青山学院大学・大阪大学WSD事務局ブログ

7期Aクラス 実習「逆転時間ワークショップ」inこどもの城

a0197628_1212059.jpg
2011年7月3日(日)に、こどもの城にて、7期Aクラスの受講生による「逆転時間ワークショップ」が開催されました!
逆転時間ワークショップは、デジタルカメラで撮った映像を、パソコンで逆再生して見ておもしろい作品をつくろう!というワークショップです。
▶http://www.heu-le.net/workshop/media/gyaku/index.html

今回は小学2〜6年生を対象に、合計4回のワークショップを実施しました。
というのも、受講生26名が6〜7名の4グループに分かれて、ワークショップを企画したため、お子さんも午前2チーム、午後2チームが同時進行という形で実施。
各グループ十数名のお子さんが参加してくれ、とてもにぎやかな一日となりました。

7期Aクラスの受講生は、6月25日26日の2日間でワークショップを企画。グループによっては、夕方残って話し合ったり、SNSやメールでやりとりをしたり、グループ一丸となって、企画し臨んだ実習でした。

まずは、当日ケガや事故なく、お子さんも楽しんで帰ってくれたのでとても良かったです。
当日は小学生の元気さに圧倒されながらも、受講生も子どもたちと一緒に楽しみ、動き、汗をかいて、作品をつくっていました。

実習を終えてのリフレクションでは、「WSを実施するときに大事だと思うこと」として
・夢中になること
・空間の使い方
・想定外の出来事への対応、柔軟性
・「待つ」勇気
・目的の共有
・バランス
などがあがりました。

いざお子さんを目の前にすると、想定外のこと、想定外の反応がかえってきて、それに対応するのが大変だったり、焦ってしまったり、うまくいったりと、受講生にとってもいろいろな経験ができました。

受講生の学びだけでなく、もちろん参加してくれたお子さんたちのためのワークショップです。WSが終わった直後、参加者のお子さんがお母さんのところに走って行って「ママ、今の見た〜?」と話しているのが印象的でした。
ワークショップデザイナーの実習は、教育実習みたいな感じ。実習であり、受講生の学びの場ではありますが、実際にお子さんに参加してもらう実際の現場です。
そんな重圧の中、無事にワークショップを終えた7期Aクラスのみなさん、本当にお疲れさまでした。
そして、場をセッティングしてくださったこどもの城のスタッフの方もありがとうございました!
[PR]



by aogakuwsd | 2011-07-03 20:24 | 講座のようす | Comments(0)

青山学院大学・大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラムのスタッフブログです。
by aogakuwsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル