青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】新井英夫さんのワークショップ体験

2017年1月21日、22日、28日に、ABCクラス分かれて、新井英夫さんのワークショップを体験しました。

新井英夫さんは、野口体操をベースに、身体をつかったワークショップを実践されています。

新井英夫さん(体奏家・ダンスアーティスト)とアシスタントの板坂記代子さん
http://blog.goo.ne.jp/karadakara
a0197628_10202198.jpg

本プログラムの受講生は、演劇やダンス、音楽などの芸術にかかわる方もいれば、企業で働いているので身体を動かすなんて久しぶりすぎる!という方まで、いろんな方がいらっしゃいます。

ワークショップというと、付箋と模造紙で・・・というイメージも多いのですが、今回のテーマは「頭で考える」のではなく、体験したことを振り返って気づきを得るというボトムアップのプロセスを体験してもらうこと。
普段から、演繹的なアプローチ、つまり目的を決めて、頭で考えてそれをやってみるやり方に慣れている私たちですが、帰納的なアプローチ、ボトムアップで自分が感じたことから気づきを抽出する学び方を味わってもらうことが目的です。
a0197628_10265286.jpg
身体感覚というのは、頭で考えるのと、やってみるのでは大きく違います。
やってみなければ見えてこない面白さがあります。
a0197628_10280911.jpg
頭で考えたら出てこないような、身体を使うから、即興的にやるから出てくるおもしろい表現がたくさん生まれました。
a0197628_10293793.jpg
一方で、目的を決めて・・・とか。ストーリーを決めてからそれに合わせた身体の表現を考える・・・など、どうしても演繹的なアプローチになる自分に気がついたり。

なんか外に正解がある気がして、評価を気にしてしまうとか・・・

講座の後半部分では、1人で振り返ったり、他者と話すことを通して自分の「無意識」に気づく体験をしました。
a0197628_10331399.jpg
a0197628_10351034.jpg
自分の無意識への気づき。
a0197628_10321512.jpg
a0197628_10320405.jpg
最後に新井さんの活動紹介や、どんな想いをもって活動しているのか、質問も交えながらお話タイム。
a0197628_10341429.jpg
苅宿も先週の講座の中で「身体も学びのセンサーになる」と言っていました。

私たちは学びというとどうしても頭の中で起こることと考えがち。
でも、身体で感じていること、身体が感じていることって、思っているよりたくさんある。

これからワークショップの場づくりをしていくにあたって、身体で感じる感覚や、頭でわかるだけではなく腑に落ちる・納得する感覚や、体験したことから学びを得ていく感覚を今回体験してもらえていれば・・・と思います。

24期のみなさんは次回からワークショップの企画に入ります。今回の経験も生かして、頑張っていきましょう!

新井さん、3クラスの講座、本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!

[PR]



by aogakuwsd | 2017-01-29 10:02 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル