青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】初日の対面講座を開講しました!

2014年5月10日(土)11日(日)


青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラム
第16期の初日の対面講座を開講しました!


10日も、11日も気持ちの良い、快晴。
a0197628_15343592.jpg


今日から、16期の怒濤の3ヶ月が始まります・・・。


講師は、青山学院大学社会情報学部の苅宿俊文氏。
最近、話し方が、綾小路きみまろに似てきたという噂が、あるとか、ないとか・・・。

a0197628_15393578.jpg



10日は、対面講座初日ということで、
「学びとは何か」について考えたり、「学び方を学ぶ」、「考え方を考える」ような、1日でした。

大人にとって意味のある学びとは何か。

知識を溜め込むのではなく、WSD育成プログラムで学んだことを、道具としてつかっていく感覚で学んでほしい。
a0197628_15403164.jpg



ものごとを考える時のキーワードは「階層化」。
階層化して考える感覚を身につけよう。ということで、語れる三角の登場。
a0197628_15423067.jpg



ある時は、教室の後ろから講義。。。
a0197628_154639.jpg



午後は、事前に提出した、eラーニング教材についてのレポートの共有。
一人で映像を見て書いたレポートも、対面講座で他の人のレポートを見たり、共有したり、質問してもらうことで、理解が深まっていったり・・・
a0197628_15494395.jpg



その後は、クラスごとの自己紹介!
a0197628_1552332.jpg


16期生は、学校の先生もいれば、お医者さんや看護師さんや薬剤師さんなど医療関係の方や、お坊さん、企業の人材育成の方などなど。
バラエティー豊かな、魅力的な人たちが集まっていて、楽しい3ヶ月になりそうです。




2日目の5月11日は、まず、語れる三角を使ってみるワーク。
自分たちで考えてきたお題で、プレゼンをします。プレゼンを聞いた人からは、ブラッシュアップカードを書いてもらって、自分の良かったところ、プレゼンをもっと良くするにはどうしたら良いか、アドバイスをもらって、磨いていきます。
a0197628_16231659.jpg



午後は講義。
ワークも交えつつ、ワークショップが必要とされる社会背景などについて話していきます。
a0197628_16271212.jpg



この日の最後は「ビタハピ」の体験。
ビタハピとは、ハッピ型コミュニケーションツールで、対面のコミュニケーションを促進するツールです。
ハッピのえり、右袖、右背、左背、左袖の5色が順列組み合わせになっており、2人〜24人まで、様々な、サイズのグループを何通りもつくることができます。

仲間が見つかると、なんだか嬉しい。
a0197628_1631312.jpg



天気がよかったので外でビタハピをやってみました。
が、警備員さんにかなり怪しい集団だと思われたようです・・・
a0197628_1643558.jpg


長いようであっという間の1日でした!
16期のみなさん、お疲れ様でした!

今週末もよろしくお願いします!!
[PR]



by aogakuwsd | 2014-05-14 16:36 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル