青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】16期 子ども向けワークショップを実施しました!

2014年7月5日(土)&7月6日(日)

青学WSD16期生は、7月5日にAクラスが、7月6日にBクラスが、それぞれ都内の小学校で、子ども向けのワークショップを実施しました!
前回の講座でやったリハーサルがうまくいったグループも、課題が残ったグループも、今日はどうなるのでしょうか…

まずは、Aクラスの様子から。

「とにかく、子どもたちは今日のワークショップをとても楽しみにしています。
昨日も、『先生!明日は何時だっけ?』と、何人もの子が聞たんですよ!」

当日の朝、実習先の小学校の図工の先生から、今日の子どもの期待度がマックスになっていることを教えていただき、嬉しさとプレッシャーがマックスになったAクラス。

こうなったら、もう、やるしかないでしょう!!!
急ピッチで会場を整え、子どもたちを迎え入れる準備をしました。
a0197628_18232399.jpg

a0197628_18235376.jpg


そして、時間になり、いよいよワークショップがスタートしました。
ワークショップは、2教室にわかれて、午前に2クラス、午後に2クラス、計4クラス行います。

ワークショップの導入部分では、大人の自己紹介や、逆転時間の説明を。
a0197628_18313946.jpg

a0197628_1832722.jpg


Aクラスが今回使わせていただく教室は、図工室と家庭科室。
家庭科室のほうは、机が固定されていて、広いスペースを使えないのが難点ですが、そこを逆手にとって、机の上でできるアイスブレイクや、グループ分けを準備しました。
環境に合わせて、プログラムデザインをすることは、とても大事です。
a0197628_20131317.jpg


逆転時間の仕組みがわかったら、グループにわかれて作品をつくります。
a0197628_18403755.jpg


途中で中間発表を挟み…
a0197628_1842889.jpg


作品づくりは、続きます。
a0197628_18425847.jpg

a0197628_18441464.jpg


そして、残り30分になったところで、作品発表会。
発表するグループは、スクリーンの前に出てきて、自分たちのグループが作品づくりで工夫したところ、こだわったところなどを解説しながら、作品を上映しました。
a0197628_1847627.jpg


怒濤のような120分が終わり、休む間もなく、午後の部のワークショップがスタート。
この日の午後は、なぜか元気のいい低学年が集まり、なんと、午前の参加者よりもさらにテンションが高め!

導入のアイスブレイクから、子どもたちはノリノリです。

a0197628_18592524.jpg


作品づくりでは、逆転ならではの動きを見つけます。
a0197628_1905275.jpg

お。この男の子は、床の上をにょろにょろ這ってます!どんな作品ができるのか?!
a0197628_1932992.jpg


そして、最後に作品発表会。作品をつくるプロセスも発表します。
a0197628_19143365.jpg


午後のワークショップも無事に終わりました!Aクラスの皆さん、お疲れさまでした。


さて、次はBクラスの様子です!
前日のAクラスのワークショップの様子を、SNSやFacebookの書き込みで知り、Aクラス同様、当日の朝を緊張度マックス(?)で迎えたBクラス…
a0197628_1927548.jpg


今日もはりきっていきましょう!!
この日を迎えるために、精一杯準備をしたのですから!
a0197628_19291758.jpg


それでは、Bクラスの逆転時間ワークショップ、スタート!!

これは、導入の部分の逆転時間の説明の部分。
このグループは、子どもたちの前で、短い見本作品を実際につくって見せて、逆転時間の仕組みと面白さを伝えています。リハーサルでも苦労したところです。
a0197628_19305278.jpg


Bクラスのほうは、小学校の体育館も使わせていただきました。
体育の時間に使う跳び箱を普段とは違う使い方をするだけで、何だかドキドキしますね。
a0197628_19393278.jpg


なんと、この日は校長先生・副校長先生をはじめ多くの先生方も見に来てくださっていました。
a0197628_19401817.jpg


最後に、作品発表会。
「これとこれも見せたい!」と、どのグループも、とにかく自分たちの力作をたくさん見せたいし、どこが面白かったのかも発表したい!ということで、発表会には少し時間をかけました。
そして、前日同様、たくさんの保護者の方々が発表会を見にきてくださいました。
a0197628_194269.jpg

a0197628_19444929.jpg


Bクラスのほうも、午前、午後ともに、無事にワークショップ終了!!

あー終わったー!!と安心する間もなく、ワークショップのリフレクションに突入です!
a0197628_2073513.jpg

a0197628_2082246.jpg

a0197628_2084993.jpg

今日のワークショップで感じたことを話しだすと、先ほどまで、ぐったりと疲れていたのに、話しが止まらなくなります。
それほど、子どものワークショップの体験は、強烈だったのかもしれません。
逆転時間ワークショップでは、作品づくりをするときに、子どもを4、5人のグループにわけ、そこに大人がグループファシリテーターとして関わって、一緒に作品づくりをしていきます。
グループにいる子どもは、活発な子もいれば、おとなしい子もいて、アイデアが出るときもあれば、停滞してしまうときもあります。
そんな子どもたちと一緒に限られた時間で作品をつくるということは、本当に大変なことです。
今回、うまくいったグループもあれば、なかなか苦戦をしたグループもあり、それぞれのグループで、いろいろなドラマがあったようです。
1回きりのワークショップでは、反省点のほうが大きいのかもしれませんが、この日の経験が、今後実践を続けていく上での糧になればいいなと思います。

16期の皆さん、2回目の実習も、本当にお疲れさまでした。
そして、16期もカウントダウンが始まりましたが、最後まで一緒に頑張りましょう!!

最後になりましたが、今回のワークショップに参加してくれた子どもたち、ご協力くださった小学校の先生方、そして、小学校を紹介してくださった15期修了生のへみーさんに、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。
[PR]



by aogakuwsd | 2014-07-08 10:19 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル