青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】16期 ワークショップのタネを考えました!

2014年7月19日(土)

本当に早いもので、16期の対面講座もあとわずか。
最終日イヴのこの日。。。


これまでは、講座の中でワークショップのお題が出されて、企画をして、実施をしてきました。
しかし、ワークショップデザイナーとしては、修了してからが本番。
今日は、修了後に、ワークショップデザイナーとして、どんな活動をしていくか、について考えました。


まずはじめに、先々週に実践した「逆転時間ワークショップ」について、その裏側で起きていたことを事務局から紹介。

a0197628_16182423.jpg

ワークショップの開催実現までは、
学校とのやりとりや、チラシづくり、万が一の時の対応を決めておくことなどなど、、、、
様々な準備が必要です。

そして、開始・終了時間を守ることや、借りた場所やモノはキレイにして返すことなどなど・・・
「ワークショップデザイナーの品格!」と題して、
実施に当たって注意すべきことについて、事例を通して学びました。


その後、自分の人生と?WSD育成プログラムでの3ヶ月間を振り返るワーク。

自分が生きて来た中で、影響を受けたものや、、、

今後やってみたいことなどを、1枚の紙に描いていきます。
a0197628_16212073.jpg



今度はそこから、ワークショップデザイナーとして、「これはやってみたい!!」と思う、ワークショップやワークショップ的活動をピックアップして、具体的に企画を練っていきます。

ある程度、企画を立てたら、自分の領域とは違う人とグループを組んで、いろいろ質問してもらいます。
質問に答える中で、曖昧だった、ワークショップのプランが明確になってきます。

a0197628_1623750.jpg



そして、それらをもとに、「やってみたいワークショップのタネ」をつくります。

a0197628_1625348.jpg


a0197628_16251055.jpg


a0197628_16252466.jpg



そしてタネの発表会。
今度は自分と領域が近い人と集まり、自分がやりたいワークショップのタネについて、発表します。

「それならこういう方法が良いかも?」とか「似ている活動をしている人がいるから繋がったら?」などなど、近しい領域の人同士で情報交換をしながら、やりたいワークショップについて語ります。

a0197628_1630927.jpg


a0197628_16303164.jpg


a0197628_16304922.jpg



修了生を見ていると、ここでつくったワークショップのタネから、様々な実践が生まれています。
修了後すぐにはできなくても、1年度に「タネ、実現します!」というfacebookの記事を見つけることもしばしば。

16期生のワークショップのタネも、いつか発芽して、育っていきますように。


来週で、16期の講座は最後です。
[PR]



by aogakuwsd | 2014-07-19 16:36 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル