青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】21期生、1回目の実習が終わりました!

21期生は、先日、無事に1回目のワークショップの実習を終えました。
お疲れ様でした!

プログラムのデザインに取り組み始めたのが1月30日。
そこから、リハーサルを経て、実施し、ふりかえるという過程を約1ヶ月かけて体験しました。
この記事では、1月30日から実習当日までの受講生の様子をお伝えします。

<演習1日目>
WSDの実習では、ワークショップをデザインするのにあたって、事務局からテーマが与えられます。
21期の実習のテーマは、
「参加者が発想すること面白いと感じる60分のワークショップをデザインする」。
ワークショップの参加者は、修了生と受講生が混ざった15名です。

発想することが面白いって、どういう状態?
そもそも、発想することってどんな風に考えてる?

まずは、グループ内で、ゴールイメージをどう設定するか、言葉をどう解釈するか、など、メンバーが個々で思っていることを共有し合うところからスタートしました。
a0197628_10151916.jpg

a0197628_10155998.jpg

a0197628_1017725.jpg

今回の(1回目の)実習は、主に「プログラムデザイン」を意識してつくってもらいます。
ここでいうプログラムデザインとは、活動内容や手順を時系列で考えることに加えて、参加者が思わず夢中になってしまう、あるいは参加へのためらいが軽減されるなど、参加度が高まるような工夫をする、ということです。自分たちが意図を持ってどうデザインするかが問われます。


<演習2日目>
この日は、受講生同士が実施者、参加者の役割を交代しながら、お互いのワークショップをやりあう、リハーサルを行いました。
a0197628_10185189.jpg

a0197628_1020166.jpg

a0197628_10212100.jpg

a0197628_102226.jpg

a0197628_10232099.jpg

自分たちは、参加者がこういう反応をすると思っていたのに、実際の反応が違ってあせった!
実際にやってみることで、デザインのつめの甘さが見えた。
実施側の自分たちだけが楽しんでいた。
最初はアイスブレイク、最後はふりかえり、という固定概念に捉われていることに気づいた。
実施できたのもよかったが、参加者の体験ができたことも、参加者の心的変化や不安など、
具体的にイメージすることにつながった。
チームの一員として、チームにどう関わっていけばいいのかを考えさせられた。

など、実際にやってみるからこその気づきが得られたようでした。

<実習当日>
いよいよ本番!
この日は、朝から4会場に分かれて、同時進行でワークショップが行われました。
a0197628_10241683.jpg

a0197628_10244638.jpg

a0197628_10253541.jpg

a0197628_1026011.jpg

a0197628_10264426.jpg

a0197628_1027838.jpg

a0197628_10293710.jpg

a0197628_1030542.jpg

「参加者が発想することも面白いと感じられるワークショップ」というテーマのもと、
演劇的な要素を取り入れたもの、身体を使うもの、対話を深めるものなど、バラエティに富んだワークショップが各会場で実施されました。

実施前は、ご飯ものどを通らないぐらい(!)緊張していた方もいらっしゃいましたが、なんとかチームで乗り切りました!!

この実習のために、わざわざ会場に足を運んでくださった修了生のみなさま!
本当にありがとうございました!!


さて、実習は無事に終わりましたが、やっておしまい、にしないのが、ワークショップデザイナー育成プログラムです!

各会場では、ワークショップ終了直後に、参加者から、参加してみての感想を書いてもらっているので、その感想をもとに、自分たちがデザインしたプログラムの本質的な課題は何だったのか?そして、その課題を踏まえて、プログラムをどんな風に改善していかれるのかを考え、完成版のプログラムを作ります。
その様子は、また別のブログでご紹介したいと思います!
[PR]



by aogakuwsd | 2016-02-23 10:12 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル