青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】20期、1回目の実習が無事に終わりました!

2015年10月11日(日)

20期生の1回目の実習が無事に終了しました。
9月27日以来、プログラムを作ってはこわし、工夫を重ね、準備を重ねてきました。

20期生の実習のテーマは、ずばり「参加者が◯◯の面白さを味わえる新しい遊びを考えてワークショップを企画する」です。
◯◯に入る言葉は、各グループで考えました。
大人の参加者が思わず夢中になってしまう遊びを、20期生は、どのようにデザインしたのでしょうか。
各グループの様子を写真とともに、お伝えします!

「チーム朝いち」による、「『違い』と『同じ』の面白さを感じるワークショップ」
これは、自分のオリジナル国を設定して、その国ならではのオリジナルな名刺交換をする場面。
お互いに言葉が通じないという設定なので、ジェスチャーを引き出す工夫が埋め込まれています。
a0197628_20081505.jpg
チーム「メガネ率高いね」による、「昔、子どもだった皆さんのイメージ競争」
これは、「だるまさんがころんだ」で振り返ると、相手チームが、何かのジェスチャーをしていて、それを当てる場面。
「だるまさんがころんだ」と「ジェスチャーゲーム」を掛け合わせたようなワークです。
朝一のワークなのに、参加者の皆さん、身体をはってくれていますね!
a0197628_20295830.jpg
「チーム誉(ほまれ)」による、「前向きなコミュニケーションへの理解と深まり〜前向きなコミュニケーションってなんだろう?」
お互いのことをポジティブにほめ合うことを通して、ポジティブコミュニケーションを体験するワーク。
じっくり相手の話を聴くことで、ポジティブポイントを探していきます。
a0197628_20432009.jpg
「チーム つなぐよん」による、「つなぐことば」でワクワクワーク
即興的にひとりずつ文章をつなげていって、グループでひとつの物語をつくるワーク
「えーっ!そう来る?」
他(前)の人が考えた文章を使わないといけないルールが、結果的には、突拍子もない、面白いストーリーを生み出していくきっかけになりました。
a0197628_20493095.jpg
「チーム daruma5」による「RODAN de FEELI NG 彫刻で遊ぼう!」
すでに世の中にある有名な彫刻にセリフをつけてみたり、彫刻と彫刻をつなげてお話しをつくってみたり。
名前の通り、彫刻を遊んでしまうワーク。
鑑賞するだけでは見えてこないことが生まれてきました。
a0197628_20515235.jpg
「チームやす子」による「あいさつの可能性を探る『あいさつ』ワークショップ」
前半、いろんなあいさつを体験して、最終的には、オリジナルの「WSDあいさつ」を開発します。
これは前半で、ハイタッチを、4拍子のリズムに合わせてやって見せているところ。
リズムに合わせてやってみることで、「相手」を意識するようになりました。
a0197628_21003332.jpg
「チーム エモーション7」による「オノマトペで遊ぼう!想像と創造の1時間」
オノマトペとは、擬音語という意味。
導入では、まずは声を出すアイスブレイクとして、動物の鳴き声を順番に言う自己紹介。
オノマトペの特徴に合わせて、自然といろんな声色が出てきます。
a0197628_21082947.jpg
「チーム8」による「呼び起こせ!イマジネーション∞」
まだこの世にいない生き物を作り出すワーク。
これは鳥?クジラ?とりあえず、足はおりたためるようです…。
a0197628_21120467.jpg
「チーム ワンピース」による「しりとり和あるど」
はじめは普通のしりとり。難易度がだんだん上がっていって最後は、「あたまとり」
しかも制限時間内に、たくさん言葉をつないでいかないといけないルール。
「かぶ!」「ぶた!」
「ちがう、ちがーう!『かぶ』だから『か』で始まる言葉だよ!」
「じゃあ、からす!」
「えっと!すいか!」
「だからー!あたまをとるの!!」その後もパニックは続く…
a0197628_21194320.jpg
「チーム 泣き笑い」による「組み合わせる面白さを味わうワークショップ」
それぞれが描いた絵を組み合わせて4コマ漫画をつくるワークから、最後は、部屋の中に実際にあるものも使って5コマ漫画をつくるワークに発展!組み合わせの妙で、思いがけないストーリー展開が!
a0197628_21304372.jpg
「チーム オーシャンズ11」による「想像力が爆発だ!」
1枚の写真から、あるシーンやセリフをイメージして、ストーリーをつむいでいくワーク。
これはどんな状況?カップの視点になってセリフを考えてみて!
いろんな角度から写真を見ることで、写真の外側の世界が豊かになっていきました。

a0197628_21320022.jpg
「チーム5K(ファイブケー)」による「想像力が爆発だ! なかまなかんじ」
自分のイメージを漢字一文字で表してみたり、漢字が持つイメージをもとに、なかまづくりをしたり、漢字を媒介に人と人とがつながっていくワーク!

a0197628_21375216.jpg
全12グループのワークショップ終了後、この日、参加者役として協力してくれた修了生からエールを受け取るとともに、修了生の活動の紹介タイム。本当にたくさんの分野で修了生が活躍していることがわかる一コマです。
修了生のみなさん!お忙しい中、ご協力いただき、本当にありがとうございました!
a0197628_22131979.jpg
a0197628_22150454.jpg

ワークショップ終了後は、リフレクションタイム。
今日のワークショップ直後に、参加者に書いてもらった感想をもとに、自分たちがプログラムデザインで意図したことと、参加者の反応に、どのようなズレがあったのか?そのズレの原因は何なのか?改善するとしたらどういうことができるのか?段階を追って丁寧に分析していきました。
a0197628_22172322.jpg
a0197628_22180011.jpg
a0197628_22183828.jpg

そして、長かった1日が終了。
最後は、この実習でお世話になった講師の方々からの講評をいただきました。

横山仁一さん
前回のリハーサルでやったプログラムを全とっかえして自滅したチームがなくてよかったです(笑)。
先週のリハーサルから今日の本番までに、それぞれのグループで捨てたものも結構あったはず。実はそれが結構大事かもしれませんよ。次は、ご自分の専門領域を使ってやってみても良いかもしれません。
a0197628_22191384.jpg
内山厳さん
今日まで講師が皆さんに伝えたことは、あくまでも講師の主観です。フィードバックがささってこない理由も、また気づきになったのではないでしょうか。今回の実習では、参加者の参加を増幅するために、どんな仕掛けをプログラムにデザインするか、「仕掛け」のことをうるさく言われましたが、策に溺れないよう気をつけることも大事です。
a0197628_22195705.jpg
内藤裕敬さん
前回のリハーサルから1週間もがいたあとが見えてよかった。もがくのが大事なんだよ!
今回、参加者の想像力にうったえかける60分をつくってもらったわけだけど、このプログラムを発想することが、みなさんの想像力を豊かにすることにもつながったはず。プログラムには完璧なものはない。予定を消化すればワークショップになるわけでもない。型にはまると可能性が萎縮してしまう。自分が面白がることが大事です!!
a0197628_22205929.jpg
これで、20期生は、講座の一つ目の山を越えました。
本当にお疲れさまでした!

次回は、9月27日から取り組んできたプログラムデザインの変遷を振り返っていきます!


[PR]



by aogakuwsd | 2015-10-13 20:39 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル