青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

【青学WSD】12期の対面講座がはじまりました!

2013年1月12日(土)13日(日)の2日間で、
「青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラム」(←名前長い)の第12期生の対面講座がスタートしました。

講座の様子。。。

1月12日(土)10:00〜17:00 @青山学院大学青山キャンパス

講師:苅宿俊文(青山学院大学 社会情報学部 教授)

まずは、120時間の講座スタートに向けて、ワークショップデザイナーとしての「新しい学び方」を紹介しました。講座で使ったパワポの一部をご紹介。。。

a0197628_15385475.jpg


a0197628_1539954.jpg


a0197628_15391821.jpg


その後、ワークショップの定義や意味についての講義です。
写真は、中野民夫さんの「ワークショップ-新しい学びと創造の場-」を引用しながら、ワークショップが行われている領域の説明。
a0197628_15302817.jpg


午後は、ワークショップの背景にある学習観について紹介。
「ワークショップって遊んでいるだけじゃないの?」という質問にどう答えるかを例に、ワークショップの背景にある学習観を学んだり、最新のワークショップ研究について紹介したりしました。

15時からは、事前に書いて来たeラーニングのレポートを全員分印刷し、それを元にディスカッション!
a0197628_15453188.jpg

一人でレポートを書くだけではなく、共有してみると、同じ教材を見ていても多様な考え方ができることが分かりました!

その後、自己紹介のワーク。
今期はAクラス28名、Bクラス28名のメンバーで講座をすすめていきます!

a0197628_15473556.jpg



2月13日(日)10:00〜17:00@青山学院大学青山キャンパス

午前中は、平田オリザさんのワークショップ体験&解説。
a0197628_1549630.jpg

a0197628_15492352.jpg


演劇ワークショップを体験しながら、ワークショップを実践する時の注意点や、コミュニケーション力とは?など、様々な話を聞きました。

13日の午後は苅宿先生の講義その2。
この日は、ワークショップが必要とされる社会的背景について学びました!

以下、受講生の感想から。
「ワークショップの定義を聞くことができて良かった。自分の中でとても曖昧だったので」

「膨大な情報量にノックダウンな感じです(笑)少し整理の時間が必要です」

「ワークショップは仲良くなることではない、みんな違ってみんな良いでは社会が成り立たないということに大いに共感しました。」

「講座の中で苅宿先生が熱くおっしゃった私たちにWSDとして活躍してほしい”という想い、伝わってきました」

「子どもたちとの体験活動事業をしているのですが、「あそび」以上の価値の伝え下手があり、他分野、興味の薄い方に伝わりづらかったのですが、今日の講義で整理することができた気がします。」

「ワークショップが万能ではないんだということが分かりました」

「企業教育をしていると、行動主義・認知主義の学習観が根強く、自発性を育む研修でも、「できる・わかる」のアウトプットを求められる。管理職の説得に今回の内容を役立てたいと思います!」


12期のみなさん、2日間にわたる講座、頭も体もフル回転で、本当に大変だったと思います。お疲れさまでした!
ここから3ヶ月は長いようであっという間!楽しんでいきましょう!
[PR]



by aogakuwsd | 2013-01-16 16:05 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル