青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

青学WSD第9期の対面講座が終わりました!

青学WSD、3月4日で第9期の対面講座が終了しました。
12月末にオリエンテーションがあり、1月はじめに最初の対面講座があり、約3ヶ月かけて進んできた第9期の講座がついに最終日を迎えました。

最終日の3月4日は、午前中に平田オリザさんのメタワークショップを体験!
実際にワークを体験しながらワークショップデザインのポイントをいくつも教えてもらったり、コミュニケーション力とは何か?のお話を聞いたり、充実した3時間でした。

a0197628_1982490.jpg


午後は、地域創造のプロデューサーの津村卓さんと青山学院大学の苅宿俊文先生の対談です。
一緒に活動したいと思うワークショップデザイナー像って?ワークショップデザイナーへ期待されていることって?など、講座の締めくくりをしてもらいました。

最後にアンケートを記入してもらい、記念撮影をしておわり。
あっという間の3ヶ月でした。

9期生は修了後の計画も着々と立っていっているようで、講座内で考えた地元の野菜でピザ作りWS!のチームは、はやくも会場の下見に行くよう。それから夏にも地域のお祭りにWSを出展する計画や、勉強会や読書会も立ち上がっているみたいです。
これからいろいろな場面で活躍していってくれるはずです。

なんだかこちらもやる気をもらいました!!
10期も素敵な仲間が増えていくと良いなぁ。

9期生のアンケートから一部抜粋した文章を掲載します!!

<感想>
・学びの考え方について共感できる人がたくさんいることが分かって嬉しかった。
・講義を聞いたり、議論する中で、自分がぼんやりと大事だと思っていたことが言語化できた。
・受講前はWSに関する技術的なことを学ぶつもりで入りましたが、受講してみると実践重視、多面的で今まで経験したことのない学びを味わうことができた。
・プログラム内容がもりだくさんで、(良い意味で)消化していくのが大変でした。
・普段で合わないような業種の方々と出会うことができた。普段なら出会えたとしても名前を聞き合うくらいで終わってしまうけど、こでは同じ立場で話し合い、納得の上歩み寄るという濃い交流が出来ました。
・演劇的なWSを体験できたことや手法を知れたことはとても学びになりました。
・自分が漠然とやりたいと思っていることや生きている上で大事だと思っていたことが自分の中ではっきりとしてきた。
・実践があるのが何よりよかったです。いろいろな理論が腹落ちしやすいです。
・新鮮な体験の連続であった3ヶ月間と言えます。勉強することの楽しさを思い出させてもらいました。
・さまざまな年齢、職業の人々とよーいどんんで同じプログラムを経ることができた連帯感。
・個性的な講師陣がそれぞれ素敵でした。実際に会えて話を聞けたことが財産。
・参加すればするほど、さらにやってみたい、体験したい、掘り下げたいことができたように思う。
[PR]



by aogakuwsd | 2012-03-06 19:35 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル