18001440.jpg
ピンクの付箋には「面白かった、夢中になれた」等の意見を、水色の付箋には「ためらった、違和感を感じた」等の意見を書いてもらいます。
a0197628_18025777.jpg
書いてもらった付箋を元に、参加者と実践者の共有タイム!
a0197628_18005755.jpg
参加者から率直なフィードバックがもらえるのもこの実習ならでは。
同期の参加者からも、修了生からも忌憚の無い意見が話されます。
実施者の皆さんも真剣に耳を傾けていました。
a0197628_18033191.jpg




そして各グループの担当講師からのフィードバック
a0197628_18070196.jpg
a0197628_18013844.jpg

フィードバックの中には、
「メインワークまでの流れに無駄が多い」
「全体的に待たされる時間が長く、やらされ感があった」
「ファシリテーターにもっと関わってほしい」など若干厳しい意見もありましたが、

「リハーサルを受けてパートの区切りがあり、意図を感じたワークになっていた。」
「全体はシンプルに分かりやすくなった。」
「見てて興奮するくらい面白く、興味深いWSだった。」など嬉しい言葉が!!

修正点はあるものの以前よりブラッシュアップされ、どの班もワークの完成度が上がっていました。


そして終わった後はリフレクション。
a0197628_18035241.jpg
参加者の感想をもとに、自分たちの意図と照らし合わせて、本当の問題を探ります。
a0197628_18041518.jpg
やってみてはじめて、コンセプトの曖昧さや個々人のイメージのズレに気がつくこともありました。

参加者からもらった意見は賛否両論、いろいろです。意見はいろいろあれど、それに合わせてプログラムをいちいち変更しても、それは根本的な解決にはなりません。
今日のリフレクションでは、解決策を考える前段階として、自分たちがそもそもやりたかったことと参加者の感想の間にある、なぜそうなったのか?を深めることで、”本当の課題”やうまくいった”本当の原因”を探ってもらいました。


最後に講師からのメッセージ。
a0197628_18044022.jpg
講師からは、

「前回1週間前にゴールとコンセプトの筋を通すことが大事という話しをしたと思います。自分たちの感覚だけでなく、受ける人がどう感じるかが必要だと。もう一つ大事なことは、「時間の意識を持つこと」です。

WSのプログラムは自分たちの中で練れば練るほどスムーズになる。だがそれが初めての人はどうなのか。

自分たちの時間感覚と参加者のそれは違います。あれも伝えたい、気づいて欲しい、でも1時間では限界があります。

今回皆さんに与えられた時間は1時間。その中には気づき時間、対話の時間、次のワークに移動するための時間なども含まれています。その1時間をどうデザインしていくのか、つまりこの1時間の限界を考えるということをしてほしいと思います。欲張りすぎないこと、できるだけゆったりと気づきが生まれることを今後意識してください。

などのコメントを頂きました!
 

今週末も引き続き振り返り。
1時間のワークショップを、2日間かけて企画して、1.5日かけて振り返る。
これでもまだまだ時間が足りないくらいです。。。笑

参加者の感想には、、
「スタッフサイドの動き方が難しいなと思いました。」
「初ファシリテーターで、時間ばかりが気になって参加者の反応を見ることができなかった。」
「「やってみなければ、わからない」ということをイヤというほど味わった。」
「参加者の視点に立つということが改めて難しいと思いました。」など頭を悩ませる感想から、

「実際にWSを行ってみて、参加者の反応を2度続けて見れたのはとても学びになりました。」
「参加者の感想を見ると、自分たちの想定していなかった意見を得ることができた。」
「リフレクションは本講座でも楽しみにしていたので今日と次週が楽しみです。」といった前向きな感想まで様々ありました。

やってみて振り返っての1日。学んだこと・考えることは一人一人様々であると思いますが、今回の経験を次につなげていって欲しいと思います。

貴重な経験にご協力いただいた修了生のみなさま、本当にありがとうございました!!
 



[PR]



by aogakuwsd | 2017-06-17 15:31 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル