青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】19期子ども向けWSの企画に入りました!

ただいま、19期は小学生向けワークショップの企画準備を進めています。
今回受講生が実施するのは「逆転時間ワークショップ」。
逆転時間というアプリで撮影した動画を逆再生して楽しむメディアワークショップです。

▶︎逆転時間
https://itunes.apple.com/jp/app/ni-zhuan-shi-jian/id535415279?mt=8

実は、この「逆転時間」アプリは、苅宿研究室で開発されたもの。
このアプリを使って、子どもたちがグループで映像作品をつくるワークショップを、企画します。

この逆転時間はどんなことができるのか、何が楽しいのか、を大人がわかっていないと!ということで、まずは受講生が逆転時間の作品づくりを体験してみます。

まずは、「じゃんけん」を逆転時間でやってみます。
逆再生だけど自然に見えるじゃんけんはかなり難しい!
じゃんけんの動きは普段無意識にしているんですね。無意識の意識化!はなかなか難しい。そして楽しい!
a0197628_18484599.jpg
ゴミを散らかしているところをぎゃく再生すると・・・片付けてる?
a0197628_18432863.jpg
つくった作品はみんなで見てみる。
a0197628_18532018.jpg
身体をつかって!
a0197628_18425933.jpg
外に出ても撮ってみる。
a0197628_18421959.jpg
手術を逆転時間で。
a0197628_18593421.jpg

逆転時間の体験を通して、大人も思わず夢中になる。自分たち自身が、まず楽しむことが大切なんです。

体験後は、「逆転時間ならではの面白さ」についてグループで分析します。
ワークショップの実施者が、コンテンツの魅力をよく知ることはとても重要です。
分析結果は壁に貼り出し他のグループとも共有します。
a0197628_18445487.jpg

午後は、さっそく導入部分のリハーサル。
リハーサルでは、ワークショップを実施するだけでなく、参加者役となり参加してみての感想を実施グループに伝えたり、観察役となって、ワークショップ中のファシリテーターの動きについて講師の実況中継を聞きながら観察したりします。
a0197628_18462969.jpg
a0197628_18473185.jpg

リハーサル後は、講師からのフィードバックもあります。
ワークショップデザイナーとして大切にしてもらいたいことも、伝えられました。

a0197628_19020759.jpg

そして、リハーサル後も企画は続き、次回の通しリハーサルを経て、次の次がいよいよ本番です!

子ども向けワークショップということで、大人とは違う難しさがあると思いますが、子どもと一緒に思い切り楽しんで作品作りをしていただければと思います!


[PR]



by aogakuwsd | 2015-07-04 17:48 | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル