青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】子ども向け実習 17期Bクラス@福武ラーニングスタジオ

2014年11月9日(日)

こちらは、Bクラスの実習@福武ホールラーニングスタジオ。

この日の朝は、あいにくの雨でしたが、受講生は、早くから会場に集まり、準備を進めました。
a0197628_19552498.jpg

a0197628_19561019.jpg


あっという間に、準備の時間は終わり、子どもたちが会場に入ってきました。

お!ここは、すでに楽しそうなものがいっぱい床に広がっています。
実は、新聞紙で折った飛行機は、後で子どもたちに逆転時間の見本映像を見せるときに、使うためのもの。アイスブレイクで作ったものを、次の活動で活かすというわけです。
a0197628_19593563.jpg


ワークショップの導入の部分では、逆転時間のやり方を説明を子どもたちに伝えます。
逆転時間で、こんなことができるんだ!ということが、わかったところで、グループにわかれて、作品づくりに取りかかつてもらいます。
a0197628_20114572.jpg


ここのグループは、風船を小道具に使うことにしたようです。
謎の生き物?
a0197628_2045813.jpg

謎の生き物、パート2?
a0197628_2055048.jpg


「長い廊下」も、使わない手はない!
a0197628_2091746.jpg


逆転時間では、カメラマンも大事な役割を果たします。
画面には、うつりませんが、こうやって、撮る角度を工夫することで、作品がより面白くなるのです。
a0197628_20142531.jpg


30分〜40分の、作品づくりの時間を経て、各グループの発表会。
自分のグループの作品だけでなく、他のグループの作品にも、子どもたちは釘付けです。
a0197628_20173866.jpg


怒濤のような、午前の部が終わって、休む間もなく、午後の部が始まりました!

逆転時間の面白さの一つに、グループで作品づくりをする、というのがあります。
一人ではなく、グループだからこそ出てくる、アイデアや表現を楽しむ、ということです。
しかし、この日に初めて会った、子どもと子ども、子どもと大人が、いきなりグループワークを楽しめるわけではないので、最初の部分では、自己紹介やグループでできるゲームを体験して、お互いの距離を少しずつ縮めていきます。
a0197628_20284312.jpg

a0197628_2037101.jpg


午後は、雨が上がり、晴れ間も見えてきたので、外でも撮影しました。
a0197628_20381694.jpg

a0197628_20383247.jpg


風船を持つ手が4本!
a0197628_2039522.jpg

a0197628_2040722.jpg

これを逆再生にしてみたら…風船が、ふわふわ浮き上がる不思議ムービーができますね!

いろんな場所で、いろんな試行錯誤をした後は、午後の部の発表会。
「逆転時間、スタート!」
保護者の方も、多数、発表会に駆けつけてくださいました。
a0197628_20423881.jpg


ワークショップの後は、実習グループにわかれて、ワークショップの振り返り。
今回の実習は、1グループ7名で実施し、前回の実習と同様に、グループ内での合意形成をとっていくことが、とても難しかったようですが、余裕がなかった前回と比べて、もっとグループで協力できたことがなかったか、もっと作品づくりを深めることができなかったのか、など、より良くするために何ができるか、という話し合いをするグループも少なくありませんでした。

Bクラスの、皆さん、本当にお疲れさまでした!!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-11-12 20:21 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル