青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】18期の補講を開催しました!

2015年2月25日(水)19:00〜21:30まで。18期の1回目の対面補講を行いました。

ワークショップデザイナー育成プログラムでは、講座をお休みされた方に向けて補講を用意しています。今日は、佐伯胖さんの「わかるということの意味」という本が課題図書。

一人ひとり、本を読んでキーワードを挙げ、自分の経験と結びつけてレポートを書く、というのが事前の宿題。今日の補講はそのレポートをもとに、理解を深めていく2時間半です。

まずはレポートを共有。
a0197628_20243247.jpg

キーワードと具体例を共有することで、理解を深めていきます。
a0197628_20244962.jpg


それだけじゃないのがワークショップデザイナー!

次のお題はこれ!
a0197628_20261541.jpg


1時間かけて、10分間の「キーワード解説ミニ講座」を考えます。
そして最後に「キーワードミニ講座」の発表。

ーーーーーー
1グループ目は、「アートカード」をトランプに見立てて、ババ抜きをします。
アートカード:http://www.nmao.go.jp/study/art_card.html

ババ抜きでは、同じ数のトランプが揃ったら捨てますが、ここでは引いたカードと手持ちのカードの共通点を見つけて、これとこれは◯◯つながりだから捨てる!という感じで捨てていきます。

これは建物繋がり!とか、
a0197628_20475777.jpg


うーん、この(青の)人、次にこの服着そう!など。
a0197628_20484198.jpg


このグループのキーワードは「自己原因性」。
人がやるごとに答えが違う。でも腑に落ちるという感覚を共有し合えるということで考えてみました!とのこと。

ーーーーーー
2グループ目は、アートカードとカタルタのダブル使い!!
アートカードをヒントに、そのカードにまつわるストーリーを考えていきます。
カタルタとは、トランプのようなカードで、「もちろん」「せめて」などの接続詞が書いてあります。
カタルタ:http://www.kataruta.com

まずはアートカードを引いてそのイメージを一言。
「ふわふわと楽しい」

そこにカタルタを引いて出た接続詞をもとにカードのイメージを広げていきます。
a0197628_2144923.jpg


 カタルタ |カタルタから触発されて加えたイメージ
  ↓         ↓
「もちろん」| 「まわりも楽しい」
「ときどき」| 「落ちたくなる」
「例えば」 |「下においしそうなものが落ちていたとき」
「せめて」 |「野菜は取らないとな」
「しかし」 |「私は肉が好きだ」 ・・・・・みたいな感じ。

このグループは、「小さな世界」がキーワード。
自分たちの小さな世界と結びつけて芸術を分かっていく。というワーク。

ーーーーーー
3グループ目もアートカードとカタルタのダブル使い!!
1枚のアートカードをもとに、カタルタでその世界観を広げます。
a0197628_2153987.jpg


2グループ目と似ているワークでしたがアプローチの仕方が少し違う!

 カタルタ  |カタルタから触発されて加えたイメージ
  ↓          ↓
「もし」   | 「仲直りすることができたら」
「いつか」  |「ごめんなさいって言わなきゃ」
「具体的には」|「僕が頭をなぐっちゃった」

みたいな感じです。

ここのグループのキーワードは、「双原因性感覚」。
自分がアイデアを言うだけではなく、他の方のアイデアが入ることで、ストーリーが発展していく。
お互いに影響し合っている感覚ということです。

ーーーーーー
4グループ目は、2人1組になって、1人が「人間」、1人が「鏡」になります。
a0197628_2126353.jpg

まず「人間」の動きを「鏡」が真似します。
次に、「人間」と「鏡」を入れ替えて体験。

最後に「人間」と「鏡」をワークの途中で入れ替えます。
言葉は話さず、なんとなく、主導権を譲り合う感じ。
このグループが選んだキーワードも「双原因性感覚」。

ーーーーーー
5グループ目は、
アートカードを1人5枚ずつ持ちます。
まず1枚、場にカードを出して、ストーリーが繋がるように、1枚ずつ手持ちのカードを出していきます。
即興でも意外とストーリーができるんですね。
a0197628_21291436.jpg

a0197628_2129257.jpg

ーーーーーー

どのグループも1時間で考えたとは思えない!
キーワードの本質をうまく捉えたワークで、とても楽しめました。

「わかるということの意味」は何度読んでも感じる事がいろいろあってとてもおもしろい本です。
教育やワークショップだけでなく、人と関わる全ての人に読んでほしい本。

おすすめです。
「わかるということの意味」http://www.amazon.co.jp/「わかる」ということの意味-新版-子どもと教育-佐伯-胖/dp/4000039393
[PR]



by aogakuwsd | 2015-02-25 22:07 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル